|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

華麗なる逆転


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マヨイ 「あたし、スペシャル・コースを申し込んだんですよ!」
ビキニ 「あらあらあらあら。このサムいのにスペシャル?
     イノチしらずねぇ、ワカい子は。
     死んでも知らないから。わはは。はは。わはははは。」
ハルミ 「い、“イノチ知らず”‥‥?」
マヨイ 「わ、“わはははは”‥‥?」

マヨイ 「さ。わたってみようか、なるほどくん!」
ナルホド「うううう‥‥一見、リッパだけど、今にもくずれそうだぞ。」
マヨイ 「一見、今にもくずれそうだけど、リッパだよね!」
ナルホド(‥‥この発想のちがいが、真宵ちゃんとぼくのちがいか)

??? 「うッ! ここ、これはどうもシツレイしました!‥‥じゃッ。」
ナルホド「お、おい。ちょっと待てよ!」
??? 「は、はじめまして。‥‥天流斎 マシスです。」
ナルホド「ウソつけ! ただの矢張だろうが。」
ヤハリ 「うるせえよ!オレは‥‥オレは‥‥マシスなんだよおおおおおおおッ!
     おぼろブリッジをそぞろスケッチしてるんだあ!」
マヨイ 「‥‥やっぱり、ヤッパリさんだよ。ワケ、わかんないもん。」

デンワ 「プルルルルル‥‥‥プルルルルル‥‥‥」
??? (だ、だれだ・・‥こんな時間に)
デンワ (‥・・ピッ‥‥)
ミツルギ「・・・・はい。こちら、ミツルギ・・・・」
ヤハリ 「ナニしてんだよ御剣!サッサと出ろよな!」
ミツルギ「‥‥や、矢張か‥‥。今、何時だと思っている?」
ヤハリ 「オレは矢張じゃねえ! 天流斎 マシスだッ!」
ミツルギ(‥‥‥‥‥‥‥‥
     どうやら、きわめて悪質なユメを見ているらしいな、私は‥‥)

ヤハリ 「ボール紙のニセバッジでもバレなかったってウワサだぜ!」
ミツルギ(・・・・それでいいのか・・・・この国の司法制度はッ!)

[つきつける→矢張政志]
アヤメ 「あ・・・・マシスさま、ですね。」
ミツルギ「・・・・・・・・・申しわけない。
     どなた、ですって?」
アヤメ 「天流斎 マシスさま。エリスさまのお弟子、でしょう?」
ミツルギ(だ、ダレだ、そのオトコ・・・・)
アヤメ 「とてもマジメで、誠実そうなかたですよね。」
ミツルギ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
アヤメ 「あの・・・・。どうかされましたか? 御剣さま。」
ミツルギ「し、シツレイ。コトバを失ってしまいました。」
ミツルギ(・・・・私の知らないところで、ナニが起こっているのか・・・・?)

ミツルギ(守衛が、こちらをニラみつけている。
     “ニラまれたら、ニラみ返せ” ‥‥私は、そう教えられてきた。)
    「‥‥‥‥‥‥‥‥」
アヤメ 「あ、あの。大丈夫ですか? 御剣さま。」
ミツルギ「・・・・む。し、シツレイ。」

ミツルギ(カメラが、こちらをニラみつけている。
     “ニラまれたら、ニラみ返せ” ‥‥私は、そう教えられてきた。)
    「‥‥‥‥‥‥‥‥」
アヤメ 「あ、あの。 どこか、具合でも‥‥?」
ミツルギ「・・・・む。し、シツレイ。」

ミツルギ「・・・・事件現場は、野獣のひそむジャングルと同じ。
     そこへおもむく狩人は、まず、弾薬の補給をしなければならない。
     “情報”という名の弾薬を。・・・・すべては、そこからだ。」

ミツルギ(これが、成歩堂の言っていた、・・・・《さいころ錠》!)

アヤメ 「御剣さまは・・・・、あの方のお友だち、なのですか?」
ミツルギ「・・・・かけがえのない友人です。」

ミツルギ「成歩堂は、今もなお、苦しんでいるようでした。
     真実を知らないかぎり、彼は永久に苦しむでしょう。
     ・・・・あやめさん。今からでも、おそくはない。
     彼にだけは・・・・真実を話してやってください。」
アヤメ 「・・・・・・・・・・・・・・・・」
ミツルギ「それが・・・・あなたの弁護を引き受ける、条件です。」
アヤメ 「・・・・・・・・・・・・・・・・」
アヤメ 「わかりました。・・・・お約束します、御剣さま。」
ミツルギ「・・・・了解しました。全力をつくしましょう。」

ミツルギ「どうでもいいが、こんなところで何をほっつき歩いている?」
イトノコ「うごほほおッ!・・・・いきなり、ガツンと来たァ!
     でも、うれしいッス!それでこそ、御剣検事ッス!」
ミツルギ「・・・・もしかして、人事異動でもあったのか?
     ムサいキミにピッタリの、サムいところだが。」
イトノコ「御剣検事が帰国されると聞いて、ムリヤリ出張してきたッス!
     みんな親切だから、捜査にまぜてもらってるッス!」
ミツルギ(・・・・あいかわらず、ムチャなオトコだな・・・・)

[つきつける→弁護士バッジ]
イトノコ「あれ! なんで御剣検事がそれをエリにつけてるッスか?」
ミツルギ「・・・・そんなにフシギだろうか。」
イトノコ「そりゃそッス!
     検事が弁護士バッジをつけてるということは・・・・
     刑事がコロシのライセンスを持ってるようなものッスからねー。」
ミツルギ(そこまで不吉なシロモノに見えるのか・・・・コイツは)

[つきつける→勾玉]
ミツルギ「キミなら、これを見たことがあるだろうか・・・・?」
イトノコ「お。ありがたいッス。ちょうどハラがへってたッス。」
イトノコ「・・・・ぱく。」
ミツルギ「なな、ナニをする! 刑事ッ!」
イトノコ「ぎゃあ!」
イトノコ「・・・・ハラもちのいいキャンデーに見えちまったッス。
     最近、ミョーにハラがへってしょうがないッス。」
ミツルギ(むううう・・・・少し給料を下げすぎてしまったか・・・・?)

[つきつける→成歩堂 龍一]
イトノコ「事件が起こると、かならずノコノコ出てくるッス。
     ・・・・ときどき、自分はこう思うことがあるッス。
     『ジツは、すべての事件の元凶は、コイツかも』・・・・と!」
ミツルギ(この刑事は、気づいているのだろうか・・・・
     そのコトバ、そのままキミ自身に当てはまるコトを)

[つきつける→糸鋸 圭介]
ミツルギ「一年前よりも、引きしまったカオつきになったようだな。」
イトノコ「そ、そッスか? やっぱり!」
ミツルギ「いや・・・・“引きしまった”というより、“やつれた”という感じか。」
イトノコ「そ、そッスか。・・・・やっぱり。
     なにぶん自分は、給料がうなだれてるッスから・・・・
     どうしても、メシのレパートリーに制限があるッス。
     素うどんに素スパゲッティ、素カレーに素スシに素みそしる・・・・」
ミツルギ「たしか一年前は、ソーメンが大好物だったはずだが・・・・?」
イトノコ「・・・・さすがに、あきたッス。」

[つきつける→あやめ]
ミツルギ「彼女には・・・・どこかで会ったことがあるような気がする。
     前科・・・・などは、ないのだろうか?」
イトノコ「いや、それはないッス。
     指紋を照合してみたッスが、一致するデータはなかったッス。」
ミツルギ「そうか・・・・」
ミツルギ(・・・・もう少しで思い出せそうなのだが・・・・)
イトノコ「まあ、御剣検事はプレイボーイッスからねえ。
     ムカシ、ポイ捨てしたガールフレンドのひとり、とか。」
ミツルギ「けけ、刑事! いったいどこからそんなハナシを?」
イトノコ「いや、なんとなく。自分のイメージッス。」
ミツルギ(・・・・わわ、私はそんなふうに見えるのか・・・・?)

