4話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翌日、俺とルークは旅の準備を終え、サレッドの表門の前にいた。
「よし・・・・・・これで全部だな」
「アリウス・・・・・・何か忘れてないか?」
「ん?何か忘れてるっけ?」
「防具無しで行く気かよ、お前・・・・・・」
そうだった、外には魔物がいる。まだこの世界に来て1日しか経っていないため、そのことをすっかり忘れてしまっていた。
「あ・・・・・・ごめん」
「気にすんなって。買いに行こうぜ」
 幸い昨日の魔物退治のときにもらったお金があるので、2人で防具を買いに行くことにした。
相変わらずにぎわいを見せる中央部。人々が活気に満ち溢れているようだ。俺達はその元気な声を聞きながら防具屋に入る。
物々しい数の防具がずらりと並ぶ。皮製の鎧から鋼鉄の鎧、ガントレットやレギンスと元の世界では到底ありえない物ばかり。
「ルークはその服・・・・・・というか鎧で行くのか?少し重そうだな・・・・・・」
「なぁに、ガキの頃からしょっちゅう着けてるからな。すっかり慣れたよ」
ルークは軽装備の鎧を着ていた。とはいえ、それなりの重さがありそうだった。
大きな剣、それに鎧なんて格好をしてるから、これが全身用の鎧ならまるで騎士だ。
「さて、アリウスはどんな装備で行く?」
店に着いた俺達は、俺に丁度いい装備を探していた。
「うーん。これ・・・・・・かな?」
「なんかずいぶんと軽そうな装備だな。それじゃああんまり防御には期待できないぜ?」
「いや、これで大丈夫さ」
俺の選んだ防具は主に上半身のみを守るような軽い装備だった。しかし、こんな軽い防具を選んだのには理由があった。
「んじゃ、これ下さ・・・・・・」
 選んだ防具を買うまさにその時だった。また、どこからともなく声が聞こえてくる。
「・・・・・・ウス、アリウス。聞こえていますか?」
「!・・・・・・ミーティアさん?」
「な、なんだ!?なんだ、この声!?」
「あ、そうか。ルークは初めて聞くんだっけ」
「今から人の少ない場所に移動して下さい。できれば彼も連れて」
「?いいですけど・・・・・・」
防具を買うのをやめ、ルークと人の少ない場所へと向かう。しかし、俺はある違和感に気づいた。
俺とルークの方を、周りの人が変な目で見ている。まるで何かに驚いているように。
 俺達が人気の少ない木陰にたどりつくと、また声が聞こえてきた。
「わざわざ移動してもらってごめんなさい、アリウス」
「いえいえ。で、一体何の用ですか?」
「・・・・・・アリウスまさか貴方、まだ気づいていなかったのですか?」
「・・・・・・・・・?」
首をかしげる。ミーティアさんの質問の意図が全くわからないからだ。
「・・・・・・アリウス、この声一体どこから聞こえて来るんだ?」
「ああ、ルークにはミーティアさんのこと話してなかったっけ。ミーティアさん、ちょっと待って下さい。」
 俺はルークにミーティアさんのことを簡潔に話した。俺をここへ送った張本人であることも。
すると、ルークは納得してくれたようだった。
「ふーん・・・・・・。なるほどねえ。で、その張本人さんがアリウスに何の用なんだ?」
「そうだった。ミーティアさん、俺が気づいていないことって何ですか?」
「『力』を使ってみて下さい」
「?・・・・・・はい」
俺は集中し、右手に力を込める。が、しかし・・・・・・
「・・・・・・あれ?・・・・・・あれ!?なんで出ないんだ!?」
「やはり気づいていませんでしたね・・・・・・」
ふう、と小さくため息をつく声が聞こえた。ルークは現状が理解できずに困惑した表情をしている。
「何だ?どうした、アリウス?」
「『力』が・・・・・・使えない!!」
「『力』?力って何の?」
「魔力・・・・・・いわば、魔法を使うための力ですよ。ルークさん。
 それが今のアリウスからは抜けてしまっているのです。」
「何だって!?魔法ってことは、アリウスは魔導士なのか・・・・・・!」
「そんな・・・・・・何で使えないんだよ・・・・・・!!」
「貴方の体から魔力が消えてしまっているからです」
