第2章 事前通知等


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

p.27

Q78


【解答】3行目 「真実と認められる場合」 を

        『相当と認められる場合』 に訂正

    正誤を ○ → × に訂正

▼根拠

事前通知が省略されるのは

『本人確認情報の提供を受け、かつ、その内容を相当と認めるとき。』(不動産登記法23条4項1号)

です。

「真実であると認められるとき」ではありません。



p.30

Q86



【解答】最後の1行 「準則33条」 を

          『準則33条1項1号』 に訂正

p.31

Q87


【解答】最後の1行 「準則33条」 を

          『準則33条1項2号』 に訂正

Q88


【解答】4行目 「準則33条」 を

        『準則33条1項3号4号』 に訂正

Q89


【解答】最後の1行 「準則33条」 を

          『準則33条1項5号』 に訂正

▼根拠

すべて条文を少し特定しただけです。



p.32

Q90


【解答】最後の1行 「準則33条」 を

          『準則33条1項6号』 に訂正

Q91


【解答】最後の1行 「準則33条」 を

          『準則33条1項7号』 に訂正

▼根拠

すべて条文を少し特定しただけです。



p.36

Q103


【解答】最後の1行 「準則33条5項」 を

          『準則33条1項5号』 に訂正

Q105


【解答】最後の1行 「準則33条6項」 を

          『準則33条1項6号』 に訂正

▼根拠

この二つは条文を少し特定しただけです。



Q106


【解答】 根拠となる先例として、『先例平17.2.25-457 第一.二.(1)前段を参照』を追加。

なお、21年度版 詳細 登記六法 別冊 p.160 中段 にあります。



p.37

Q107


【解答】 根拠となる先例として、『先例平17.2.25-457 第一.二.(1)後段を参照』を追加。

なお、21年度版 詳細 登記六法 別冊 p.160 中段 にあります。



Q109



【解答】 根拠となる先例として、『先例平17.2.25-457 第一.二.(2)後段を参照』を追加。

なお、21年度版 詳細 登記六法 別冊 p.160 下段 にあります。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。