ミツルギ 「それにしても・・・・なつかしいな、ここは。」
イトノコ 「そういえば、御剣検事もブチ込まれたッスねー、ここに。
      ちなみに、自分は入ったコト、ないッス!」
ミツルギ (アタリマエだろう・・・・)
ミツルギ 「だが・・・・
      ここに入ると、食事代はかからないが、な。」
イトノコ 「・・・・ッス!」
イトノコ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ミツルギ 「よからぬコトは考えぬコトだ、刑事・・・・。」
イトノコ 「・・・・ちょっぴり、考えちまったッス。」

ミツルギ「コレをわたろうとしたのか。・・・・成歩堂のヤツ。」
イトノコ「とんだお調子者ッスね。」
ミツルギ「それにしても、ここから落ちて、ブジだったとは・・・・」
イトノコ「ビックリ人間ッスね。」
イトノコ「いつも、法廷でブジな理由がわかったような気がするッス。」
ミツルギ(たしかに・・・・)

イトノコ「あっ、公衆電話ッス!今どき、めずらしいッス!」
ミツルギ「・・・・そうだな。」
イトノコ「御剣検事! せっかくだから記念写真を撮るッス!」
ミツルギ「・・・・ま、まあ、かまわないが。」
イトノコ「ほい、しまった!カメラがなかったッス!
     ・・・・ちょっと、ひとっ走り使い捨てカメラを買ってくるッス!」
ミツルギ(公衆電話の何が、そこまで刑事をひきつけるのだろう・・・・)

ヤハリ 「サムくて、ノーミソがシャーベットになっちまった!」
ミツルギ「・・・・急いで帰国したのは、まちがいだったようだ。」
ヤハリ 「な、なんだと・・・・?」
ミツルギ「成歩堂はブジだし、事件はありふれているし・・・・
     あろうコトか・・・・その被告人から、弁護をたのまれるとは!」
イトノコ「・・・・ちょ、ちょっと!
     待った! 異議あり!」
イトノコ「どういうコトッスか、御剣検事!」
ミツルギ「う・・・うム。セツメイしにくいが、なりゆきで、そういうコトに・・・・」
ヤハリ 「なんだよ、その言い方!それでもオマエ、弁護士かよ!」
イトノコ「御剣検事は、検事だからこそ、御剣検事ッス!
     “御剣検事弁護士”なんて、アキラカに、ちょっとヘンッス!」
イトノコ「・・・・ねー、御剣検事!」
ミツルギ(・・・・自分がナニモノか、よくわからなくなってきた)
ヤハリ 「御剣ィッ!・・・・しばらく見ないウチに・・・・
     ココロがシャーベットになっちまったみたいだな!」
ミツルギ「・・・・サムいからな、ここは。」

ヤハリ 「‥‥おッ! オマエ‥‥よりによって‥‥このオレを! うた、疑ってるのかよ!」
ミツルギ「な、なに‥‥‥?」
ヤハリ 「帰れ! もお、ヒコーキ乗って、どこへでも飛んでっちまえ!
     ‥‥そして、その途中でツイラクして死ね!」

ヤハリ 「そ、そんな目で見るなよ。トモダチじゃねえか!」
ミツルギ「・・・・トモダチなら、かくしゴトをしないでもらいたいな。」
ヤハリ 「ま。それはホレ。なんだな。アレよ、アレ。・・・・わかるだろ?」
ミツルギ(・・・・わからん・・・・)

[つきつける→弁護士バッジ]
ヤハリ 「・・・・そういえばオマエ、ムカシ、言ってたっけなァ。
     『大きくなったら、ボクは弁護士になるのだよ』・・・・とかなんとか。」
ミツルギ「む・・・・ムカシの話だ。」
ヤハリ 「いいじゃねえか。1日だけでも弁護士になれるんだからさ。
     御剣! オレのあやめちゃん、守ってやってくれよな。」
ミツルギ(・・・・・・・・・・・・・・・・)
ミツルギ(こ、これだから‥‥古い友人はヤッカイなのだ‥‥)

ヤハリ 「あ。オレのコト、矢張って呼ぶなよな。」
ミツルギ「なんだと・・・・?」
ヤハリ 「今のオレは、身もココロも天流斎 マシスくんだから。」
ミツルギ「・・・・・・・・・・・・・・・・」
ミツルギ「じゃあ、他のハナシを聞かせてもらおうか、矢張。」
ヤハリ 「マシスくん、て呼べぇぇッ!さもないと、オマエのこと・・・・
     天流斎 ミツルくん、て呼ぶぞお!」

