カミングアウト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「こんな殺し合いに巻き込まれるとは。この拳王ごときが勝ち残れるわけもない。もう駄目だ死のう」

学校の校舎らしき建物の中、野太い声が響く。
さぞかしその声に見合う立派な体格の人物がいるのだろう……と思いきや、さにあらず。
廊下を歩いていたのは、不健康そうな銀髪の男。和装に蝶ネクタイを合わせた最低のファッションセンス。
見た目だけなら坂田銀時によく似た彼の名は、「ネクストコナンズヒント『蝶ネクタイ』」――

「……って長杉だろ、おいッ!? あれですか嫌がらせですかDQNネーム名付けるゆとり世代の親ですか?!
 こんな名前自己紹介するだけでも大変だって! テストの時とか答案用紙の名前欄からはみ出すから!」

思わず誰にともなく突っ込んだ声は、さっきの重低音ではない。もっと軽い、ごく普通の声。
これは首にしている蝶ネクタイの機能……ではなく、彼個人の特殊技能。
つまり、「知っている声を完璧に真似る能力」。今のが地声で、さっきのはラオウの声を真似ただけのこと。
なかなか常人離れした芸ではある。だが逆に言えば、彼の持つ能力はほぼこれのみ。
あとはせいぜい、打ち上げ花火職人としての技術を持っているくらいか。
漫画の中の坂田銀時のような戦闘力もない。剣も使えなければ逃げ足も遅い。これでどう生き残れと言うのか。
ま、ステルスマーダーでもやるには便利な技能かもしれないが……

「って、ステルスなんて絶対無理ィィィィィ! 無理だから俺! 疑心暗鬼とか向いてないから! 性格的に!」

普通に言って彼は善人だった。
勇次郎のように花火を打ち上げて敵を集めるような度胸もない。彼は天井を仰ぐ。

「そもそもなんで俺こんなとこに呼ばれてんだよ! 2本しか書いてないのに! それも結構前のことだよ!?
 漫画ロワの紹介者熱心杉だって! 呪うぞ紹介者ァァァァァァ!」

魂の絶叫。
叫ばずにはいられなかった、嘆かずにはいられなかった、呪わずにはいられなかった。
他ロワから呼び出されたのは、おそらく歴戦の書き手たちだろう。
10本とか20本とか平気で書き上げる、恐るべき書き手たちだろう。
投下数も少なく、リレーをしない序盤専門な自分が太刀打ちできる相手だろうか?
あーネタ抜きで本気で死のうかなー、と弱気になりかけた彼は、

  ふと、誰かの気配を感じてはッとした。

彼が居るのは、学校らしき建物の廊下の途中。
そして、人の気配がするのは――並んだ教室のうちの1つ。耳を澄ませば、何やら熱い吐息が聞こえてくる。
微かな水音と共に、熱の篭った声が聞こえてくる。

  「……めてッ……ああッ……! もう、こんなに汚れちゃって……ッ! んあッ……!」

ゴクリ。『ネクストコナンズヒン(以下略)』は思わず生唾を飲み込む。
女の声だ。若い女性の声だ。他の誰かの声はしない、気配もしない。
まさか、これって……でも、こんな所で……!? 他の誰に見られるかも分からないのに……?!
さっきまで大声を出していたことも忘れて、彼は足音を忍ばせて教室のドアに貼りつく。
高鳴る鼓動を抑えながら、そーっと、気付かれないように、ドアを少しだけ開けてみる。隙間から覗き込む。
教室の中に、見えた光景は…………!

「…………何やってんすか、アンタ」
「……ん? ああ、これは失礼。1人で夢中に成り過ぎていたみたいだね、うふふ……」
「いやそれはいいッスけど、いったい何やってたんすか?」

部屋の中にいたのは、銀髪の若い女性。
無駄に溢れるフェロモンと髪の色のせいで気付くのが遅れたが、その顔の傷といい声といい、TQNにそっくりだ。
自分が銀時そっくりだったように、似た人もいるもんだなー、とか考えながら、彼は彼女の手元に目をやる。
そこには……。

「何って、見て分からないかい?」
「分からないから聞いてるんスよ」
「これは失礼。ちょっとヒマ潰しにね、付箋をマジックペンで塗り潰してたんだ。支給品がハズレだったのでね」
「……楽しいんスか、それ?」
「君には分からないかな、このエロスが?
 筆先を押し付けるだけで、染みて2枚3枚と穢されていく処女地、嫌がる付箋、悪ノリするマジック……!
 ああ、想像するだけでゾクゾクするようじゃないか。そうだろうカズキ?」
「…………すいません、全然分からないッス。あと誰っすかカズキって」

