第一回


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さてさて、始まりましたこのミニぎふ!(なぜか司会者風)
このミニぎふ!は本編の毎週日曜日、とは違い不定期に更新・追加いたします。
まあとりあえず、The Gift of the Times ~時の贈り物~の裏側(あまり目立たないからミニ)ってことで面白半分で作っております。
さてさて、メインメンバーのプロフィールやら設定、生活環境などを載せていくのがこのミニぎふ!なわけですが
今回はふつ~に主人公のプロフィールを説明しましょうかねえヽ(´ー`)ノ


「ただいま・・・・・・アルル」


アリウス・S・ウェレスティ

年齢 17歳

性別 男

身長 175cm

体重 70kg

利き腕 右利き

性格 やや無鉄砲なところがあり、熱くなりやすい。アルルに対してはものすごく甘い。

職業(というかクラス) 魔導士

主な使用武器 短剣(2本逆手持ち)、体術、魔法

元々使えた力 風、クリスタル、?、?、闇



外見 

ややくせっ毛交じりの短めの髪、色は茶と金を足したような色。瞳の色は黒。風をメインとするため、軽めの服を好み、重い鎧などは絶対につけない。
手の甲の辺りに小さな長方形の穴の開いた指の部分に生地がない黒いグローブをつけている。



設定

この物語の主人公。元の世界の魔力を使ってはいけないという決まりを破ってしまい、
千年後の世界へと飛ばされてしまうことになってしまう。それと同時に、元々使用することのできた
魔力を全て奪われ、この世界の各地へと散りばめられてしまった。それらを取り戻すには
具現化された自分の力と戦い、倒さなければならない。
全ての力を取り戻し、元の世界へ戻るために旅を続ける。



ちなみに

  • アリウスの名前にあるSが何の略であるかは小説が進んでのお楽しみ。
  • 魔導士は魔法は詠唱・道具なしで発動可能。詠唱ありの場合はなしの場合と比べ威力が多少上昇する。
  • アリウスは個々の「力」を龍の形に具現化し、召還することが可能。元々アリウスの持つ全ての力は意志を持ち、
 それらと会話する時などに主に召還を行う。アルルはこれを行うことは不可能。
  • この物語に登場する龍(上記参照)の外見:鱗はなく、体が細長い。口と鼻はない(呼吸する必要がない&言葉は
 いわばテレパシーのようなものを使うので口を使う必要がないから)。力の種類によって体の色が違う。
  • 闇の力はアリウスの感情が怒りや悲しみなど負の感情で満たされたときに強制的に発動する。
 アリウスは闇の力を扱いきれておらず、闇の力が発動したときには殺意と狂気に意識を奪われてしまう。




とりあえずこんな感じでキャラプロフィールは載せていきますね~。
ちなみに、本編の内容が進む度にアリウスのプロフィールも修正・追加されていくのでたまにチェックしてみて下さいなw
他のキャラクター紹介や裏側情報は次回以降のミニぎふ!でお送りいたしますb
ではでは今回はこの編で!


名前:
コメント:


小説ページへ戻る  第二回へ進む
トップページへ戻る