ミツルギ「かなり古い山門のようだな。時の重さを支える、重厚な作りだ。」
イトノコ「さすが、御剣検事ッス!コメントがヒトアジちがうッス!」
ミツルギ「こういう、枯れたフンイキはキライではない。」
イトノコ「やっぱり、古いものには味があるッスからねえ!
     自分のコートも、なんともいえない色合いで、かつお風味ッス。」
ミツルギ「そういう、枯れたフンイキはスキではない。
     ・・・・たまには、洗いたまえ。」

ミツルギ「ム・・・・・・。御剣 怜侍と申します。」
ビキニ 「あらあらあらあら。カワイイ男のコは大カンゲイよぉ。
     ・・・・ふう・・・・。こんな状況じゃなかったら、オバサンも・・・・」
ミツルギ(お、“男のコ”・・・・)
ミツルギ「つかぬことを尋ねますが・・・・
     “ビキニのおばさん”・・・・を探しているのですが・・・・?」
ビキニ 「ああ。それならオバサンのコトね。」
ミツルギ「・・・・・・・・・・・・・・・・」
ミツルギ「見たところ・・・・ビキニではないようだが。」
ビキニ 「あらあら。オバサンだってねぇ。スゴいんだから。特に夏は。
     わはは。わは。わはははわは。」
イトノコ「あの・・・・御剣検事。
     このカタ、住職の毘忌尼さん。・・・・例の、目撃者ッス。」
ミツルギ「・・・・・・・・・・・・・・・・」
ミツルギ「そういうコトは、早く言いたまえ!
     だからキミの給料は、いつまでたっても下り坂なのだ!」
イトノコ「・・・・ううう。ハラへったッス。」

ビキニ 「ううん・・・・そんなに見つめられたらオバサン、ゾクゾクしちゃうわぁ。」
ミツルギ(ううう・・・・こっちも少し、ゾクゾクした)
イトノコ「ハッハッ。サムがりッスねー、御剣検事は。」

イトノコ「そりゃそッス!自分に置きかえて考えてみれば‥‥
     御剣検事、なんと法廷にて成歩堂弁護士を串刺しィッ!
     イトノコ刑事、なんとそれを証言台にて目撃ィッ!
     ・・・・みたいなものッスから。」

ビキニ 「アンタもホラ。持ってるだけじゃ、イミないから。
     ちゃんと、かぶらないと!」
ミツルギ「いや! 私はその。そういうアレでは・・・・」
ビキニ 「・・・・・・・・・・・・・・・・」
ビキニ 「わはは。わははは。わはわははは」
イトノコ「ハッハッハッ!御剣検事、才能があるッス!」
ミツルギ「なんの才能だッ!」
ビキニ 「こりゃケッサクだわ!しばらく、かぶっといで!」
ミツルギ(・・・・何かの罰ゲームか?これは・・・・)

イトノコ「それにしても、さすがは御剣検事ッス!
     どうしていつも、重要な手がかりを発見できるッスかねえ・・・・
     超・検事ッス!ある種、スペシャルッス!」
ミツルギ「・・・・これを見落とせるほうがある種、スペシャルだと思うが。」

イトノコ「そういえば・・・・
     バースデーケーキのローソク・・・・最近、吹き消してないッス。」
ミツルギ「かわりに、そのへんのを吹き消したらどうか。」
イトノコ「御剣検事、歌ってくれるッスか?《ハッピーバースデー》」

イトノコ「・・・・ううううむ。そうなると、自分の立場上・・・・
     ワレワレの捜査状況を、ウッカリもらすワケには行かないッス。」
ミツルギ「・・・・よけいなことをシンパイするな、刑事。
     キミはただ、ダマって情報をタレ流せばよい。」
イトノコ「・・・・・・・・・・・・・・・・」
イトノコ「リョーカイッス! タレ流すッス!」
ミツルギ「う、うム。・・・・その調子だ。」
    (たまに不安になるな、この刑事)

イトノコ「あ、あれ。本堂にはたしか、2階はなかったッスよ。」
ミツルギ「葉桜院は、山の急斜面にあるからな。
       本堂のオモテ側とウラ側で、高さがちがうのだろう。」
イトノコ「うううむ。なるほど‥‥
      それならいっそ、ナナメに建てればよかったッスのにね!」
ミツルギ(‥‥どうしてその方がよいのか、まったくリカイできない)

