第六回


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第六回ミニぎふ!やっとこさここまで来ましたなあ。
今回はさすがに予想できたでしょう、暴走犬(狼だけど)レオンの紹介です。
ただし下記の通り、管理人は中型犬の平均的なサイズは知らなかったりする( ゚∀゚)・∵.
中型犬って・・・・・・ダルメシアンとかの事よね?(゚Д゚;)
良く知らなくてごめんなさい┏◎ちゃんと調べておかなきゃなあ・・・・・・。
管理人の認識・小型:チワワ、パピヨンetc 中型:ダルメシアン、ビーグル、レトリバーetc 大型:シベリアンハスキー、ジャーマンシェパードetc
「それくらい調べてから書けよ!」「その認識間違ってるよ!」等の叱咤等ありましたら、遠慮なくどうぞ_| ̄|◎


「ご主人様を守れたなら・・・・・・僕は嬉しい、です・・・・・・」




レオン



年齢 2歳



性別 オス



全長 ?cm



体重 ?kg



利き腕 なし(動物に利き手・・・・・・あるのか?)



性格  やんちゃで甘えん坊、遊びたい盛りの子供みたいな性格。皆(アリウス達)の言うことには忠実に従う。



クラス  なし



使用できる魔法  「地」のみ





外見 



 黒と茶色の毛に包まれたやや大きめ(中型犬くらい)の短毛種。瞳の色は黒くしっぽは長い。




設定



 水の力を取り戻した後、鈍った感覚を取り戻すために特訓をしていたアリウスを襲った狼達の子供。魔物ではあるが元々人間に対する敵意が薄いことや、小さい頃から育てれば人間のパートナーとしても優秀な存在となることからアリウスが旅に連れて行くことを決意。当初は突然どこかへ行ってしまったり(40話)、簡単に捕まった上に助け出されたころにはぐっすりと眠っていたり(41~43話)と皆(主にアリウス)をひっかき回していたが、成長して言葉を話せるようになってから落ち着きを持って行動するようになった。魔物の中で人語を話すのはほんの一握りである。
やむなくではあるが、アリウスに自分の両親を殺されたことをレオンはまだ知らない。
正式名称は「バウンティ・ドッグ」と表記上は犬だが狼の一種。この種族は地の魔法を使うことができる。





こんな感じですね。やはり人間ではないせいか、多少他のメンバーより目立ちにくい存在になりがちではあるものの、
彼も立派なメインキャラクターです(´・ω・`)断じてサブキャラではありませんよil||li (っω-`。)il||li
でもアリウス達はほとんど立ってばっかだし、大きさ合わせで大型犬のほうがよかったのかな~と思うときがある(;´∀`)
ちなみに「街の中の人はアリウス達が魔物連れてて怖くないのか?」とか疑問が湧きそうですが、
基本的に魔物は複数で群がることを嫌うので、彼らと一緒にいること=ペット同然という認識になるので街の人々はあまり気にしませんヽ(´ー`)ノ
ではでは、今回もグダグダな気がしますがこの辺で! see you again!!




名前:
コメント:


第五回へ戻る   
小説ページへ戻る
トップページへ戻る