18話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「くそっ・・・・・・力が全部戻ってればこんなことくらいで息が切れることなんてないのに・・・・・・!!」
やはり無理をしたせいか、俺は再び床に膝をついてしまった。息も荒くなってしまう。そんな俺にルークが近づく。
「アリウス、大丈夫か・・・・・・?」
「やっぱり無理しないほうがよかったんじゃ・・・・・・」
「いや、そういうわけにはいかないだろ?あのままじゃどうせ終わりだったし、早くアルルの力も取り戻さなきゃならない。
 だったら、これくらい耐えるしかないんだ」
「アリウス・・・・・・ありがとう」
「行こう、二人とも。多分だけど、この先に炎の力がある。この道の先に強い魔力を感じるんだ」
「絶対に無茶するんじゃないぞ、アリウス」
「ああ、ありがとう。もう大丈夫だよ」
そして、俺達は通路を進んでいった。すると、風の洞窟のように大きな扉があった。
「これは・・・・・・」
「ああ、あのときのと同じ扉だな。んじゃ、ここの奥に炎の力があるってのは間違いなさそうだ」
「・・・・・・?二人はこの扉を前にも見たことあるの?」
「風の力の時にもあったんだよ、この扉。その後、風の龍と戦った。俺は途中で気絶していたんだけどな」
「とにかく行こう。早くここから抜け出さないとな」
俺達は扉を開けた。すると、かなり大きな部屋な部屋に出た。さっきの部屋のように、足元は金網が張っている。
ただし、さっきの部屋のようにどこにも大穴は開いていない。
「・・・・・・どういうことだ?何もいないぞ・・・・・・」
俺達は辺りを見回してみたが、そこには何もいなかった。
「まさか・・・・・・行き止まりか?」
「もうトラブルには慣れたさ・・・・・・。戻って別の道を探そうぜ」
                                      ・・・・・・・ギャアアーーーッッ・・・・・・
「・・・・・・?ちょっと待って、何か聞こえるよ!」
「なんだ?これ・・・・・・鳴き声か?」
その途端、部屋を出ようとした俺達の背後から何かの物音がしたかと思うと、さっきの鳴き声が部屋中に響いた。
「・・・・・・・後ろか!!アリウス、敵だ!!」
「まさか、これが炎の力なのか・・・・・・?」
「多分・・・・・・私の力は決まった形がないからわからないけど」
炎の力と思われるそれは、大きな鳥の形をしていた。また大きく一鳴きしたかと思えば、炎の鳥はこちらへ向かって飛んできた。
                                         ~ENEMY 炎の鳥~
「来たぞ!二人とも避けるんだ!!」






名前:
コメント:

17話へ戻る  19話へ進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る