ミツルギ「ば、バカなコトを言うなッ!」
イトノコ「ぐぎゃああああ・・・・ッス!
     ・・・・さ、さすが、御剣検事ィィ・・・・いいパンチを放るッス・・・・!」

イトノコ「・・・・ときどき、自分は思うッス。
     殺人課の刑事にならなかったら、どんな人生があっただろう、と・・・・」
ミツルギ「・・・・キミでも、そんなコトを思うことがあるのか・・・・」
イトノコ「モチロンッス。いろいろ、想像するッス。
     交通課の自分。警視総監の自分。窃盗課の自分。タイホ君の自分。」
ミツルギ(・・・・警察からはなれる気はないようだな・・・・)

ミツルギ(証拠のチカラというより、私の眼力で錠が砕けたようだが・・・・
     ・・・・まあ、ヨシとしておこう。)

アヤメ 「‥‥御剣さま。もしかして、あなたも‥‥
     ココロの深いところに、“秘密”を抱えていたことがあるのでは‥‥?」
ミツルギ「‥‥‥! な‥‥何を、突然‥‥」
アヤメ 「自分がそうだから‥‥わかるのです。」
ミツルギ(私としたことが‥‥ココロを見すかされるとは!)
    「‥‥たしかに、私のココロには、深い闇がありました。
     しかし‥‥その闇を払うには、それを解放するしかないのです。」
アヤメ 「私の“秘密”‥‥ですか。」

ヤハリ 「あーあ・・・・オレって、いっつもこうなんだよなー。
     好きなコができると、かならず遠くへ行っちまう。
     こないだはチベットまで追いかけたケド‥‥今度は、刑務所だぜ。
     しかたねえ。あの刑事のサイフでも、盗んでみるか?
     いや。・・・・カオからして不景気だったしなあ、あの刑事・・・・」

イトノコ「コラ! ちょっとアンタ!‥‥今のヒトコト、異議ありッス!」
ヤハリ 「ななな、な、なんだなんだ!御剣ィ! き、キタネエぞ!」
ミツルギ(やれやれ‥‥バカ刑事め)
イトノコ「も‥‥申しわけねッス!
     気がついたら、思わず叫んでいたッス。‥‥“異議あり”って。
     それもハラの底から、大声で。人さし指までつきつけて!」
ミツルギ「‥‥裁判の見すぎだ。」
イトノコ「あいすまねッス。」

ヤハリ 「わかるだろ? トモダチなら笑って聞き流せよ。ははははははは。」
ミツルギ(ヤッカイな錠ごと、コイツをパリンと粉砕してやりたい・・・・)

ヤハリ 「‥‥オマエさー。ヒトに指をつきつけるの、法廷だけにしておけよな。」
ミツルギ「ム‥‥‥ッ!」
ヤハリ 「だから《シゴト人間》とか言われるワケよ。‥‥オレを見習えって!」
ミツルギ(おまえは《ダメ人間》と言われてるハズだが‥‥)
    「とにかく‥‥キサマはだれか待っていたはずなのだ!」
ヤハリ 「だ、だから‥‥そいつはその。デリカテッセンな問題、なワケよ!」
ミツルギ「“デリケート”だ。‥‥たぶん。」

ヤハリ 「道端で捨てられているネコを見たら、ナミダを流して通り過ぎる…
      そんなムセキニンなやさしさにあふれた男なのよ、オレは!」

ミツルギ「《極楽庵》‥‥。あるイミ、ふさわしい名かもしれぬ。」
ヤハリ 「たしかになー。
       《極楽庵》‥‥『キワめてタノしいオレ』だもん。」
ミツルギ「‥‥‥‥‥‥‥‥‥おぼえておくといい、矢張。
       《庵》は《オレ》とは読まない。」

