77話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「本当にごめんなさいっ!!」
僕は精一杯みんなに謝った。こんなことで許してもらえるとは思っていない。何でもして償う覚悟だった。
「でもさ、それは素人の君にこんな大事なことを頼んだアイリィにも責任があるんじゃないか?」
「そうだよなあ、僕らなら絶対にこんなことさせないだろうし」
他の団員達はこともあろうか僕ではなくアイリィを責めだしたんだ。それには僕もさすがに怒りが湧いてくる。
「てめえら、すぐそうやって責任転嫁かよ?設備の指揮はアイリィに一任してあるんだ、人材の配分に関しては誰も文句は言えないはずだろうが!」
「そうだよ、全部僕が悪いんだ!アイリィに責任押し付けるなんて筋違いだよ!!」
「いいのよ2人とも。確かに素人のアリウスにあんな大事なことを任せたのはあたしだもの。それに1つ間違えればアリウスが準備中に
 あそこから落ちていたかもしれない。いくら忙しかったからってそれだけはやっちゃいけなかったわ。ごめんなさい」
「違う!アイリィは悪くないよっ!!」
「いいのよアリウス。ちゃんと責任ってものを背負わないとね、組織ってものは成り立たないものよ。レイリーも・・・・・・ありがとね」
僕とレイリーはお互いの顔を見て数秒、同時に頷くと
「なら、僕にも責任取らせて!」
「俺もだ。アイリィ一人に責任なんて背負わせるなんてごめんだからな」
「なっ!あんたたち、何考えてんのよ!?」
「元々は僕の責任なんだ。なのにアイリィは何一つ悪くないのに責任を取ってくれようとしてる。だったら僕も背負うだけだよ」
「2人で背負うよりか、3人のほうが少しは荷が軽くなるだろ?」
「あんたたち・・・・・・たく、本っ当にバカばっかり」
そう言いながらもアイリィは笑っていた。その時、ステージの方から低く大きな声が響いてくる。
「その荷物もどうやらなくなったようだしね」
「あ、アルルの・・・・・・あ、いや、団長さん」
「その様子ではそのことは誰かに聞いたようだね。アリウスくん、君達のおとがめは無しだ」
「ん?どういうことだよ、団長」
「全く、レイリー。お前まで責任を取るなんて言い出して。どういう風の吹きまわしだ?」
「う、うるせえ!それよりさっきの話、どういうことなんだよ」
「私はアルルが落ちた後、真っ先にロープを固定していた柱に向かった。確かにあの柱の傷は金具の順番を
 間違えたときにできるものだが、それ以外にもう1つ問題があったんだ」
「あそこはあたしがちゃんと見てきたはずだけど・・・・・・あ。団長、もしかして金具が?」
「そう、留め具の部分が弱っていたんだ。恐らくだが、正しく固定できていたとしても同じことが起きていただろう」
「そういえば、さっき見たときに金具が片方折れていたような」
「見抜けなかったのは私のミスだ。君たちには責任を問うような真似はしないさ」
「いえ、僕は直接金具に触ってるんだから気付けたはずです。僕にも責任があります」
「アリウスくん、君は何故ここまで我々の肩を持ってくれるんだい?所詮は他人だ、君はそこまでしてくれる必要はないのに」
「それは・・・・・・」
僕は一瞬ためらったが、そのまま言葉を続ける。
「ここで過ごして経験したことが本当に楽しかったから。みんなが好きだからです。
僕は両親を亡くしてからずっと一人ぼっちで生きてきた。自分から心を閉ざして、他人と関わろうともしなかった。
 でも、そんな僕にも手を差し伸べてくれたのが彼女・・・・・・アルルだったんです。最初はただサーカスを見るだけだと思ってた。
 だけど、こうやって団長さんと知り合って、手伝いをすることになってからアイリィやレイリーとも仲良くなれた。
 それは短い時間だったかもしれないけど、僕にとってはすごく長くて楽しい時間だったんです。一度関わったらもうただの他人じゃない。
 血が繋がってなくても、人は家族になれるんです。それはあなたが、ここにいるみんながよく分かっているでしょう?」
「・・・・・・なるほど。一本取られたな。レイリー、アイリィ。いい友達ができたな」
「ええ。ちょっと今の台詞はクサかったけどね」
「なっ!?そ、そんなに変だったかな?」
「いいや、そう思ってくれてんなら俺達もうれしいさ」
グシャグシャとレイリーが僕の髪をかき乱す。
「わっ。やめてよレイリー、髪の毛がボサボサになっちゃうからっ」
「なぁに言ってんだよ。男はそれくらいの方がカッコいいんだぜ?」
「やめなさいっての」
アイリィの回し蹴りが腰の辺りにクリーンヒットし、レイリーは四つん這いになってステージにうずくまる。
「す、少しは手加減ってもんを知らねぇのかお前!!」
「あら変ね、これでも十分加減したつもりだけど?」
「これで加減したって!?本気ならどれだけの破壊力あるんだよこの怪力おん」
「もう一発、喰らわせて欲しい?それも顔面に」
声にドスが効いていて、口元は笑っているが目が笑っていない。もう一言でも反論すればアイリィの左足は確実にレイリーの顔面を捉えるだろう。
「・・・・・・なんでもないです、ゴメンナサイ」
「ア、アイリィ落ち着いて、ね?」
「分かってるわよ。さすがにこれ以上弱者を虐げるような真似はしないわ」
「お、俺はお前より下の位置づけなのかよっ」
(絶対嘘だ・・・・・・。あれは逆らえば殺すって目だったよ)
「何か言った、アリウス?」
「な、何でもないっ!そ、そうだ団長さん、アルルは!?」
「ベッドに寝かせてきたよ。よければ行ってあげてくれるかい?」
「当然っ!」
事前に教えてもらっているから医務室の場所は知っている。僕は急いで医務室に向かい、扉を開ける。





名前:
コメント:

76話へ戻る   78話に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る