「風も、光も全部!?」
「はい。それも私が命令を受けて、あなたの力を外へ開放しました」
「っ!!それだけ罰が厳しいってことかよ・・・・・・くそっ!!」
 俺は元の世界では世界で(もちろん俺たちのいた方の世界だ)3人しかいないと言われる魔導士の1人だった。
魔導士とは、いわば魔法使いだ。しかし、その能力は魔法使いを軽々と超える。
さらに、魔法使いとは違い呪文の詠唱などがないので、すばやく魔法を繰り出せる。俺がさっき店で軽い防具を選んだのも
そのためだった。魔法さえ使えれば魔物なんか簡単に倒せる、そう思ったから。しかし、俺は「決まり」を破ってしまった。
それは絶対に限られた場所以外では魔法を使わないこと。
でもそれはしょうがなかった。小さな子が事故に会いそうになったため、それを助けるために力を使った。
しかし、「決まり」は絶対だった。俺は千年後の世界に飛ばされ、あげく力も奪われてしまったのだ。
「このまま俺、元に戻れないのか・・・・・・?」
「・・・・・・方法はありますよ」
「え!?ミーティアさん、教えて下さい!!!」
「貴方の力は、この世界のどこかに力ごとに分散されているのです。
 しかし、ただ集めればいい・・・・・・というわけではありません」
「意味がわからないんですが・・・・・・」
「分散された力は、ほとんどがあなたと敵対するのです。つまり、倒して力たちの記憶を取り返さなければならない、ということです」
「倒せば、また俺のところへ戻って来てくれるんですね?」
「はい。そういうことです」
「よし、それなら俺でも大丈夫だ。ルーク、早速行こうぜ!早く力を取り戻さないと」
「おいおい、慌てるなって。また防具買わずに行く気かよ」
「あ・・・・・・」
ルークは呆れ顔だ。そりゃまあ2度も忘れていれば当たり前と言えば当たり前か・・・・・・。
 しかし、ここで1つの疑問が浮かぶ。
「ミーティアさん、そういえばなんでこんな人がいない場所に呼んだんですか?別にさっきの店のところでもよかったんじゃ?」
「ああ、言い忘れていましたね。私の声は、貴方にしか聞こえないんです。
 だから他人に不信感を抱かれないように、ここまで来て頂いたのです」
「え、じゃあ俺はなんで聞こえるんだ?確かに今聞こえるぞ?」
「それはあなたがアリウスと深く関わった人間だからですよ、ルーク。それ以外はこの世界の住人に私の声は聞こえません」
「なるほど、偶然じゃなかったってわけか」
「そういうことです。ではアリウス、最後に情報を1つ。『風の力』はサレッドからすぐ近くの洞窟にいます。
 頑張って下さいね」
そう言い終わると、彼女の声はもう聞こえなくなった。
「不思議な感じの人だったな・・・・・・。んじゃ防具買いに行くか、アリウス?」
「ああ、行こうぜ。必ず全部の力を取り戻してやる・・・・・・!」
 俺達はさっきの店に戻り、防具を買って店を出た。力が使えないので、さっきより少し丈夫な防具を選んだ。
「あ~・・・・・・しまった。そういえば俺武器も持ってないぞ」
魔法が使えない以上、本来の俺の戦闘スタイルで戦い続けるのは無理がある。武器がなければ苦戦することだろう。
「ああ、そうだったっけ。それならこれ使えよ」
そう行ってルークに手渡されたのは、魔物退治に使ったあの2本の短剣だった。
「いいのか?これ使っても・・・・・・」
「構わないよ。どうせ予備に持ってただけだったしな」
俺は力が使えたころはほとんど軽装備だったので、軽く使いやすい短剣はありがたい。鞘のベルトを腰に巻きつけ、堅く縛る。
「すまないな。俺のせいで時間食っちゃって」
「構わないって。おかげでアリウスのこと大体は分かってきたからな。それに、最初の行き先も決まったしな」
「ああ。まず、力を取り戻して行かないと俺は役に立てないからな。風の力のいる洞窟に行こう」
こうして準備が済んだ俺達は、サレッドを出て風の力の洞窟に向かうことにした。


名前:
コメント:

3話へ戻る  5話へ進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る