|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

各時間帯の説明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



内容
犠牲者の確認
詳細
犠牲となった人は帽子を被り、所定の場所で寝て、生き残った人はその場で座って下さい。

内容
生存者全員での会議 初日3分、2日目以降4~6分の時間設定が一般的。
詳細
昨夜の出来事を報告したり、自分の推理を披露したり、推理に必要な情報を入手したり、この時間が人狼の主な時間となります。
その後行われる、部屋割り・リンチ投票の結果に大きく影響します。

夕方

内容
リンチ投票 リンチ 部屋割り決め
詳細
リンチ投票で獲得票が最も多いプレーヤーはリンチされ死んでしまいます、村人側が人狼を殺すことができる貴重な時間です。リンチ投票に関しては別ページにて詳しく説明しています。
リンチの後、夜の部屋割りが行われその夜同室になるプレーヤーが決まります。司会がランダムにプレーヤーを指名し、指名されたプレーヤーは同室になりたいプレーヤーを指名します。前日に同室になったプレイヤーは指名できません。

内容
同室同士での会話 能力の発動 3分~4分の時間設定が一般的。
詳細
1:1取引を利用して、会話・能力の発動を行います。能力を発動する場合は、役割に応じたアイテムを相手に見せることで行い、実際にアイテムの交換はしません。
狼に食べられた後で、役の公開(「実は狂人でした」等)は絶対にしないでください。
必ず朝が来るまで1:1取引ウィンドウを開いたままにしておいてください。
三人部屋の場合PTチャットで会話します。その際、能力の発動は1:1取引を使って行います。但し、1:1取引窓では会話をしないで下さい。アイテムの見せ合いが終了したら狼が1:1取引を終了させてください。三人部屋で死んだ場合、1:1取引終了後すぐに「死亡」と発言してください。死亡発言後は最後の挨拶以外喋ることは出来ません。狂人が自殺する場合も夜の時間内に死亡発言をしてください。
夜の時間は人狼同士・司会を除き同室のプレーヤーとしか会話できません。
能力を発動したプレーヤーは司会に1:1会話で報告すると進行がスムーズになります。
  since 06.05.23
Total - .

コンテンツ

管理


著作権表記

LUPUS IN TABULA (c)2005 daVinci Editrice
Copyright(C) 2008 GCREST Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2008 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks