17話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どうする・・・・・・このままじゃ全員ここで終わりだぞ!」
あの後、何度も部屋の先の通路を通ってみたが、相変わらず同じ部屋に戻ってしまっていた。
「もう・・・・・・水もそんなに残ってないよ・・・・・・。早くここから出る方法を考えなきゃ・・・・・・」
「多分、これは罠じゃないはずなんだ・・・・・・。初めから俺達を倒すのが目的なら、風の力のときから仕掛けられてたはずだからな。」
「じゃあ、この部屋に何かあるってこと?アリウス。でも、この部屋には特に変わった物は何も・・・・・・」
「そうだ、アリウス、アルル!あの文字じゃないか?きっとまた暗号なんだ!」
「えっと、あの文字は・・・・・・あ、あったよ。この下の方」
「足元にも気をつけろって言われてもなあ・・・・・・。この部屋には大きな穴があるだけで他には何も・・・・・・」
「そうか、あの穴に何かあるんじゃないか?調べてみよう」
そうルークが言うと、俺達は部屋の中心にある大きな穴の近くに来た。
「この穴・・・・・・だよなあ。下には溶岩、上には天井があるだけだ」
「下の溶岩を見てるだけで目が焼けてるみたいに暑いよ・・・・・・あれ・・・・・・?」
「ん?アルル、どした?」
「下に・・・・・・道がある!でも、遠すぎてあそこまでは行けないね・・・・・・」
「道・・・・・・?あ、本当だ!!ルーク、見えるか?」
「いや、俺はさっぱり・・・・・・。でも、道があるとしてもどうやってそこまで行くんだ?失敗でもしたら即あの世行きだぞ?」
「・・・・・・俺が行くしかないだろうな」
「え!?ちょっと待ってよアリウス!!さっき風の力を使ったのに、まだ使えるの・・・・・・?」
「ああ、大丈夫。魔力はだいぶ回復してるよ。多分、二人と俺をあそこまで運ぶくらいならできると思う」
「俺達を運ぶって・・・・・・うわっ、なんだこれ!?俺の体が浮いてるじゃないか!」
「落ち着いて、ルーク。アリウスが風の力を使ってるんだよ。ほら、三人とも浮いてるでしょ」
「・・・・・・魔導士って何でもできるんだな。羨ましい限りだよ」
「・・・・・・よし、大丈夫だ。力はちゃんと安定してる。ところでルーク、ちょっと水貸してくれないか?」
「ん?どうした、喉渇いたのか?」
俺はルークから水の入ったボトルを受け取ると、アルルの額に冷たいボトルを当ててやった。
「ひゃっ!な・・・・・・何?アリウス」
「全く・・・・・・飲めよ、アルル。さっきから我慢してたの知ってたんだからな」
「あ・・・・・・やっぱりバレちゃってたか;少し水もらうね、二人とも・・・・・・」
「そういうことか。さすがにお互い理解し合ってるみたいだな、お二人さん」
「なんとなく様子見てただけだよ。アルルはこういうところでいつも強がってたからな」
「・・・・・・ふう、ありがとう。もう大丈夫だよ。」
水を飲み終わったアルルがそう告げる。ボトルをルークに返して、準備が整った。
「よし・・・・・・んじゃ、行くぞ」
「俺はいつでもいけるぞ。ちょっとばかり怖いけどな」
「私も怖いけどね。でも、力を取り戻さなきゃいけないんだもん、こんなところで止まってちゃだめだから」
俺は意識を集中した。そして俺達の体は宙に浮き、あの大きな穴を通り抜け、そしてゆっくりと溶岩の近くにある足場へと着地した。




名前:
コメント:

16話へ戻る   18話へ進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る