dddddddd


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「逃がさぬぞ変態め、止まれ!」
(クソ……まだ耳がよく聞こえねえ)
寄り添いあう木々の枝で傷つく事が無いように、温泉少女をしっかりと抱きかかえる。
その代わり自分の顔や肩がどんどん切り裂かれていくのだが、勿論そんな事は気にしていられない。
こうやって密林地帯をかけぬければ少しは引き離せるのでは無いかと思ったが甘かった。
「ハァ……ッ、ハァ…………」
(ヤバイ……な)
ズブ濡れた服が身体に絡みつき、何度も足がもつれそうになるのを必死に堪える。
後ろの女は相当山歩きに慣れているか足が強いらしい、転んだら終わりなのだ。
自分一人が消えたとしても、きっと他の書き手が2ndを完結に導いてくれるだろう。
自分が命を失う事は正直言えば怖いが、それだけなら恐怖を長引かせるより、諦めて背後の女に殺される事を選んだろうと思う。
だがこの腕の中で震えている小さな命……今の自分はそれを背負っているのだ。
それだけは失わせるわけにはいかない、絶対に。
「…………い、いいかな……」
「なに?」
まだ耳に水が残っていて良く聞こえないが、それでも相手の言っている事は理解できる。
Chain-情はその瞳を真っ直ぐ温泉少女へと向ける。

その瞳を、綺麗だな、と温泉少女が思った事を彼が知るよしも無い。
ついでに身体の火照りとは別の意味で頬を赤らめていた事にも。
少しだけ速度を落とし、彼女を地面へと下ろす。
「走って!」
それだけ言うと彼は背後のうっかり侍へと向き直る。
「振り返らないで、さっさと行け!」
呆けていた温泉少女に、もう一度叫ぶ。
突然怒り出したChain-鯖にビクりとなった温泉少女だが、すぐに彼の心意を理解してくれたらしく、一度だけ頷くと森の向こうへと駆け抜けてくれた。

再び振り返ると、すでにうっかり侍は追い付いていた。
「観念したか? 小僧」
自分の正面からいわゆる一足一刀の間合い……よりも深く入った所にうっかり侍は居る。
「何て言ってるか、全然聞こえねえよ」
道端に落ちていた木の枝を目の前の女に突きつけてはいるが、正直腰が引けてしまう。
情けないとは思う、だが心がどんなに立ち向かおうとしても実際に刃物を前にするとどうしてもなのだ。
まして相手の獲物は、不良が威張るために使う飛び出しナイフでも無く、
女の子がオシャレ感覚で持つダガーナイフでも無く、
主婦が子供にシチューを作るための肉きり包丁でも無い

人殺しを前提として作られた日本刀……それが自分に向けられているのだ。
仮に自分がマシンガンでも持とうが、きっと自分は同じ気持ちになっていたと思う。
二度言うが、本当に情けない。
「来ぬのか?」
今度はハッキリと聞こえた。
その何でもない一言で全身がすくんでしまう。
怖い。正中線に沿っているソレが、ほんの2メートル進んだだけで、自分の喉や胸が切り裂かれる……。
イヤでもそんなビジョンが浮かぶ……だが、睨み返す。
「………………」
こんな醜態を……あのどこかで見ているに違い無い読み手に見せ付けるのか?
引けていた腰を元に戻す。
冗談じゃない、せめて、立ち向かって死────
「うぁッ!!」

一瞬……どころか瞬きをする間も無かった。
何をされたかも良く分からない。
うっかり侍が自分に近づいてきたと思ったら、枝を払われ、そのまま尻餅を付いてしまう。
相手の刀は自分の眼前……終わりだ、と言う考えが頭を支配する。
「一つ聞きたい」
だが……
「そなた……あの少女を何故逃がした?」

「は?」
意外な質問。だがその質問で、少なくとも死の危険が去っていくのを何故か感じた。
「あの少女を襲おうとしていたのであろう? ならば人質にでもとれば」
「はああああああああああ!?」

☆   ☆   ☆

「じ、じ実に申し訳ない!! 某とした事がとんでもない勘違いを!!!」
「全くだよ……下手すりゃ死んでた所だ。それとビックリマーク付け過ぎんな、読み辛い」
はいそこ、メタ発言禁止。
あれから一部始終を話し、案外あっけなく誤解は解けてしまった。
少なくともカオスロワ4期の6/氏みたくなる事は防げたと言うわけだ。
うっかり侍からしても、自分を睨むChain-情の瞳からは一欠けらの悪意も感じ取れなった事もあるのだが。
「まことに申し訳に無い……何と侘びをいれれば良いか」
うっかり侍の顔には縦線が入りまくり、今にも泣き出しそうだ。
「あーもういいよ」
これ以上責めたら切腹を始めかねない、という事で話を切る事にする。
殺されかけたのも、まぁ自分が原因(このロリコンめ!)の部分もあるんだし。
結果として対主催が二人もできたわけだ……うっかり侍と…………
「てああああああああああああああ!!」
「ど、どうなされた!」
「さっき子ッ!!」
「あっ!」
ここら辺に危険なヤツがいないとは限らないのだ。
本当に危険人物に出会ったらヤバイ。
「ささ探すんだ!!! あのくらいの子なら遠くには行ってないはず!!!!」
さっきうっかり侍に言った事をもう自分でやっている事にも気付かないChain-情。
ビックリマークは三個まで。

