30話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・・・・強引だなあ、アリウス。まだ私、心の準備ができてないのに・・・・・・」
俺はアルルの声で我に返り、バッとアルルを抱きしめていた手を外した。
「ご、ごめん!!えっと、その・・・・・・」
「謝らなくていいよ。いきなりだからドキドキしただけ」
「ごめん・・・・・・」
「もう!私・・・・・・嬉しいんだよ?」
「え?何で・・・・・・」
「大好きな人にキスされて嬉しくない人なんて・・・・・・いないでしょ?」
顔を赤らめて、だけど真っ直ぐにこちらを見つめてアルルは言った。
「こっちの世界に来てからは今までずっとしてくれなかったし・・・・・・ね」
「ぶっ!!で、できるわけないだろ!?ルークもずっと一緒にいたのに・・・・・・!!」
「あははっ、冗談冗談。でも、私はアリウスならいつでもキスしてくれてもいいよ?」
「あ、ああ」
「・・・・・・一人で考え込まないで。私やルークも一緒なんだから。仲間でしょ?」
「ああ、そうだな・・・・・・。ありがとな、アルル」
「やっと・・・・・・笑ってくれたね。」
そう言われて俺は初めて今、自分が笑っていることに気づく。俺は急いで目の辺りに溜まった涙を拭き、再びアルルの方を見た。
「俺、間違ってたな・・・・・・確かにルークの言ってたことが正しい。俺は認めたくなかっただけだったんだ。俺、前に進む。そう決めたから」
「うん。私もずっとアリウスと一緒に行くよ。そう決めたから。」
「ありがとう、アルル。まず俺ができることは・・・・・・闇の力をどうするか、だな・・・・・・」
「そうだね。闇の力を使っても力に心を奪われさえしなければ大丈夫だもん」
「いっそ、アルルの光の力で闇の力を浄化してもらうとかは?」
「だめだよ。アリウスも知ってるでしょ、反発する力は互いに拒み暴走を引き起こす。そうなれば、私もアリウスもどうなるか・・・・・・」
「魔導士、か・・・・・・。力の代わりに重い運命までも背負わされたんだな、俺達・・・・・・」
そこまで言って俺は一つの言葉を思い出した。
                              ―――アリウスは魔導士なのか・・・・・・!!―――
「そういえば・・・・・・なんでルークは魔導士のことを知ってるんだ・・・・・・?この時代に俺達以外に魔導士はいないはずだ!」
「でも、魔玉っていう物があるんだからそれくらい知ってるんじゃないの?」
「いや、魔玉はあっても魔力を魔玉なしに使うなんてこと、普通は知ってるはずが・・・・・・。とにかく、ルークに話を聞こう!」
そうして俺は急いで甲板から船内への扉を開いた。
「ルーク!!」
「!?ど、どうしたんだ?血相変えて・・・・・・お前さっきまで思い切りヘコんで・・・・・・」
「キスしたら治った!」
「ア、アリウス・・・・・・!」
しまった・・・・・・。アルルが顔を真っ赤に染めている。俺自身も顔が熱くなるのが分かる。
「ほほーう・・・・・・お熱いですなあ」
「と、とにかく!!この世界に、過去についての文献がある島とか施設があるか知らないか?重要なことなんだ!」
「あ、ああ・・・・・・。ウィンドラヴィスに『医療と情報の国』っていうのがあってな。そこの図書館で見たことがあるんだ。それがどうかしたか?」
「そこだ!その図書館の中に、俺の闇の力をコントロールできるようになる方法があるかもしれない!」
「・・・・・・なるほど、そうかもしれないな。あの図書館はかなり大きい建物だったから、難易度の高い魔学の本もあるかもしれない」
「魔学って・・・・・・魔法学か?」
「ああ、そうだ。小さいころはこれについて教わったりするんだぜ。難易度の高い魔学の本は、かなりの力の持ち主じゃないと閲覧禁止になってるんだ」
「ある程度事が落ち着いたら、その街に行ってみよう。本以外にも情報が得られるかもしれないし」
「ああ、わかった。そのためにはまずゆっくり休まないとな。そろそろ寝ようぜ、2人とも。」
ルークがそう言って、俺達は寝室へと向かった。そして長い夜が終わった後、ゆっくりと日が昇った。




名前:
コメント:

29話へ戻る   31話へ進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る