科学部 物品リスト インジゴカーミン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

また、この液をしばらく放置すると、緑色→赤色→黄色へと戻る。この反応は繰り返し行うことができ、またその反応液の色にちなんで「交通信号反応」とも呼ばれている。この溶液の色の変化はインジゴカーミンの酸化・還元による色の変化に基づいている。
空気中の酸素が水溶液によく溶けこむため、インジゴカーミンは酸化されて黄色→赤色→緑色となる。しかし、時間とともに溶けている酸素がブドウ糖で還元され、色が緑色→赤色→黄色へと戻る。