ガサリ

と言う足音が二人の耳に届いた。

ガサリ  ガサリ

音はさきほど温泉少女が逃げた場所から聞こえる。

「おいおい……逃げろつっただろうが……」

笑いながら、安堵感で思わず腰を付き添うになるのを堪える。
どうやら戻ってきてしまったようだ。
深い闇を切り裂くように、一糸纏わぬ温泉少女が姿を現した。



その全身を、真っ赤に染めて……。

「…………え?

その染みの一つも無かった、まるで真珠のようにペタペタで白い肌はもうそこには無い。
全身に数え切れないほど切り刻まれ、腹からは……多分腸、だろうか?……赤い紐のような物がはみ出ている。
削り取られた、まだ平原でしか無かった胸からは、肋骨がはみ出している。
両手両足は存在しない。
片方の目からは木の枝が生え、もう片方の開かれた目……。
かつての無垢な瞳は空ろなガラス玉になり、瞼からそれをわずかにのぞかせていた。

「あ…………あぁ…………!」

顔を抑える。
目を逸らす事ができない。

彼がさきほど出会った温泉少女は……死んでいた。
そしてそれは、ボトリと地面に落とされる。

「ムカつくんだぜぇ?」

もう二度と動く事が無い彼女を持って来た眼鏡の男……ブリリアント・ダイナマイト・ネオンは、誰に向けているのか分からない言葉を呟く。
いや、それは誰にも向けていないのだ。

「なんで……よぉ。 なんでパックマンの誕生が欠けたピザを見て思い浮かんだ、てんだ? そんなくだらん事で……」

彼が温泉少女を殺した動機は、殺し合いにのったでも無く、怯えていた所に人が現れて怖くて、というわけでもない。
そもそも、彼は自分が殺し合いに巻き込まれている事すら自覚していないのだ。
純粋なストレス解消。
そして、そうやってもストレスが晴れないのをまたストレスとしている。今もそうであるように……。
そうやって何度も何度も殺人を繰り返す……彼が平穏な時間など音楽を聞いている時くらいしか無いのだ。

「チェ……Chain-情殿、気を確かに!」

我を失いかけているChain-情に声をかけながら、うっかり侍は再び斬鉄剣を抜く。

「そんな……いい加減な…………事でえ?」

それを気にしてか、ブリリアント・ダイナマイト・ネオンもその手に持つ刀で、いわゆる八相の構えと呼ばれる型を取った。

「マジに……マジによぉ」
「下がって!」

向かってくるうっかり侍にも関係無く、再び叫ぶ。

「 ム カ つ く ん だ よ お お お お っっ!!!」


【温泉少女@LSロワ】死亡

【黎明】【A-8 森】
【静かなる ~Chain-情~@アニロワ1st】
【装備】:なし
【所持品】:支給品一式、レインボーパンwith謎ジャム@ギャルゲロワ、コアドリル@アニロワ2nd
【状態】:健康。ずぶ濡れ。鼻血
【思考・行動】
基本:殺し合いに反逆ゥ!
1:うああ……あ!
2:護身用の武器の調達
※容姿はスクライド(アニメ)の橘あすか。

【永遠のうっかり侍@ギャルゲロワ】
【装備品】:斬鉄剣@ルパン三世
【道具】:支給品一式、不明支給品(ランダムアイテム)
【状態】:健康
【思考・行動】
基本:打倒主催、乗った人間は斬り捨てる。
1:ブリリアント・ダイナマイト・ネオンを倒す。
2:Chain-情を守る
3:無事に皆で帰る

【ブリリアント・ダイナマイト・ネオン@漫画ロワ】
【状態】疲労中
【装備】合成された刀(名刀“電光丸”+ 妖刀かまいたち + はやぶさの剣)@ドラえもん+風来のシレン+DQ
【道具】なし
【所持品】支給品一式、不明支給品(ランダムアイテム)
【思考・行動】
基本:イラつく事があれば、なんにでも当り散らす(優先度は 人間>物)
1.パックマンの誕生秘話、マジでイラつく!
※呼び出されてきてから今まで歌っていたため、オープニングを全然聞いてません
※容姿はギアッチョ(@ジョジョ5部)の短髪ver


073:貫けよ、その仮面で 投下順に読む 075:希望と絶望のサイボーグ
069:無題(079) 時系列順に読む 077:Zero noise (+1)(前編)
049:温泉話っスか! Chain-情さん 静かなる ~Chain-情~ 110:覚醒フラグ
049:温泉話っスか! Chain-情さん 永遠のうっかり侍 110:覚醒フラグ
016:無題 ブリリアント・ダイナマイト・ネオン 110:覚醒フラグ
049:温泉話っスか! Chain-情さん 温泉少女 097:「繋ぐ」ということ



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。