ミツルギ「‥‥なんなのだ。このイタイタしいかざりは。」
ヤハリ 「思い出すよなー、小学校のころの《おたのしみ会》。
     クラスのみんなで、キレイにかざりつけしてさあ。」
ミツルギ「む、むゥ‥‥‥」
ヤハリ 「あ。そういえば、オマエはダメだったよなー、そういうの。」
イトノコ「え。そうなんスか?」
ヤハリ 「コイツ、ブキヨウでさあ。折り紙で、ツルも折れねえの。
     みんなからなぐさめられて、クチビルぶるぶるフルわせてたな。」
イトノコ「へええ、それは意外な一面」
ミツルギ「だまれッ! ‥‥あのときのクツジョクは、一生忘れぬ‥‥
     ツルならばッ! 今なら、5ミリの狂いもなく折りあげてみせる!」
ヤハリ 「‥‥‥‥‥‥‥‥あのな、御剣よォ。
     折り紙で5ミリの狂いといえば、そうとうなモンだぞ。」
イトノコ「そうとうなモンッスよ、御剣検事。」
ミツルギ(こ、これだから‥‥古い友人はヤッカイなのだ‥‥)

ミツルギ「‥‥矢張。芸術とラクガキのちがいは、なんなのだ?」
ヤハリ 「‥‥‥‥‥‥‥‥
     作者の自覚、じゃねェか?」
ミツルギ「‥‥‥‥‥‥‥‥」
     (そんな気もしてきた)

ミツルギ「だいいち、なんだ! この手紙のアタマの《全略》というのは!」
ヤハリ 「‥‥だ、だって。《手紙の書き方》って本に、『そう書け』って‥‥」
ミツルギ「それは《前略》だッ!
      ゼンブ略したら、もう書くことがないではないかッ!」

ミツルギ「・・・・ムグオオオオオオオオオオッ!」

ミツルギ「・・・・あやめさん。
     検事のシゴトは・・・・人を疑うことです。」
アヤメ 「・・・・・・・・・・・・・・・」
ミツルギ「しかし・・・・。今日の私は、弁護士だ。
     弁護士のシゴトは、人を信じ抜くこと・・・・
     私の友人は、そう言っていました。」
アヤメ 「御剣さま・・・・・・」
ミツルギ「私に、そのシゴトができるかどうか・・・・
     被告席で、シッカリ見ていただきたい。」

ミツルギ「検察側がムチをふるおうと、コーヒーをガブ飲みしようと・・・・
     ・・・・真実は、1つしかない。私が立証してごらんに入れよう。」

ビキニ「オバサンね。吾童山、葉桜院の住職さん、やっておりますの。
     名前はね。ビキニよビキニ。どうか、お見知りおきを。」
サイバンカン「‥‥‥‥‥‥‥‥‥
     見たところ、ビキニではないようですが‥‥?
     うはははッ!」
カルマ「‥‥法廷は、神聖なる裁きの庭‥‥
     いやしいココロの持ち主は、ただちに出て行きなさいッ!」
サイバンカン「わわ、私が出ていくんですか!」

ミツルギ「それで‥‥入浴には、どれぐらいの時間がかかったのだろうか?」
ビキニ 「‥‥‥‥‥‥‥‥‥
     あらあらあら。いやだョこの子は!ヘンな想像しちゃって!」
ミツルギ「‥‥‥?」
ビキニ 「次に“どこから洗うのだろうか?”とか、聞くつもりなんでしょ!
     ‥‥まったく、ワカい男の子はコレだからねェ‥‥」
ミツルギ「なな、何を言う!私は‥‥
      ぐはァッ!」
カルマ 「‥‥フケツよ、御剣 怜侍。」
サイバンカン 「‥‥最低ですな。」
ミツルギ(な、なんだ、ここは!いじめられっ子の席か‥‥?)

ミツルギ(ムジュンを暴く、この感覚・・・・なかなか、悪くない
     成歩堂のうれしそうなカオも、ナットクできる・・・・)

サイバンカン 「ふーむ‥‥、私にしてみれば‥‥、
     狩魔検事、なんと法廷にて御剣弁護士をムチでまっぷたつッ!
     私、なんとそれを裁判長席にて目撃ィッ!”‥‥みたいなものですからねえ。」
ミツルギ(あの裁判長‥・・イトノコギリ刑事と同レベルの想像力を持っているようだ・・・・)

カルマ 「私が、ムチのかわりにモチを持っているようなものね・・・・」
ミツルギ(そのほうが圧倒的に平和だが・・・・)

カルマ 「ジューショクさま。証言をおねがいするわ。
     あとで、この私がカタとコシをたたいてあげるから。」
ミツルギ(・・・・ムチでか?)