なんだか、色んな意味でヤバい人のようだった。
『ネクストコナンズヒ(以下略)』は早くも教室を覗いたことを後悔し始めていた。

      *    *    *

「……そうか。つまり『ネクストコナンズ(以下略)』氏は殺し合いに乗る気はない、と。
 ところで『ネクストコナン(以下略)』氏、君は女の上に乗るのと女に上に乗られるの、どっちが好きかな?」
「いや今そんな話してないですから。殺し合いに乗ってるかどうかの話ですから。
 そういう貴方は? えーっと、何てお呼びすれば……」
「名前が気になるのかい? そんなに私のことが知りたいのかい?
 うふふ、彼ってば結構積極的だね、カズキ。私はこのまま押し倒されてしまうかもしれないよ。どうしよう?」
「誰がそんなこと言ったーーーッ!!
 てかなんでいちいちそんなに仕草や声がエロいんすか!? あとさっきからカズキって誰!?」

『ネクストコナ(以下略)』は怒って叫ぶが、斗貴子似の銀髪女は全く応えない。
余裕たっぷりに聞き流す態度の1つ1つが無駄に色っぽい。直視するとその表情だけで前屈みになりそうだ。
彼は頭を振って劣情を振り払うと、乱暴に話題を変える。

「えーっと、それでですね。もし良かったら一緒に対主催路線で行けたらいいな、と思ってるんですが……」
「聞いたかい、カズキ。『一緒にイケたらいいな』、だってさ。
 最近の若い子は過程も段階も全部すっ飛ばしてしまうらしい。まあその分、勢いはあって楽しめそうだが」
「……ヒトの話を聞け~~! ってかわざとやってるだろソレ!?

まるで会話にならない。まるで相手にしてもらえない。
彼はとうとう教室の隅で膝を抱えてうずくまってしまう。完全に落ち込んでしまう。

「……どうせ俺は2作しか書いてないダメ書き手だよ。
 どーせきっと俺は生き残れないんだ……エロ女には相手してもらえないし、俺にはロクな能力ないし……」
「君は何を見当ハズレなことで落ち込んでいるんだ。心配するな、君はダメ書き手なんかじゃない」
「……慰めてくれるんスか?」
「男の価値が『大きさ』だけで決まるものではないように、書き手の価値も『書いた本数』で決まるものではない。
 君なしに今の勇次郎やラオウは存在しなかった。君なしにはあの銀時の死に様はなかった。
 もっと胸を張れ。君の蒔いた種は、確実にその先に繋がったんだ」
「な……なんて有り難い言葉……ッ!
 そうか、俺は種を蒔いたんだ、そう考えれば……!」

落ち込んでいた所に暖かい言葉をかけられて、一瞬感動する。が、すぐに、

「……ってちょっと待って!? 今アンタ『大きさ』って言った!? いったい男の何の『大きさ』!? ねぇ!?」
「ん? それを私の口から言わせたいのか? ふふッ、君も案外いやらしいところがあるじゃないか。
 言葉攻めに羞恥プレイなんて、かなりの上級者だなぁカズキ?
 さらには、男の種を蒔いただなんて……! ああ、想像するだけでクラクラしてくるよ、うふふふ……」
「いやらしいのはアンタだろうがぁぁぁぁぁッ! あと『男の種』なんて言ってねぇぇぇぇ!」

淫靡に笑う女に、『ネクストコ(略)』は怒りを爆発させる。
大体さっきからおかしいのだ。なんでさりげなく上から目線なのか。そりゃ悪意は無いのかもしれないが。

「そもそも、そういうアンタは何作くらい書いたんスか? そりゃ、俺よりは多いでしょうけどさ……」
「2本だ」
「……え?」
「さらに正確を期すなら、名前を与えられ、エントリーが確定した時点では1本だった。
 ある意味、君以上に驚いているよ。この場にこうして呼びだされたことをね……その『幸運』を喜んでもいるが」

それは、唐突な変化だった。
彼女のまとう空気から、艶っぽさが消える。ピンク色の空気が、一瞬にして反転する。
代わりにそこにあったのは、一種の傲慢さ。超展開のような暴力的な気配。
『ネクスト(略)』はその気配を知っている。それは彼も書いたことのある範馬勇次郎にも良く似たもので――!
投下数1本の段階でのエントリー。この空気。さっきまでのエロい雰囲気。彼は彼女の正体に思い至る。

「あ、あんた……あんたまさか、俺と同じ、漫画ロワの、新人の」
「しかし困った。私はこの殺し合いの場を利用して、『ある書き手』を抹殺する気でいたんだ。
 奴は馬鹿だ。あんなにエロスを堪能できるロワにいるはずなのに、ロクなエロネタを思いつかない。
 触手プレイだって夢オチで終わるなら意味ないじゃないか。5MeO-DIPTくらい使ってみせたまえ。
 直接描写でなくてもいい。文房具ロワでやった、付箋とマジックペンのような話でもいい。
 エロスはほどほどに留めてちゃダメなんだ。ネタにしたってもっと突き抜けないと。そうだろう、カズキ?
 だから……私は奴を倒して、『私が奴になる』。『あっちのロワ』を、私のエロスで染め上げてやる」

