第三回


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お久しぶりのミニぎふ!が始まりました!今回はアルルのプロフィールですがかな~り手間取りましたよ(゚Д゚;)
作者こと自分は男なので女性の平均的な身長、体重なんぞ知るか!!って感じで( ゚∀゚)・∵.
とりあえず身長は女性では高め(?)設定にしてあります。ではではどうぞ!!


「うん・・・・・・ずっと待ってる。約束だよ」


アルル・F・リューネス

年齢 17歳

性別 女

身長 164cm

体重 ?kg

利き腕 右利き

性格  普段は明るいが結構寂しがりなところも。アリウスにはべったり。

クラス 魔導士

主な使用武器  現在は魔法のみ

元々使えた力  炎、水(氷も水の力に含まれる)、自然、?、?



外見 

 白い服と青いスカート、靴は短めのブーツを履いている。
 髪はほどけば背中まではある綺麗な長い茶髪で、それを髪飾りで頭の後ろで束ねてある。
 瞳の色はルークの薄い水色とは対照的な深く澄んだ青い瞳。



設定

 アリウスの恋人。アルル自身は「決まり」を破ってはいないが、それを破り千年後の世界に飛ばされたアリウスを
 追って同じ世界へ。しかし、アルルがアリウスと合流した際にアルルの魔力が今まで通りだと
 インチキになってしまうのでアリウス同様に力を奪われるはめに。
 ただ、アルルの場合は飛ばされた場所がサレッドの中心街のど真ん中だったので、それを目の当たりにした
 住民達に怪しまれ拘束。アリウスとルークに助けてもらうことになった。
 両親は「ある奴」に無残にも殺害されてしまった。しかし、彼らは本当のアルルの親ではない。
 アルルは生まれてすぐに捨てられた孤児である。



ちなみに

  • アリウス動揺、アルルの名前に入っているFは本編が進行するまで秘密です。
  • 「ある奴」もまだしばらくナイショ。本編が進行すればその名前が出てきます。か~なり本編では重要キャラです。
  • 非常に残念ながら、アルルの本当の両親は本編にもミニぎふにも登場しません。あしからず。
  • アリウスとアルルがお互いに魔導士であることを知ったのは付き合うようになった後。さらに、ミーティアさんに出会ったのはそのもう少し後。
  • 実は魔法に関しての潜在能力はアリウスよりも上。ただし、力の使い方にまだ慣れきっていないせいで現時点はアリウスよりも弱い。



こんな感じですかねえ。いや~意外と書いてみるとアルルの設定が多い多い。知らないうちに決めてしまっているものなのでしょうか?
ん?何?体重が分からない?女性の体重を聞くのはタブーだぜ兄ちゃん。
まあ俺は変態という名の紳士なので公開してあげよう。アルルの体重は・・・・・・。
「このまま黙ってるのと全身焼き尽くされるのと、どっちがいい?」
ひぃぃぃ!!すみません、嘘です。冗談です。アルルさん、笑いながら右手を目の前に持ってくるのはやめて下さい。
「なら許してあげる。私の体重は永遠のヒミツだよ。アリウスにだって教えてないんだから・・・・・・」
ふう・・・・・・寿命が縮まなくてよかったところで今回のミニぎふ!はここまで。ではまた次回お会いいたしましょう!!


名前:
コメント:


第二回へ戻る  第四回に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る