カルマ 「なんでも、一心不乱にスケッチしていたそうよ。」
サイバンカン 「・・・・被告人のスケッチは禁止されているハズですが・・・・」
カルマ 「オニのようなカオでムチをふるう、恐ろしい女の絵だったわ。」
サイバンカン 「・・・・・・・・・・・・・・・・」
サイバンカン 「それは、どう考えてもあなたのことではな
     ・・・・・・はうッ!」
カルマ 「とにかく、そのオトコを引きずり出してやるわ。
     天流斎 マシス!カクゴを決めて、入廷なさいッ!」
ミツルギ(どうやら・・・・また、荒れ模様になりそうだな・・・・)
マシス 「いてェ!」
カルマ 「・・・・まず、あの絵は法廷侮辱罪にあたいするわ。」
マシス 「なな、ナニすんだよ!オレはただ、ゲージュツ的な
     ・・・・いててェ!」

ヤハリ 「ホラ。やっぱり、ゲージュツは《畑仕事》がキホンだと思うワケ。」
サイバンカン 「は、はたけしごと・・・・ですか?」
ミツルギ「《フィールド・ワーク》と言いたいのだろう・・・・おそらくは。」
ヤハリ 「そ。それそれ!さっすが、トモダチだよなァ!」
ミツルギ(リカイできてしまう自分が、いくぶんカナしい・・・・)

ミツルギ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
サイバンカン 「いきなり、どうしましたか? 弁護人。」
ミツルギ「‥‥あまりにムジュンに満ちあふれているので‥‥
     一瞬、めまいとコンランを。」
サイバンカン 「ぬううう‥‥」
カルマ 「あなた自身はどうなの?証人。
     自分の証言‥‥どこがムジュンしているか、わかってるのかしら?
     返答しだいでは、コイツがダマっていないわ。」
ヤハリ 「ええと、そうなァ‥‥。たとえば、あの晩は雪だったから星は見えねえとか、
     あのボロ小屋を《ロッジ》ってのはどうなのか、とか、
     そもそもオレ、星を見に行ったワケじゃねえ、とかかな?」
ミツルギ「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥」
カルマ 「やればできるじゃない。」
ヤハリ 「えへへへへ‥‥いててててェ!」

カルマ 「フケツでヒレツでフラチでウワキなマヌケにフヌケてニヤけたオトコ。」
サイバンカン 「それで・・・・・・何を目撃したのですかな?
     フケツでヒレツでフラチでウワキなマヌケにフヌケてニヤけた証人は。」
ヤハリ 「ええと。・・・・そうだなあ・・・・」
ミツルギ(フケツでヒレツでフラチ呼ばわりは、気にならないようだな・・・・)

ヤハリ 「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥御剣ィ‥‥
     オマエ‥‥ついに、オレをホンキにさせちまったな‥‥」
ミツルギ「‥‥やはり、今までホンキではなかったようだな‥‥」
ヤハリ 「いいのか‥‥?オレ‥‥
     オレ、しゃべっちまうぞ!ホントに、いいんだな‥‥?」
ミツルギ「う、うム‥‥‥」
ヤハリ 「ホントォォにオレ、今度こそオレ、しゃべっちまうかもしれかはァァッ!」
カルマ 「‥‥さっさとしゃべる。」

ミツルギ「橋が燃えているのは、まぁイイとして、だ。
     なんなのだ? その上をただよう、不吉なシロモノは・・・・」

ヤハリ 「もしかして、あやめちゃん・・・・
     オレに早く会いたいために、あんなキケンなフライトを・・・・
     そうにちがいねえよ!ヤッホー、オレ!
     やっほぉぉぉ!」

ミツルギ「キサマが描いた、ずきんの人物!成歩堂だと主張するつもりかッ!」

ミツルギ「それまで…時間を忘れて描いていた、と?」
ヤハリ 「まあな。オレ、ムチュウになるとワケがわからなくなるから。」
ミツルギ(たしかに…このオトコはムカシからそうだった。
     おそらく、この発言にウソはないだろう…)
カルマ 「成歩堂龍一が現場に現れたのが11時15分すぎ…
     絵を描いていたのなら、なんの疑問もないわね。」
サイバンカン 「ニンゲンとして、大きなギモンを感じますが…」