彼女は謳う。狂気の色を瞳の奥に宿し、楽しそうに謳う。
左胸に手を当てて、小さく呟いて――光と共に姿を現したのは、1本の槍。
サンライトハート、その後期型。
核鉄も見えなかったのに、ただ胸に手を当てただけで、呼び出した。


「奴さえこの手で殺せれば、あとはどうでもいい。優勝でも脱出でも適当にして、さっさと終わらせてもいい。
 けれど……奴はきっと手強いはずだ。どういう姿や状態で呼ばれているかは知らないけどね。
 一応は考察もバトルもやれるし、鬱展開が酷い。変な『宗教』で仲間を洗脳して増やしているかもしれない。
 今の私が挑んでも、勝てるかどうか怪しいと思う――互いに手の内は分かっているしな」
「う……うあ……!」
「君が殺し合いに乗っていれば良かった。君が殺し合いに乗れる戦闘能力を持っていれば良かった。
 そうすれば、交渉次第で『アイツ』を殺すまでの間、マーダーチームを組むことも出来た。
 私は奴さえ殺せるなら、それ以外のことはいくらでも譲歩するつもりだったんだから」

彼女の迫力に、『ネクス(略)』は身動きが取れない。
おもむろに顔面を鷲掴みにされる。槍で刺しに来るかと思っていた彼は、虚を突かれて咄嗟に反応できない。
ぎりぎりと、こめかみに指が食い込んでいく。

「あるいは君に、私を襲ってしまうような『エロスの心』があれば良かった。
 バキ特別編・SAGA[性]を見るまでもなく、エロスとは強さだ。性の力で人は強くなれる。
 だが……君は私の期待を裏切った。私の挑発に反応しなかった。だからこの場で『さようなら』だ。
 私は君の支給品だけ貰って、戦力の強化を図ることにしよう。
 君が私を貫けないのなら、私が君を貫いてあげよう。体液をブチ撒けて、死ね」
「い、いやだ……この拳王が、こんな所でっ……!!」

グシャッ。
『ネク(ry)』の頭は、動けないように固定された頭は、あっさりとサンライトハートに叩き割られて――
白い脳漿と赤い鮮血を撒き散らし、彼は倒れ伏した。
それっきり、動かなくなった。

      *    *    *

「私は倒さねばならないんだ。奴を……」

銀髪の女は駆ける。学校の校舎らしき建物の中、『エロ師匠』と名付けられた書き手は走る。
『ネ(r』の支給品を奪い取り、次なる接触と戦力強化の機会を求めて、動き出す。
彼女には倒さねばならない相手がいる。何としても倒さねばならない相手がいる。
それは、この殺し合いのゲームそのものより、ずっと大事なこと。
彼女の真のターゲット、それは。

「もう1人の『わたし』……LSで無駄に書き散らす最多書き手、爆弾魔『ボマー』を、私は倒さねば!」


【ネクストコナンズヒント『蝶ネクタイ』@漫画ロワ 死亡】


【深夜】【E-5 学校のような建物の中】
【エロ師匠@漫画ロワ】
【装備:サンライトハート(後期型)@武装練金】
【所持品:支給品一式×2、マジックペン@文房具、不明支給品×1(奪ったもの)】
【状態:健康】
【思考・行動】
1:エロスを楽しむ。ほどほどになんてしない。エロスでどんどんパワーアップ!
2:この殺し合いの舞台を利用して、LSのボマーを倒す。できれば自分の手で倒す。
3:そのための戦力強化を図る。主に、同盟相手の模索&他人の支給品強奪で

※外見と声は銀髪銀眼の津村斗貴子(エロ度200%増)です。無駄にエロいです。何でもエロくします。
※サンライトハート(後期型)は支給品ではなく自前です。核鉄として心臓の代わりも兼ねています。
※銀髪は見かけだけなのか、しろがねの力があるのかどうかはまだ不明です。
※支給品の「付箋とマジックペンのセット@文房具」のうち、付箋は汚しつくして捨ててしまいました。
※エロスで本当にパワーアップできるのかどうかは不明です。強くなった気がするだけなのかもしれません。

007:黄金の旋風 投下順に読む 009:俺は影の王子!!
007:黄金の旋風 時系列順に読む 009:俺は影の王子!!
エロ師匠 052:人は勝ち誇った時、すでにその戦いに負けている
ネクストコナンズヒント『蝶ネクタイ』



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。