21話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「嘘・・・・・・だろ・・・・・・」
まだ、炎の鳥は倒れていなかった。再び鳴き声を上げた炎の鳥は、アルルの方へ向かっていった。
「アルル、危ない!!!」
「・・・・・・!大丈夫・・・・・・」
炎の鳥はアルルに襲いかかるどころか、アルルの目の前で止まり、ジッとアルルの目を見つめている。
「もうこのコに・・・・・・人を傷つける邪悪な心はないから」
「・・・・・・どうなってるんだ?アリウス・・・・・・」
「なるほどな・・・・・・。アルルは、他の生き物の心の闇を見通すことができるんだよ。だから、こいつがもうちゃんと心を取り戻したことが分かったんだろう」
炎の鳥は、次に俺のところに飛んできた。そして炎の鳥は羽を広げ、俺を包んだ。
「んな!?あっつ・・・・・・くない・・・・・・?それどころか、体に力が・・・・・・!」
「・・・・・・はははっ、なるほどな。アリウス、落ち着けって。炎の鳥、つまり不死鳥の炎は癒しの力にも燃やし尽くす力にもなる。だろ、アルル」
「うん。今そのコ、必死にアリウスに謝ってる。ごめんね、熱かったでしょ?って」
「気にするなよ。こういうのは慣れてるからさ」
 俺は炎の鳥のおかげで魔力も使えるほどに回復した。俺を癒し終えた炎の鳥はまたアルルの目の前に立ち、赤い光となってアルルの中に入っていった。
「これで・・・・・・アルルも力を一つ取り戻せたな」
「うん。本当にありがとね、二人とも」
「さて、あとはここからどうやって脱出するか、だな」
「ん?また俺が風の力でみんなを浮かせてあの穴から・・・・・・」
「また動けなくなるぜ。下手をすれば浮いてる途中で力尽きるって。そうしたら終わりだ。それに上は無限回廊になってただろ?」
「あ、そうだよね。炎の力じゃ今は役に立たないしね・・・・・・」
俺達が困っていると、あの人の声が聞こえてきた。
「三人とも、聞こえますか?私です」
「・・・・・・お師匠様・・・・・・ですか?」
「はい。よく炎の力の場所をつきとめ、力を取り戻しましたね」
「私は何も・・・・・・。二人のおかげですよ」
「ミーティアさん・・・・・・どうしたんですか?」
待ちきれず、俺は話を先に進めた。
「ここからの脱出に困っているのでしょう?三人とも、目を閉じて下さい。
そう言われ、俺達3人は目を閉じた。すると、体が一瞬浮くような感じがした。
「いいですよ。目を開けて下さい」
 俺達が目を開けると、そこに見えたのはクリア砂漠だった。
「ここは・・・・・・!俺達を助けてくれたんですか・・・・・・?」
「これくらいの援助は許されていますからね。これ以上のことはできませんが」
「ありがとう、ミーティアさん」
「どういたしまして。あなたたちはこれからまたサレッドに向かって下さい。サレッドに着いたとき、次の力の場所を教えます」
そう言い残して、ミーティアさんの声は消えた。





名前:
コメント:

20話へ戻る  22話へ進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る