56話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

                                    ――視点変更~アリウス視点――
「ルーク、アルル!そっちも無事片付けたみたいだな」
「ああ。そっちも元気そうで安心したよ」
「さて・・・・・・残りはあと2匹ってところだね」
「レオンは危ないから下がっててね、私達が守るから」
「ワウッ」
俺達は小さくなった土の塊に向かって武器を構える。すると先ほどと同じように塊が動き出し、2つに分かれて形を変え始めた。
「まあ、何の形になるかは大体想像がつくけどな」
「そうだね。私とアリウスだったことを考えれば、多分残りの2人は・・・・・・」
新たに形作られた人形は俺達の予想通り、ルークとリームの姿をしていた。
「やっぱりな。俺の剣やリームのカードまでそっくり、か」
「あたしたちにいくら似てても所詮偽者だよ。2対4で負けはしないさ」
「んじゃ・・・・・・行くぜ!!」
「一気に叩くよ!シュート!!」
リームはカードを1枚、リームの人形に向けて飛ばす。しかし、人形のほうは2枚のカードを飛ばして来ていた。その内1枚は互いにぶつかり合って落下し、もう一枚はリーム目掛けて飛んでくる。
(しまった、避けられな・・・・・・!)
「あらよっと!」
俺は短剣でカードを叩き落とし、そのままリームの人形に切りかかる。しかし、切りかかる寸前で現れたルークの人形に剣で受け止められてしまった。
「アリウス、援護するぞ!!」
ルークが後ろからそう叫び、近づいてきた。その瞬間、人形は俺の剣を弾き、回転しながら剣を振った。
そこから出た衝撃波をルークはバックステップでかろうじて避けるが、短剣を弾かれた俺は避けきることができず、ダメージを受ける。
「アリウス!大丈夫!?」
「なんとか・・・・・・こんな傷で倒れてられねえからな」
「さっきのは円陣舞、か・・・・・・俺がもう一人いるっていうのも違和感があるな」
「のん気なこと言ってるんじゃないよ!来る!!」
ルークの人形がこちらに近づいてきて剣を大きく振りかぶり、ルークがそれを剣で受け止める。
「アルル、頼む!」
俺はそう言い、ぶつかった剣を押し合っているルーク達より少し奥へと走る。
「うん!行くよ、アイスニードル!!」
アルルが人形の足元から氷の針を打ち出す。人形はバックステップでかわし、2,3歩後ずさる。
「バーカ、後ろには俺がいるんだぜ!風迅衝!!」
俺はこちらに背中を向けている人形に直接風迅衝を叩き込む。人形は剣を落として大きく吹き飛び、壁に叩きつけられた。
さらにその壁に向けて2本とも短剣を投げて、手に力を込めて集中する。しかし、短剣は人形には命中せず、壁に深く突き刺さってしまった。
「ルーク、今だ!!」
「・・・・・・なるほど、そういうことか。アリウス、助かる!!」
ルークは人形の元へ駆け寄って切りかかるが、人形はかろうじてその剣を避けた。
「惜しい、避けられちゃった・・・・・・」
「いや、あれでいいんだ。本当の狙いはあっちだからな」
                                        タンッ
そのままルークはジャンプし、壁に突き刺さった俺の短剣を足場にして洞窟の天井付近までジャンプする。
「もしかしてアリウス、短剣を投げたのって・・・・・・」
「ああ、人形に当てるためじゃない。ルークの足場を確保するためだよ」
「よし・・・・・・届く!降石岩雷!!」
人形は降り注ぐ岩の雨を避けられず、それに巻き込まれる。
「これで終わりだ!クリスタルランサー!!」
俺は岩の塊目掛けてクリスタルランサーを放つ。人形は天井の岩の破片もろとも砕け散った。
「うわぁ・・・・・・二人とも容赦ないね」
「まあ、あれぐらいやらなきゃ勝てなかったかもしれないしな。3対1でよくもまああそこまで戦ってくれたもんだぜ」
「剣を手放すなんて剣士失格だぜ。また戦うことがあったなら是非とも1対1で勝負してみたいな」
俺達は急いで一人で応戦しているリームの元へと走った。





名前:
コメント:

55話へ戻る   57話に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る