72話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルルのお父さんに連れられてきたのはなんとステージの上だった。
「実はうちの団員が一人病気になってしまってね。急遽人手が必要になったんだ」
「・・・・・・まさか、僕にサーカスの演目をしろと?」
「あはは、それはさすがにムリかな。その人はほとんど裏方ばかりでステージには出てない人なの」
裏方、か・・・・・・それにしても広いなあ。ここまで大きいステージ見たことないや。
「アリウス君と言ったかな。悪いがあそこの女の子に話を聞いて、頼まれたことを手伝って欲しいんだ」
「あ、はい。分かりました」
「団長と私に頼まれたって言えばちゃんと教えてくれると思うから。それじゃあ、また後でね~」
そう言うと2人はその場から離れて行った。どうやら打ち合わせに行くようだ。2人を見送り、僕は例の子に話を聞くことにした。
「えっと、すみません」
「全く、ネジが緩んでるじゃない!誰よここの整備したの!!」
「あの・・・・・・」
「あーもう、備品がぐちゃぐちゃ!ちゃんと整理しとけって言っておいたのにあのバカレイリー!!」
「す・み・ま・せ・ん!!」
「うっさいわね、何よ・・・・・・って、あんた誰?見ない顔ね」
「えっと、はっきり言えば部外者なんですけど、団長とアルルさんにここの手伝いを頼まれて・・・・・・」
そう告げた次の瞬間、女の子の顔がパアッっと明るくなり、そしてその笑顔がなにやらニヤリとした嫌な笑みに変わる。
「ちょうどよかった!一人じゃ片付け切れないのよこれ。ほら、さっさと手伝いなさいよ下僕!!」
「げ、下僕!?」
「ほら、まずはここから。この表の通りに備品を並べて。それが終わったら次はステージの掃除ね。あたしはちょっと席を外すわ。
 また掃除が終わるころには戻ってくるから安心して。あ、掃除用具はあそこのロッカーだから。それじゃ、あとよろしく!!」
元気なマシンガントークを繰りだし、女の子はさっさと別の場所へと行ってしまった。
「元気な子だね・・・・・・僕と同じくらいなのにあんなに忙しそうにして」
『確かに。ああいうのを風のような、と言うのだろうな」
風の力と話しながら備品の整理を終え、ステージの掃除をする。
「さすがに広いなあ、これじゃ終わらないよ」
『こういう時のために私がいるのだろう?力を貸すぞ』
「あ、そうだね。風よ、我の導きに応えよ・・・・・・」
僕は風の力を使い、ゴミや埃を外に吹き飛ばした。
「よし、掃き掃除完了。あとはモップがけをすれば終わりだね」
『ああ。さすがにそっちは手伝えそうにはない。掃き掃除をサボった分こちらはしっかりとやるんだぞ』
「分かってるよ。そもそも力を使えって言ったのはキミのくせに・・・・・・」
ぶつぶつと文句を言いながらモップがけを済ませる。
「よし、終わった。次は何をすればいいんだろ?」
「あーもう、忙しいってのにリディはどこ行ったのよ!?」
「あ、ちょうどいいや。終わりましたよ~」
「まあいいや、これは後回しっと・・・・・・」
「・・・・・・仕事の鬼」
「あんですってぇ!?」
「ちゃんと聞こえてるんじゃないか!!」
「整理したいことがあるときは人の話を無視することにしてんの!悪口は別!」
「ハァ・・・・・・それはともかく頼まれた仕事、終わったよ」
「え、もう?」
眉間にしわを作りながら、女の子はステージの床をチェックする。
「ん、合格。あんた仕事早いわね、助かったわ」
今度は普通に笑い、女の子は俺に少し待ってて、と言って場を離れて再び戻ってくる。
「はい、お疲れ様。飲んで」
彼女に勧められるまま、僕は差し出されたジュースを飲む。
「ありがと・・・・・・ブフッ!?」
正直言ってマズい。女の子は平然と僕と同じ飲み物を飲んでいる。
「あ、初めての人はちょっとキツいかもね。それ、あたしが作った特製ドリンクだから」
「先に言ってほしかったよ・・・・・・慣れればそこまでマズくはない、かな?」
「疲労回復、滋養強壮、筋力増加。様々な効果がある特別製よ」
「最後のだけ引っかかるなあ・・・・・・そう言えばキミ、名前は?」
「名乗るときは自分からってのが礼儀よ。言い直し」
「あ、うん。僕はアリウス。アリウス=ウェレスティ。キミの名前は?」
「アイリィ=テールベル。呼び捨てでいいわ」
「よろしく。アイリィ、これで僕の仕事は終わりなのかな?」
「ええ、予定より早く済んだし、その分スケジュールも・・・・・・あ、そうだった。リディがいない分少し遅くなるんだっけ・・・・・・。
 本当はアホのレイリーの仕事なんだけど、もうすぐあいつと打ち合わせしなきゃならないのよね。最後にあいつの分の仕事だけ頼んじゃっていい?」
「うん、わかった。何の仕事?」
「綱渡りのロープを固定する作業。いい?1回しか言わないから覚えてね。ロープを下から3番目の印の位置で4回巻きつけて、少し上のところについてある
 2つの金具のうち『2』の番号が書いてる金具でそれを固定。そして今度はロープを反対向きに3回巻いて、最後に『1』の金具で固定するの」
「うん、分かった。それじゃあ行ってくるよ」
「ん。あんたは時間あるんだから急がなくてもいいわよ~」
少し離れたところにある高い棒。急な階段を登り、広い足場があるところまで移動する。
「うひゃあ・・・・・・高いなあ。落ちたら大怪我で済むかどうか・・・・・・」
下を向いたら怖くなってきたので、さっさと作業を済ませることにした。えっと、下から3番目の印の位置で4回巻きつけて、少し上のところについてる
 金具・・・・・・あ、これか。えっと『1』の金具で固定して、反対向きに3回巻いてから『2』の金具で固定・・・・・・だったよね。
「よし、できた。ピンと張れてるみたいだし、これでいいかな。アイリィに報告してこようっと」
この間違いが、後に大きなトラブルを生み出すとは思っていなかったんだ・・・・・・。





名前:
コメント:

71話へ戻る   73話に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る