78話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「アルル、大丈夫!?」
「っ!?」
「あらあら」
僕とアルルは互いの姿を見てすぐに硬直する。それはそうだ。アルルは近くに座っていた女の人に背を向けていたんだから・・・・・・服を脱いで。
「キャーッ!?何でナンデなんで~~~!?」
「うわぁぁぁっ!!ご、ごめん!!」
僕はすぐに部屋の外に出てドアを閉める。み、見ちゃった・・・・・・アルルの裸(とは言っても背中だけだけど)。
『ノックぐらいしてから入るのが礼儀という物だろうに。慌てすぎだ、アリウス』
「しょ、しょうがないじゃん!ずっと1人でノックなんてする機会なかったんだからさ!!」
風の力と言い争いをしていると、扉の向こうから声が聞こえてきた。僕は改めて扉をノックしてから開く。
「いらっしゃい」
優しい笑顔で迎え入れてくれた女の人は僕を手招きし、ベッドの近くへと呼んだ。アルルは顔を赤くしてそっぽを向いている。まあ当然だろう。
「すみません、アルルさんの容体は?」
「右足を強く捻ったみたい。全治1カ月ですって」
「っ!すみませんでしたっ!!アルルも・・・・・・ごめんね」
「あらあら。何故君が謝ってくれるの?」
僕は2人に事情を説明し、再び頭を下げる。
「私はアリウスだけが悪いとは思わないよ。きっと色々な偶然が重なっただけだと思うな」
「でも・・・・・・」
「アルルの言う通りですよ。そこまで深く気に病まないで下さい」
女の人はそう言いながら僕の頭を優しく撫でてくれる。なんだろう、懐かしいようなこの感覚。
―――ごめんなさい、お母さんが大切にしてた花瓶、壊しちゃった・・・・・・
   いいのよ。それより怪我はない?こんな物よりあなたの方が大切だから―――
そうだ、母さんだ。僕が悪いことをしても、いつも優しく笑って許してくれたあの時と同じ感じ。
「ありがとう、アルルの・・・・・・いえ、皆のお母さん」
「あらあら、名乗ってはいないはずだけれど。分かってしまいます?」
「ええ。なんとなく、ですけど」
「お母さんは優しいから。雰囲気できっと分かるんだよ」
そう言ってアルルと女の人は笑いあう。お世辞でもなんでもなく、本当の親子みたいに見えた。
「お、揃ってるな」
入口から声が聞こえ、振り返るとレイリーとアイリィがそこにいた。
「遅かったね2人とも。どうしたの?」
「あんたはアルルのところにまっすぐ向かったけど、あたしたちは一度団長と打ち合わせしてたのよ。綱渡りの柱も直さなきゃならないし」
「アイリィ、今はそのことは!」
「大丈夫だよ。あんなことでトラウマになるほどアルルは弱いやつじゃねえって。な?アルル」
「うん、平気だよ。ありがとねアリウス、心配してくれて」
アルルはくすぐったいような表情で笑う。その様子に胸が高鳴る。
「おーおー。微笑ましいねえ」
「・・・・・・それで、アルルの容体は?」
アルルの母親から2人に説明がされる。
「となると、その1カ月間で柱を直さなきゃならねえって訳か」
「それまではこの町に滞在することになるわけね」
「そっか、皆まだしばらくはこの町にいるんだね」
まだ皆と一緒にいられると思うと自然に頬が緩んでくる。いけないいけない、元は僕が起こした事故のせいなのに。
「じゃあ、皆の泊まるところを確保しなければいけませんね。アルルもここにずっといるわけにもいきませんし」
「あ・・・・・・僕の家、よかったら使ってくれませんか?」
僕の家は結構広い。4~5人までなら大丈夫なはずだ。
「あらあら、ご両親にご迷惑をおかけするわけにはいきませんよ」
「あ、母さん。その辺は後であたしが説明するわ。アリウス、いいの?」
「うん、何人かは大丈夫だよ。それに、誰かいてくれるほうが僕も嬉しいし」
「なら俺はアリウスの家にやっかいになるぜ。お前らはどうする?」
「あたしとアルルもそうするわ。さみしがり屋のアリウスのためにね」
アイリィはニヤリと笑いながらこちらを見る。まあ、否定はしないけどさ・・・・・・。
「うん、私もいいよ。というか、お姉ちゃんが決めちゃったしね」
「アルル一人だと危ないでしょうからね。野獣が2匹なんて何があるか分からないわ」
「だれが妹に手を出すかってんだ!!」
「ぼ、僕そんなことしないよ!!」
「ふふ・・・・・・。わかりました、では3人をよろしくお願いしますね」
『お母さん』はそう言って席を立って会釈をし、部屋を出て行った。





名前:
コメント:

77話へ戻る
小説ページへ戻る
トップページへ戻る