※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ICESS-11の2nd circular関連のページです。

  • 閲覧権限はメンバー向けです。
  • 2008.10. 17 本web pageを開設しました。



名前:
コメント:
  • testtesttest -- test (2009-01-20 19:04:20)
  • test
  • 090120尾根さんからのバージョンについて小杉先生よりのコメント--Takeda (2009-01-20 18:38:56)
 大門様  
 チェックは大門研で対応されるのだと思いますが、 IABメンバーの
 名前に間違いがあります。 正しくは以下の通りです。
Arnaldo Naves de Brito
Adam P. Hitchcock 
Xiaofeng Jin
Maria-Novella Piancastelli
Vadim I. Nefedov  (お知らせしたように昨年、死去されました)
  
また、Registrationのところですが、 September 11-July 29 ではなく
 July 29-September 11です。
 Accompanying Personの空欄は1万円ですよね。
 他の質問 
1)国際プログラム委員は書かないのですか。30名です。
2)プログラムは詳細が未定なので、もう少し簡単にしませんか。
3)ホテルはICESS-11のホームページから予約するのを原則とする    
   のであれば、ホテルの情報は不要ではないかと思います。
4)OutLineはNara Prefectural New Public Hallとして、
   新公会堂の住所と外観の写真を並べた方がよいような気がします。
5)基調講演者のスペースはあまりなさそうなので、名前だけで
  よいのではないでしょうか。PlenaryもInvitedとしておきます。  
    なお、ゲラの段階で1名追加する可能性があります。
 Preliminary List of Invited Speakers 
Donglai Feng (Fudan Univ.)
Pieter Glatzel (ESRF) 
Martin Wolf (FU-Berlin)
Juergen Kirschner (MPI-Halle)    ueはuウムラウト
Maya Kiskinova (ELETTRA) 
Yasutaka Takata (RIKEN/SPring-8) 
Robert Schloegl (HFI-Berlin)      oeはoウムラウト
Eric Shirley (NIST, USA) 
many others (TBA)  
6)原案ができたら、IABメンバーに確認の依頼をされますか?
7)他の国際会議サーキュラーの例が手元にありますので、   
    参考までお知らせします。     
   http://www.xafs14.it/XAFS14_2nd_flyer.pdf   
小杉 

  • 2nd サーキュラー内容の検討を行いました(大門,松井,武田)。項目の移動、削除,追加,誤字訂正など。追加項目は,scope, 奈良LocalMap, excursion情報, Plenary情報, ホテルのtravel agency情報,サテライトmeetings。 -- Takeda (2009-01-20 14:01:29)



以下は本サイト@wikiのスポンサーの広告です。