60話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出口を目指して歩き始めてすぐ、ミーティアさんが口を開いた。
「これでアルルが持つ力も残り2つ。いよいよ終わりが見えてきましたね」
「『も』?アリウスが使えるのは2つじゃないのか?」
「もう1つあったろ?使いこなせてはいないけどな」
「闇・・・・・・だね」
「あたしはそのときいなかったから詳しくは分からないけどさ、そこまでひどいのかい?闇の力ってのは」
「ああ・・・・・・ひどいなんてもんじゃないさ」
「俺もあのときのアリウスには恐怖を覚えた。なんて言うか、人じゃない何かを相手にしてるみたいな」
「負の感情を溜め込まないようにできればいいんだけどね・・・・・・」
「それは人である以上難しいでしょう。私もそれには頭を抱えています」
「人をここへすっ飛ばしておいて抱えるも何もないでしょうが」
「私が何の考えもなしに貴方をこの時代へ送ったと本当に思っているのですか?アリウス」
ふう、とミーティアさんはため息交じりにそう言った。
「は?一体どういう・・・・・・」
「私は『貴方のその闇を制御できるように、そして更に力を磨けるように』、そう思い貴方を送ったのです」
「っ!?じゃあ罰って言うのは!!」
「貴方を守るための嘘です。ここへ来るまでの貴方では・・・・・・恐らくヴァイスには勝てなかった」
「やっぱりそれは悪魔との力の差が大きいってことになるのかい?」
「ええ。身体能力ではまず人間に勝ち目はないでしょう」
「それでお師匠様はアリウスを修行させようとこの時代に送った・・・・・・ってこと?」
「そういうことです。貴方が私に問い詰めずとも、貴方も近々この時代に送るつもりでした。
 アリウス、貴方が思っているよりずっと、私は貴方のことを心配しているのですよ」
「ミーティアさん・・・・・・」
「むぅ・・・・・・」
「おやおや、そろそろ私は退散しましょうか。アルルが拗ねてしまいましたので。また洞窟を出たら呼んで下さい」
ミーティアさんはそう言い、いつものように接続を切ってしまった。そのミーティアさんの声はとても嬉しそうで、久しぶりに聞いた彼女の明るい声だった。
「やれやれ、本当に不思議な人だな」
「あたしもそう思った。いつもああなのかい?」
「まあ、どんなときでも自分のペースを崩さない人だからなあ。な、アルル?」
「・・・・・・」
「こっちはこっちでいつも通り、か。アリウス、ゆっくり話して来いよ。俺達は少し先に行くから」
「そうだね、あたしもそうしたほうがいいと思うよ。それじゃあ、あたしもルークと一緒に行ってるよ」
「あっ、おい2人とも!!・・・・・・行っちまった」
「あ・・・・・・ごめんねアリウス。お師匠様に妬いちゃうなんて私、ダメだね」
「いや、ダメってことはないけどさ。ミーティアさんはどっちかって言うと姉貴って感じがするぜ?」
「お姉さん、か。あはは、確かにね」
「俺は・・・・・・ずっとアルルしか見てないから大丈夫だ」
「アリウス・・・・・・ありがとう。そういえばさ、アリウス」
「ん?何だ?」
「えっと・・・・・・私、重くないかな?」
「何言ってんだよ、むしろ軽いくらいだぜ?」
「よかったあ、ずっと気になってたの。そういえばアリウス、こっちに来てから筋肉とかついたよね」
「まあ、毎日魔物と戦うことになってるしなあ。嫌でも鍛えられるよ」
「確かに力がついてるのかもね、お師匠様が言った通り。頑張って元の世界に戻ろうね、アリウス」
「だな。それに、お前の両親の敵を取らなきゃいけないしな」
「うん・・・・・・そうだね。きっと・・・・・・倒してみせる」





名前:
コメント:

59話へ戻る   61話に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る