※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メール投稿テンプラ

報道関係リンクなどに記載されている報道関係各社、また他メディアに、
この件を取り上げていただきたいとお願いするメールのテンプレ。

【1】司法制度追及バージョン

2006年3月、高知県・春野町の交差点で発生した、
スクールバスと白バイの衝突事故について、
スクールバスのドライバーは業務上過失致死の罪に問われましたが、
被告側は冤罪を主張し、検察側と真っ向から対立しています
※1部の報道機関により扱われた為、ネット上で話題となり、
 現在、支援グループにより署名活動が行われています
 詳しくはまとめサイト及び支援者のブログをご覧下さい
 ・まとめ
  http://www13.atwiki.jp/haruhikousien/
 ・支援者ブログ
  http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737

この裁判の審理内容について、1審、2審共に被告に極めて不利な
ものとなっており、これは「疑わしきは罰せず」とする裁判官のあり方に
大きく反するものでは無いでしょうか?

特に、今後の司法制度の行方によっては、以下に示す通り、
誰もが冤罪に関わる恐れがあり、この問題を取上げる事についての
視聴者のニーズは高いものと思います
1、「裁判員制度」の導入が予定
2、「刑事訴訟法281条改正」(2004年) により、
 裁判資料のマスコミへの提供も禁じられ(違反した場合、
 1年以下の懲役か50万円以下の罰金)、事実上の"言論規制"が危惧されている

この他、昨今冤罪が多発していますが、単なる反権力・左翼的では無い、
「行政に属する彼らも被害者である」という冷静な観点から、
問題の根本を捉え、広く訴え得る様な良質な番組を作って頂きたく存じます


【2】警察追及バージョン

2006年3月、高知県・春野町の交差点で発生した、
スクールバスと白バイの衝突事故について、
スクールバスのドライバーは業務上過失致死の罪に問われましたが、
被告側は冤罪を主張し、検察側と真っ向から対立しています
※1部の報道機関により扱われた為、ネット上で話題となり、
 現在、支援グループにより署名活動が行われています
 詳しくはまとめサイト及び支援者のブログをご覧下さい
 ・まとめ
  http://www13.atwiki.jp/haruhikousien/
 ・支援者ブログ
  http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737
この裁判の審理内容について、1審、2審共に被告に極めて不利な
ものとなっており、これは「疑わしきは被告人の有利に」とする
裁判官のあり方に 大きく反するものでは無いでしょうか?

この他にも、多数の冤罪が発生しております
  • 袴田事件(1966年) ・富山連続婦女暴行冤罪事件(2002年)
  • 鹿児島の志布志事件(2003年) ・松山市白バイ自損事故(2004年)他・・・
特に袴田事件(1966年)においては、事件当時から現在に至るまで、
40年以上に渡り被告の拘留が続いている状況であり、来年1月には、
日本プロボクシング協会がチャリティーイベントを予定している等、
今後も大きな展開が予想され、視聴者の関心も高いものと思います

又、警察の裏金問題について各新聞社が特集を組んでいますが、
「記者クラブ」制度に起因すると思われる警察から報道への圧力もあり、
問題の根本の解決には至っていない状況と思われます
  • 愛媛県警捜査費不正支出問題(愛媛新聞社)
  • 高知県警捜査費問題(高知新聞社)
  • 兵庫県警捜査書類ねつ造(神戸新聞社)
  • 北海道警裏金問題(北海道新聞社)
 http://www5.hokkaido-np.co.jp/syakai/housyouhi/document/index.html
これらは、特に地元にとっては「タブー」に属する問題であり、
ローカル局での扱いは難しいでしょうが、むしろキー局主導による
全国ネットの広範な扱いの方が、問題の周知、喚起という点に於いて、
より有効かと思います 民事不介入だった警察を変えたのは世論でしたが、
今回はより慎重に、単なる反権力・左翼主義では無い、
「行政に属する彼らも被害者」という観点から、問題の根本を捉え、
広く訴える必要があると思います

良質な報道を、貴番組にて行って頂ければ幸いです