52話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「やっぱり中は暗いな・・・・・・」
「どうするんだい?何なら一度外に出て何か探してくるよ」
「大丈夫だよリーム。私に任せて」
そう言ってアルルは炎の力を使い、右手の先に炎を灯す。
「へえ・・・・・・これが魔玉なしの魔法なんだ。アルル、熱くないの?」
「大丈夫だよ。自分の力で怪我をしたりダメージを受けたりすることはないから。意識すれば仲間を魔法に巻き込むこともないしね」
「そうなの?魔導士って本当に不思議なもんだねえ」
「まだまだこんなもんじゃないけどな。俺もまだまだ驚かされることばかりだよ」
「俺達の魔法の使い道は幅広いからな。例えば風の力は攻撃はもちろん酸素濃度の調節、それに浮遊や速度を上げる魔法もある」
「どういう原理なのかは私達にもわかってないんだけどね。でも、それは悪いことに使おうと思えばいくらでも使えるの」
「そうか、それでそっちの世界では・・・・・・」
「ああ。私利私欲に使って『力』に溺れてしまわないようにするためにあの『決まり』ができたんだ」
「そうかい?あたしはあんた達なら別に大丈夫だと思うけど」
「いや、どうだか。俺もアルルに出会ってなかったら多分・・・・・・」
「ん?どういうことなんだ、アリウス?」
『アリウスの両親が亡くなったことは知っているだろう?急な親の死だ・・・・・・ショックが大きかったのだ。
 それからアルルに出会うまでのアリウスは本当にボロボロだった。心を閉ざしたように私達の声もほとんど届かなかった。
 もし、あのまま時が過ぎていたら・・・・・・恐らくアリウスは闇に飲まれていただろう』
「なっ!?ウェンディ、その話は・・・・・・!!」
「ちょっと待ってウェンディ!私、そんな話聞いたことないよ?」
『すまない、私がアリウスに口止めしておいたのだ。話したところで気を悪くするだけだと思ってな』
「それに俺の憶測だけど・・・・・・もしかしたらそれが、俺の闇の力が生まれた原因かもしれないんだ」
「それは一理あるかもしれないね。闇ってのは人の心から生まれるって話もあるくらいだし」
「でも、闇の力はこれから先、自分でも操れるようになるかもしれない。ひょっとしたら無くすことかもできるかもしれないしな」
「そうだな。情報は前に言った『医療と情報の国』で手に入るかもしれないし」
「それにさ、アルルに会えたおかげで闇に飲まれずに済んだんだ。アルルにはすげえ感謝してるんだぜ?」
「アリウス・・・・・・」
「のろけてる場合じゃないみたいだよ2人とも、何か来る!」
そうリームが言った瞬間、洞窟の奥から人型の魔物が襲ってきた。
「あれは・・・・・・土の人形みたいだな」
「数は・・・・・・3匹だね。あんたたち、下がってな」
「リーム、1人じゃ危ないよ!」
「大丈夫だよ、あたしに任せな。あたしの実力を見せるのにちょうどいいよ」
リームは3枚のカードを取り出すと2枚を敵のほうに投げる。しかし1つは敵の頭上を越えて奥に行き、もう1つはリームの足元に刺さった。
「はあ!?何やってんだよヘタクソ!!」
「つべこべ言わずに黙って見てな!」
リームは手に持ったカードで真ん中の魔物を切りつけて倒す。どうやらカードは先端が鋭くなっているようだ。
「トリック!」
そう叫びながらリームが左手を手前に引くと、左側にいた魔物が叫び声を上げながら倒れて消えた。
「なっ・・・・・・!?」
「そうか、さっき敵を越えたカードを引き戻して背後から・・・・・・」
「あっ!リーム、危ない!!」
2匹の魔物を倒しているうちに最後の1匹がリームのすぐ近くまで迫ってきていたのだ。
「トラップ」
そう言ってリームが左手を正面に突き出すと、刺さっていたカードが下から魔物の体を貫き、リームの手に戻った。
「す・・・・・・すごい」
『なるほど。あの娘、あの魔具の力を上手く引き出しているな』
「ワフッ」
「ふう。まあざっとこんなもんさ。アリウス、これでもあたしをヘタクソって言うかい?」
「いや、あんなすげえもん見せられちゃ何も言えねえよ」
「あんたたちと一緒に行く以上はあたしも戦力にならなくちゃいけないからね。まだ不足かい?」
「十分だと思うよ。俺も負けていられないな」
「さあ、魔物も片付いたことだし先に進むよ!」





名前:
コメント:

51話へ戻る   53話に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る