16話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「荒れ狂う竜巻よ、全てを吹き飛ばせ!レンディル・ストーム!!」
俺が両手から巻き起こした竜巻は、みるみる山の砂を取り除いていく。
「はあ、はあ・・・・・・」
「アリウスっ!!大丈夫!?呼吸が凄く荒い・・・・・・」
「大丈夫・・・・・・まだ風の力を取り戻したばっかりで、あまり強い技を使えないもんだから・・・・・・無茶するとこうなるんだ」
「馬鹿・・・・・・あんまり無茶するなよ」
「ああ・・・・・・ありがとう、二人とも」
 それから少しして俺の呼吸も正常になってきたころ、山の砂は取り除かれ、大きな塔が姿を表した。
「・・・・・・本当にあったんだ・・・・・・正直に言うと私、自身なかったんだ・・・・・・」
「俺も驚いたよ・・・・・・こんなところにこんなのがあったなんてさ・・・・・・」
「それは違うぞ、ルーク。多分、これがここにできたのは最近だ。さっき言ってたろ?こんなところに山は無かったって。
多分、アルルがこの世界に来たときからだよ。炎の力の魔力によって作られた塔だと思う」
「へえ・・・・・・。天然の魔力はこんな物まで作り出すのか・・・・・・。ってことは二人とも、すごい力の持ち主だったんだな」
「それはともかく、行こう。アルルの力、早く取り戻さなきゃな」
「うん、行こうアリウス。私も早くまた力を使えるようになりたい。足手まといはやだもん」
そして俺達は、炎の塔に入った。
「あっ・・・・・・ちいいいいい!!!なんだよこの暑さは!!」
 炎の塔に入った俺達は、この塔の内部の気温に参っていた。
「落ち着け、アリウス・・・・・・。だけど、確かにこりゃ耐え難い暑さだな・・・・・・」
「私は少し前まで炎の力を使ってたから少しは大丈夫だけど・・・・・・二人とも大丈夫?」
「頭がフラフラする・・・・・・水持ってきて本当に正解だったな。なかったら今頃ここで倒れてるよ」
「確かに・・・・・・。でも、水もそんなに残ってない、急ごう」
 塔の奥に進んでいくと、大きな部屋に辿り着いた。そこはさっきまで俺達がいた通路より遥かに気温が高く、
そこにいるだけで火傷をしそうなくらいだった。
「な、なんだここは・・・・・・。話すだけで喉が痛くなってくる・・・・・・」
「どうやらただの部屋みたいだぜ、アリウス。ほら、向こうに道がある。こんなところ早く抜けようぜ」
「・・・・・・?待って、二人とも。ここの壁に何か書いてある。
えっと・・・・・・『前を見るだけではなく、足元を見ることも大切である』って書いてあるみたい」
「足元って・・・・・・うわああ!!なんだよ、ここ!!床の下はマグマの海かよ!!」
この部屋は足元が金網状になっていた。なので、下の景色がよく見える。光のような色を放ち、ボコボコと泡を立てている溶岩だ。
「どうりで暑いわけだ。とにかく早くここを抜けよう、アリウス。」
「ああ、わかってる。・・・・・・なんだ?あそこの床、穴開いてるじゃんか。危ねえなぁ・・・・・・」
「もし落ちたら絶対助からないもんね・・・・・・。気をつけようね」
俺達は穴に落ちないように、次の通路に入った。しかし次の部屋に着いた途端、俺達は目を疑った。
「あれ?ここってさっきの部屋じゃないか?」
「そんな・・・・・・。ここまでは一本道だったはずだ、きっと似てる部屋さ」
「ルーク、それ違うみたいだよ・・・・・・。さっきの文字が全く同じところにある」
そう、同じところに来てしまっていたのだ。ただし、俺達は道に迷ってはいない。何らかの力によってこの部屋に戻されてしまったのだ。
「さすがに、ずっとこの部屋にいるのは限界があるぞ・・・・・・。いったん水の補給に戻ろうぜ」
「賛成・・・・・・。来た道戻れば帰れるよね」
「そうだな、いったん戻ろう」
そう言うと俺達はさっき来た道を戻って行く。しかし、この塔はそんなに甘いものではなかった。
「うそ・・・・・・でしょ・・・・・・?」
「そんな・・・・・・また同じ部屋だって!?」
「まずいな・・・・・・閉じ込められたぞ!!」




名前:
コメント:

15話へ戻る  17話へ進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る