54話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「決めるよ!シュート!!」
リームはカードを一枚放り上げ、人差し指と中指で俺の人形を指すと、そのカードが相手目掛けて飛んでいった。
「はああっ!」
俺もそれに合わせて両手の短剣で切りかかった。しかし、人形はあらかじめ攻撃の来る方向がわかっているかのように全ての攻撃をかわして見せる。
そして人形は大きく攻撃を空振りした俺の背中を蹴り飛ばした。
「でぇっ!?痛ってーなこの野郎!!」
「それで全部避けたつもり!?トリック!!」
リームがその隙をついてカードを引き戻すが、その攻撃も見事にかわされてしまった。
「なっ・・・・・・どうなってんだのよ、あれは」
「くそっ、あいつ『風の道』を見てやがる・・・・・・」
「風の道?なんだいそれ?」
「人や物が動くときの空気の流れを感じ取る、いわば避け専用の技だ。俺がウェンディと戦うときに使ったヤツさ」
「ああ、風の刃を避けたって言う・・・・・・。その技の対処法は?」
「あいつが攻めてくるのを待つ。風の道を見るにはかなり集中する必要があるからな。攻撃に移るには集中を解かなきゃならない」
俺達が何もせず待っていると、しびれを切らしたのか人形のほうから襲い掛かってきた。
「ほらな」
「アリウス、油断してないで前を見る!」
「分かってるって!烈神衝!!」
俺が烈神衝を繰り出すとほぼ同時に、人形のほうも同じ動きで掌底を打ち出してくる。互いの攻撃がぶつかり合い、双方共に後ろに弾かれた。
「痛って~・・・・・・手が痺れてやがる」
「でも向こうにも効いてるよ。このまま畳み掛ける!シュート!!」
リームは再びカードを打ち出すが、人形はそれをかろうじて避けてしまった。
「ツイン、サーズ!」
人形が1枚目を避けた瞬間、リームはすかさず新たに2枚を打ち出し、それは見事に人形に命中した。
「トリック・ツイン!」
仰け反った人形の背後から2枚のカードを引き寄せ追撃。2枚のうち1枚を手元に戻した。
「トラップ!!」
残りの一枚を下から引き上げ、人形の顎の部分にぶつける。隙のない攻撃に人形は成す術もなく滅多打ちにされている。
「すげえ・・・・・・これがリームの実力なのか」
「ボーっとしてないで何か援護して!いつ軌道を読まれて破られるかもわからないから!!」
「了解!もう少しだけ時間を稼いでくれ、この技は少し時間がかかる!!」
「分かった!そうと決まったらあとちょっとあたしと踊ってもらうよ、覚悟しな!!」
「頼んだぜ・・・・・・チャージ!!」
俺は右手に力を込めて集中する。攻撃を受け続けていた人形も、次第にカードの軌道に合わせてそれを掴み取ろうとしている。
(そろそろマズいね・・・・・・だったら)
リームはカードを一枚引き戻し、新たにホルダーから取り出したカードを真上に放り投げた。
「シュート」
そしてそれを打ち出す。しかし、今までの攻撃よりもそのカードは遥かにスピードが遅かった。
                                          パシッ
カードの軌道を読んでいたのか、その遅いカードは人形にキャッチされ、奪われてしまった。
「お、おいリーム・・・・・・」
「いい子だね。ちゃんと掴んでくれた。でもね・・・・・・そのカードは囮だよ」
その言葉を聞き、人形は手に持ったカードを放り捨てようとする。が、しかし・・・・・・
「もう遅いよ。『氷結の縛め(ヒョウケツノイマシメ)』」
カードから淡い光が光り人形は両手両足を凍りつかされ、棒立ちの状態になった。
「アリウス、もういいかい?」
「ああ、ありがとう。無数の槍よ、彼の者を貫け!『クリスタルランサー』!!」
動けない人形は打ち出した槍を避けることができず、粉々に砕け散った。
「ま、こんな感じだな」
「即席にしては結構いいコンビだったんじゃない?あたし達」
「ああ、十分だ」
俺とリームは互いに笑いながらハイタッチをした。





名前:
コメント:

53話へ戻る   55話に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る