第二回


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さ~て、久々に来ちゃいましたよこのミニぎふ!第二回目です。
相変わらず無駄にテンション高くして始めて行きましょう( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
今回は登場人物第2弾!決めるとこ決めていくキザ剣士、ルーク様の紹介ですb
ん?何か言いたげな人が・・・・・・ミーティアさん?誰ですかそれ?
って言うのは嘘嘘(´・ω・`)彼女の紹介はかなり後になりそうです_| ̄|◎


「誰かの為、何かの為に泣けるってのはいいことだと思うぜ。俺は・・・・・・泣けない体になってしまったからな」


ルーク・フェイン

年齢 19歳

性別 男

身長 183cm

体重 75kg

利き腕 右利き

性格 割とクールで落ち着いた大らかな性格の持ち主。驚いたり怒ったりするときは普通に感情を出す。

クラス 剣士

主な使用武器 大剣(両手剣とも言う。モンスター?ンターみたいなバカでかいのではありません)

外見 短い金色の髪。瞳の色は薄めの水色。機動性、防御性と共にバランスの良い鎧を着用、背中に大剣を背負っている。



設定

この物語の舞台となる千年後の世界の住人。偶然ではあるが、アリウスを魔物から助けた事がきっかけで出会うことに。
アリウスと最終的な目標が同じだと知り、すぐに意気投合。一緒に旅をすることになる。
元々この世界の住人であることから土地勘などに全面的に強く、アリウス達をあらゆる面でサポートする。
子供のころから父親に教えられ、剣の道一筋で生きてきたために恋愛感情などには関心が薄い。故に鈍感。
剣の腕前はその父親譲りである。



ちなみに
  • ルークの父親ことラルフ・フェインはサレッド王室騎士団の隊長を務めていた。剣の腕前は誰もが認めるほど。



とりあえずこの辺で第二回ミニぎふ!は終了とさせていただきますヽ(´ー`)ノ
何?ちなみにの欄が少なすぎる?それは・・・・・・まだ今は勘弁してくださいil||li (っω-`。)il||li
書きすぎるとネタバレに繋がってしまうので・・・・・・(゚Д゚;)
当然、第一回と同じく本編が進むとこのページもどんどん加筆されて行きますのでそれをお楽しみにして下さい┏○
ではでは、本日はこの辺で~ノシ



名前:
コメント:


第一回へ戻る   第三回に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る