|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

追加ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


司会の判断で以下の追加ルールが採用されることがあります。
追加ルールが採用される場合、基本的に司会からルールの説明があります。

アドバンスルール

  • 内容
  • 初日のみ三人部屋を優先して部屋を作ります(最後に4人残った場合は2人部屋2つ)
    • 三人部屋は司会が一人目を指名、一人目が二人目を指名、二人目が三人目を指名という形で作ります。
  • 初日のみ祈祷師の応急POT(カウンター)は使えません。牧師の幸運の護符(ブロック)は使えます。
二日目以降は通常ルールと同じ状態でゲームを行います。

アリバイルール

  • 内容
  • 昼の会議を「全員が同時に自由に話す」のではなく「一人ずつ順番に話す」形で行います。
    • 基本的に発言権は一人一回で、司会に指名された人が順番に話をしていき、司会に指名された時以外に発言することは認められません。青看板も控えてください。
    • 進行の関係から制限時間1分、発言は5行以内等の制限が設けられます。
  • 全員発言が終了したら、昼を打ち切りリンチ投票へ移行します。
夜の進行や部屋割りなどは通常通りのルールです。

はぐれ狼

  • 内容
  • 人狼が他の人狼と相談できない状態でゲームを行います。
    • パターン1
      • 人狼同士が同じ部屋になった場合(三人部屋含む)、司会が狼にそのことを教える。
    • パターン2
      • 人狼同士が同じ部屋になっても牙を見せ合わない限り、お互いが人狼だとわからない。(司会が教えない)
      • その場合、人狼同士で牙を見せ合った場合はパスは消費されません
その他の部分に関しては通常通りです。パターン1とパターン2どちらを採用するかは司会の裁量に任されます。

3人部屋中心

  • 内容
  • 初日のみ三人部屋を優先して部屋を作ります(最後に4人残った場合は2人部屋2つ)
    • 三人部屋は司会が一人目を指名、一人目が二人目を指名、二人目が三人目を指名という形で作ります。
  • アドバンスルールとは違い、初日から祈祷師の応急POT(カウンター)が使用できます。牧師の幸運の護符(ブロック)も使用できます。
二日目以降は通常ルールと同じ状態でゲームを行います。

高速版ルール(書きかけ)

高速版は、ノーマルでのルールから、夜に二人組みになる所を省き、
襲う宣言、ブロック宣言、カウンター宣言、自殺宣言をすべて司会に対して行い、
夜の三分間を省略するルールです。
  • コンセプト
    • 開始前後で人数が少ない時の暇つぶし
    • 新規が多いときの流れ説明程度の軽い人狼
    • 配役から30分で終わる人狼

  • 内容
夜の会話を「ペア同士で自由に話す」のではなく「相手・自分に行使する行動を司会に1:1で言う」形で行います。
行動順は「人狼」「狂人」⇒「襲われた祈祷師・牧師」。
昼の会話の時間は2分前後で設定

  • 問題点
    • 日曜人狼の最大の特徴の夜会話をなくしてしまうので、日曜版独自の面白さをスポイルしてしいる
    • 司会のスキルが必要
    • 日曜人狼らしさが薄く、当初のコンセプトに沿っていない
    • 基本的に駆け足進行。よって、やはり当初のコンセプトに沿っていない

※改善の余地大いにあり
(2007/1/28試行 追記求む。)

  since 06.05.23
Total - .

コンテンツ

管理


著作権表記

LUPUS IN TABULA (c)2005 daVinci Editrice
Copyright(C) 2008 GCREST Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2008 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks