26話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「な・・・・・・なんだ!?」
「さっきの音・・・・・・もしかして銃声!?」
俺とアルルは甲板から急いで船内に向かった。船内への扉を開けた。するとカチャリという音がしたかと思うと、俺達は後頭部に魔銃をつきつけられていた。
「おっと、動かないでもらおうか。この船はたった今、俺達『疾風の刃』が占拠した。おとなしくついてきてもらおうか」
「くっ・・・・・・しまった・・・・・・。」
俺とアルルは縄で縛られ、俺は普通の船室につれてこられた。
「ここでせいぜいおとなしくしておくんだな!下手な真似をすればお前の首が飛ぶぜ」
「くそ・・・・・・っ!!こんな縄なんてなければ・・・・・・!!」
「ルーク・・・・・・?ルークか!?」
「!!その声は・・・・・・アリウス!!」
俺が閉じ込められた船室には他の乗客も多数入れられており、その中にアリウスの姿がはっきりと目に写った。
「アリウス!!なんでお前までここに!」
「すまん・・・・・・。隙をつかれちまった。どうやらこの船、乗っ取られたようだけど・・・・・・」
「おい、貴様ら!!何をごちゃごちゃ抜かしてやがる!!そんなに早く死にてえか!?」
船室の見張りが銃を向けて俺達を脅す。俺は静かにアリウスの隣まで移動し、声のボリュームを下げて話した。
(で・・・・・・。何なんだルーク、こいつらは?)
(『疾風の刃』。タチの悪い盗賊団だ。人数はそこまで多くはないんだけど、手際のよさと逃げ足の速さでまだ誰も捕まってない奴らなんだ。)
(なるほど・・・。そういえばルーク、アルルはどうなったかわからないか?確か船を見て回るって言ってたよな)
(すまない。さっき、一緒に捕まった・・・・・・。あいつら、女は別の部屋に捕まえてあるみたいで・・・・・・)
(なっ・・・・・・!?こいつら・・・・・・アルルに何かしやがったら絶対に許さねえ!!)
アリウスが困惑の表情を明らかに表に出し、本気で怒っている。すると
「貴様ら・・・・・・。本気で死にたいようだな。犠牲者は出したくなかったが、黙らせるにはこうするしかないみたいだな」
見張りの役がゆっくりとこちらに歩いてきて、魔銃の銃口をアリウスの額に当てる。
                             ドクン・・・・・・・・ドクン・・・・・・
(何だ・・・・・・この音・・・・・・?)
「達者でな・・・・・・。若造」
見張りの役が引き金を引こうとしたその時、アリウスが動いた。風の力で鎌鼬を起こし、縄を切ったアリウスは、銃を弾き飛ばし、見ることもできないくらいの速さで見張り役を連続攻撃し、部屋の隅に吹き飛ばした。そしてアリウスがゆっくりと立ち上がり、俺の縄を切った。
「行くぞ・・・・・・ルーク・・・・・・。アルルを・・・・・・助けに・・・・・・!!」
そう言ったアリウスの表情は、殺気に満ちていた。俺は恐怖を感じ、何も言うことができなかった・・・・・・。




名前:
コメント:

25話へ戻る   27話へ進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る