19話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「わかってるって・・・・・・よっと!」
俺はこっちに向かってくる炎の鳥をジャンプで楽々とかわした。
「ルーク、そっち行ったぞ!!」
「わかってるよ!こんな奴、切り刻んでやる!!」
ルークは剣を手に、向かってくる炎の鳥に切りかかった。しかし、その剣は炎の鳥の体を苦もなく貫通し、通り抜けてしまった。
「なっ・・・・・・剣が効かないのか!?」
「炎には形がないから物理攻撃は当たらないよ!せめて魔力を込めた打撃じゃないと・・・・・・」
「だったらそうするまでだ!アリウス、協力してくれ!!」
「ああ!任せとけっ!!」
俺は風の力を使い、ルークの剣に魔力を集中させた。
「今度は俺も一緒に戦うぜ。この前は遠すぎて援護しかできなかったからな!」
「悪いなアリウス。助かるよ」
炎の鳥が俺達のところへ襲い掛かってきた。
「行くぜ、ルーク!!」
「ああ、やってやろうじゃないか!」
その時、頭の中に衝撃が走るような感覚がした。そしてそれは一瞬の光景を見せる。
(・・・・・・!?)
(な・・・・・・どういうことだ!?)
俺達の体は、何かに制御されるように動いた。そして、炎の鳥に向かって剣撃を放つ。
『喰らえ!牙流るる二つの刃!!『牙流双烈波(ガリュウソウレッパ)』!!』
俺達は同時に言葉を発し、武器に付与していた風が二つの剣のようになり、その風刃は炎の鳥を貫いた。炎の鳥はもがき苦しんでいる。
「す・・・・・・すごいよ二人とも!呼吸がぴったり合ってて・・・・・・!」
「なんだったんだ、今の・・・・・・?」
「アリウス、もしかしてお前もか?」
「お前もってことは、ルークも体が勝手に動いて・・・・・・」
「頭の中に今の光景が思い浮かんだ、だろ?」
「ああ・・・・・・。ルークもってことは、偶然にしては出来すぎてるよな・・・・・・」
「!?二人とも、危ない!!」
「どうしたんだ、アル・・・・・・ぐあっ!?」
俺は背中にすごく熱い感覚を受けた。振り返ると、炎の鳥が再び羽ばたいている。
「そんな・・・・・・あの攻撃でもまだ足りないのかよ!!」
「だったらもう一度喰らわせてやるさ!行くぜ、アリウス!!」
「おう!風の力・・・・・・くっ!?」
「アリウス!大丈夫!?」
「なんだ・・・・・・?体が・・・・・・!!」
「まずい!!アリウス、避けろーーーーっ!!」
俺は急に体が動かなくなり、膝をついてしまった。そこへ、炎の鳥が向かってきたのだ。
「畜生・・・・・・体が動かない・・・・・・!!」
俺は動くことができず、炎の鳥に包まれた。






名前:
コメント:

18話へ戻る  20話へ進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る