59話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あ・・・・・・」
「な、なんだいあれ!?」
「ああ、アルルの「力」だな。そういえばリームは初めてだったな」
空中に漂っていた力は2つの玉に別れ、アルルの両手の上に乗るように止まった。
「おかえりなさい。ちゃんと帰ってきてくれたね。あなたは・・・・・・これから、よろしくね」
アルルは両手に持った玉を抱えるように胸に当てると、光の玉はアルルの中へと入っていった。
「んっ・・・・・・!」
アルルは小さく声を上げて膝を折り、地面に座りこんでしまった。
「アルル!?どうした、大丈夫か!!」
「うん、大丈夫だよ。一度に2つも力を取り込んだ反動でちょっと体の力が抜けちゃったみたい・・・・・・」
「よかったぜ。でもどうする?そろそろこっから出ねえとヤバいっぽいしな」
「こういうときはいつものアレだな。ミーティアさん!」
「お断りします」
「早っ!?しかもダメなのかよ!!」
「全く、私を便利な道具扱いしないで下さい。アレは消費が大きいからあまり使いたくありません」
「そうは言ってもなあ。アルルが動けないとしたら歩いて出るわけには・・・・・・」
「それなら問題ありません。アリウスが運べばいいではありませんか」
「は?俺!?」
「・・・・・・アリウス、貴方達は恋人同士でしょう。触れることに問題がありますか?」
「で、でもアルルの気持ちってものがあるでしょうが!!」
「えっと、私・・・・・・いいよ?」
「本人からの許可も出たことですしいいでしょう?」
「わ、分かった。ほら、アルル」
俺はアルルの正面に立ち、背中を向けてしゃがみこんだ。さすがにお姫様だっこなんて恥ずかしくてできるはずがない。
「う、うん」
「ほら、危ないよ!アルル、あたしの手を持ちな」
「ありがと。迷惑かけてごめんね、リーム」
「気にしないの。仲間なら助け合って当たり前でしょ?ほら」
「貴方は見ない顔ですね。新しい仲間の方ですか?」
「そうだよ。あたしはリーム、姿が見えないあんたはアリウス達に聞いた話からするにミーティアって人かい?」
「ご明察。姿を見せるには私もこちらへ来なければいけませんので」
「しょ、っと。それじゃ行こうぜ、みんな」
「ご主人様!ご主人様の剣がまだあっちにあるです!!」
「っと。しまった、忘れてた。悪いアルル、一度下ろしても大丈夫か?」
「うん、私は全然平気」
「それは心配御無用です!アオオォォォォォン!!」
レオンが大きく叫ぶと、瓦礫の一部が崩れ、そこから短剣が回転しながら2本飛んできた。
「ば、馬鹿っ!!刀身剥き出しのままなんだぞ!?」
「あ・・・・・・しまったです」
「しまったじゃねぇーっ!!」
                                               ギィン!!
短剣が俺達のすぐ近くまで飛んできたとき、ルークが剣で短剣を弾いてくれた音だ。
「危ない危ない。レオン、少し甘かったな」
「ふう・・・・・・心臓止まるかと思ったぜ。ルーク、助かった」
「クゥーン・・・・・・ごめんなさいです・・・・・・」
「大丈夫だよ、アリウスは別に怒ってるわけじゃないから。ね?」
「ああ、レオンは善意でやってくれたんだもんな。でも次からはもう少し考えるだけ、な?」
「分かりましたです。僕、頑張るです!!」
「よし、短剣もしまったしそろそろ行こう」
「私もご一緒しましょう。話すこともありますからね」
俺達は出口を目指して歩き出した。





名前:
コメント:

58話へ戻る   60話に進む
小説ページへ戻る
トップページへ戻る