|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

リンチ投票

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



リンチ投票は人狼ではとても重要な要素の一つでルールも複雑です。
リンチ投票をいかにして自分たちにとって有利なものにするかが勝利へのポイントになっています。
村人の唯一の武器であり、人狼は仲間の犠牲を出さずに祈祷師を倒すチャンスです。

リンチを行うタイミング

リンチは夕方にのみ行われますが毎日行われるわけではありません。
リンチを行う条件は「これまでに犠牲者の出ている夕方」と定義されています。
要するに、朝に犠牲者が出た日の夕方から毎日行われるわけです。
それ以外のまだ犠牲者が出ていない夕方では、生存者全員で多数決を取り、リンチ投票するかしないかを決めます。投票が同数の場合は司会者の一存により決定されますが、行われない方が多いです。

基本的なリンチの仕組み

  • 1人リンチしたいプレーヤーを司会者に伝える(基本的には1:1会話、自分に投票することも可能)。
  • 誰が誰に投票したかは公開される。
  • 最も得票数が多かったプレーヤーはリンチされ死亡する。
  • 得票数が同数の場合決戦投票が行われる。

決選投票

  • 得票数が同数のプレーヤーだけをリンチ候補として、もう一度投票が行われます。
    • リンチ候補のプレーヤーが三人以上の場合は決選投票が行われないことが多いです。
  • リンチ候補のプレーヤーは決選投票に参加することは出来ません。
  • 投票者の数が奇数の場合はそのまま投票に移る。
  • 投票者が偶数の場合は演説を1人ずつ行った後で投票に移る。
  • 演説は多くの場合は「5発言以内・3分以内」(司会者の一存で決められます。)
  • 決選投票を行っても決まらない時、多くの場合はリンチなしになります。(司会者の一存で決められます。)

遺言

リンチを宣告されたプレーヤーは1発言に限り遺言を残すことを許されます。
味方の推理の手助けになるような遺言を残すのも、敵の推理の混乱を図るのも、ネタに走るのも自由です。
  since 06.05.23
Total - .

コンテンツ

管理


著作権表記

LUPUS IN TABULA (c)2005 daVinci Editrice
Copyright(C) 2008 GCREST Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2008 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks