33話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ぐっ・・・・・・だめだ、硬くて攻撃が効いてない!」
俺とルークは剣で攻撃してみたが、ほぼ全くと言っていいほどダメージは与えられていなかった。
「2人とも下がって、私がやってみる!ファイヤーボール!!」
アルルは炎の力を使い氷のモンスターに攻撃した。すると見事に命中し、氷のモンスターは苦しんでいた。
「やっぱり炎の力は効くみたい。もう一度・・・・・・!」
アルルが再び炎の力を使おうとした時、氷のモンスターは体を水にして姿を消してしまった。
「まずい!みんな、気をつけろ!どこから攻撃がくるかわからないぞ!!」
「アリウス、上だっ!!」
「なっ・・・・・・!?」
見上げてみると、氷柱が俺の真上から降ってきた。
「まずい、避けきれな・・・・・・!」
「力を貸して炎の力よ、アリウスを守って!!」
アルルは炎の力を使い、氷柱を溶かした。
「アリウス、大丈夫!?」
「ああ、助かったぜ。くそっ、このままじゃラチがあかない!!どうすれば・・・・・・!!」
「この部屋自体は氷の部屋でできてるから、敵はどこからでも攻撃ができるのか・・・・・・そうだ、この部屋全体を攻撃することってできないのか、アルル?」
「さすがにこの部屋全体となると力がまだ足りないよ。せめて力を増幅できるかもう1つは力をとりもどしてなきゃ・・・・・・」
「だったら1面だけでも崩したほうがいいな。アルル、力を貸してくれ!」
「ルーク、どうする気だ?」
「まあ見てろって」
アルルは炎の力を使い、ルークの剣に宿した。するとルークは壁に向かって剣を構えた。
「燃える斬撃、受けてみな!!『紅の斬撃』!!」
ルークは炎の剣で氷の壁を斬った。すると氷は溶け、どこからかうめき声が聞こえた。
「やっぱりだ、この壁自体が水の力の一部でできてる!このまま全部の壁を崩せば倒せるぞ!!」
「よし、だったらこのまま・・・・・・な!?」
天井から崩れた壁のほうに水が流れると、それが凍り、再び元の壁に戻ってしまったのだ。
「そんな、なんで!?」
「そうか・・・・・・氷が解けても水になるだけ、結局は氷に戻っちまうんだ!!」
「じゃあ、私達は水の力に勝てないの!?」
「いや、まだ勝つ方法ならあるぞ。風の力よ・・・・・・」
俺が風の力を使おうとしたその時、天井から俺達に水が降ってきた。
「なんだ・・・・・・水?」
「水って・・・・・・まさか!!」
その時だ。体中についた水が一気に凍り始めたのだ。
「うわあああ!!まずい、体が・・・・!!!」
「動かない・・・・・・!!」
「くそっ・・・・・・!風の力よ、今この空間に在りし空気をより炎が滾(たぎ)る物へと変えよ!『O2フィールド』!!」
俺はなんとか風の力を使い、部屋中のほとんどの空気を酸素に変えた。
「炎よ、燃え上がれ!私の体を戒める氷を溶かして!!」
アルルは炎の力で自分の氷を溶かし始めた。しかし、その時だった。氷の魔物が再び壁の中から現れたのだ。しかも、俺とアルルの目の前に。
「くそっ・・・・・!!」
「そんな・・・・まだ私も動けないのに・・・・!!」
氷の魔物がアルルに狙いを定めた。
「きゃあああああっ!!」
「アルル、アリウス!!逃げろーっ!!」
「アルルには・・・・・・指一本触れさせねえっ!!」
俺はありったけの力を込めて凍った足を動かした、そしてアルルの前に飛び出す。
               ザシュッ!!
「・・・・・・そんな・・・・・・アリウス!アリウスーーーッ!!」
俺はアルルをかばい、氷の魔物の一撃をまともに食らった。





名前:
コメント:

32話へ戻る   34話に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る