※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレゼンにおける注意事項

■作成
 □パワーポイントは1枠を1分で説明できるように意識する
 □1枠の話題は1つだけにする
 □パワーポイント全体に起承転結をつける
  ・起…今の状況
  ・承…だからこの企画
  ・転…ウリは何か
  ・結…メリット
 □出来る限り視覚に訴える
 □接続詞を意識し枠と枠の間で起承転結の「流れ」を出す(ex.だから、しかし)
 □覚えてもらいたいことは特に強調する
 □わかりやすくするためには、WhatとHowが大事。
  What…一番言いたいことは何か。頻繁に出てくる単語がキーかも。
  How…聴衆に正面に向かって話しをすること。

■プレゼン
 □プレゼンをする前には事前にリハーサルを行い、他人から問題点を指摘してもらうとよい
 □紙もペンも持ってはいけない。資料はあるのだから、落ち着いてカンニングする。
 □見た目も声の調子も大事。ネクタイも赤にするくらい意識する人もいる
 □PET(Pointout,Eye contact, Talk)が大事。