ヤハリ 「な・・・・なんだよ、それ・・・・。」
ミツルギ「・・・・どうやら、リカイしたようだな・・・・。」
ヤハリ 「・・・・なんで・・・・
     なんで、あやめちゃんのずきんを、成歩堂が持ってるんだよ・・・・」
ミツルギ「え・・・・」
ヤハリ 「御剣ィィッ!・・・・あの子、アイツのなんなのさ!
      ズルいぞおおおお成歩堂おおおお!!」

ヤハリ 「・・・・いいか。忘れるなよ、御剣ィ。
     ちゃーんと“ギャフン”て言えよなッ!」
ミツルギ(・・・・この時点で、すでに“ギャフン”なのだが・・・・)

ヤハリ 「オレ、あのボロ小屋に行く途中、デザートのバナナ、食っててさあ。
     たしか、その皮をあのへんに捨てたような気がしたし。」
ミツルギ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
     (バカか、このオトコは・・・・)

ヤハリ 「それに、オレ自身も何回か転んで、ワケ、わからなくなっちまって。」
サイバンカン 「証人が・・・・転んだ?」
ヤハリ 「ホレ。雪に足をとられたり、バナナの皮ですべったりしてさァ!」
ミツルギ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
     (バカだ、このオトコは・・・・)

ミツルギ(“立証できるか”・・・・?そんなことは、問題ではない
     “立証する”・・・・それしかないではないか
     それが、あのオトコ・・・・
     ・・・・成歩堂 龍一のやり方なのだから!)

カルマ 「《類は友を呼ぶ》・・・・この国では、そう言うそうね。
     ・・・・御剣 怜侍。お友だちが、あなたを呼んでいるみたいよ。」
ヤハリ 「よおォ、御剣ィ!しっかりやれよォ。」
ミツルギ(コイツにはげまされるとは・・・・もう、オシマイだッ!)

ミツルギ「やはり、私の思ったとおりだった。
     ・・・・狩魔 冥。キミは、最高のパートナーだ。」
カルマ 「え・・・・・・」
ミツルギ「今日、私がここに立った目的は、ただ1つ。
     この事件の闇を引きずり出し、成歩堂に引きわたすことだった。」

カルマ 「それは大変だったわね、おじょうちゃん。」
ハルミ 「あ・・・・!あなたは・・・・」
カルマ 「狩魔 冥。・・・・天才検事よ。私が来たからには、もう安心・・・・」
ハルミ 「・・・・1年前、真宵さまをいじめた、検事さまですね。」
カルマ 「え・・・・。」
ハルミ 「わたくし・・・・キライですっ。」
カルマ 「・・・・・・・・ッ!」
ハルミ 「真宵さまは悪くなかったのに・・・・わたくし、ユルしませんっ!」
カルマ 「・・・・ぐ・・・・・・・・ッ!」
ナルホド(・・・・そうとう効いてるみたいだな・・・・)
カルマ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ナルホド「いててててッ!モノも言わずに、たたくなよ!」
カルマ 「うれしそうなカオ、するなッ!」

ナルホド「お地蔵さまがズラリと並んでいる。」
カルマ 「・・・・成歩堂 龍一。
     ジューショクさまには、こんなに姉妹がいたのかしら?」
ナルホド「・・・・・・・・・・・・・・・・」
ナルホド「あとで、本人に聞いてみたらいいんじゃないかな。」
カルマ 「・・・・そうしてみるわ。」
ナルホド(ひっぱたかれるぞ、たぶん)

カルマ 「アマいわね、成歩堂 龍一。」
ナルホド「でも・・・・ちょっと気になるんだよ。・・・・狩魔 冥。」
カルマ 「・・・・ひとつ、いいかしら?成歩堂 龍一。
     ヒトをフルネームで呼ばないで!なんか、気にさわるわ。」
ナルホド「・・・・きみのマネをしただけだぞ。」

カルマ 「《イヤよイヤよも好きのうち》・・・・この国では、そう言うそうね。」
ナルホド「・・・・まったくカンケイないよ。」
ナルホド(ダレから教わったんだ・・・・)

カルマ 「なんだ。修験者の装束しか入っていないわ。」
ナルホド「・・・・勝手に開けちゃダメなんじゃなかったのかよ。」
カルマ 「私は検察局の人間なのよ。ナニをやってもユルされるの。」
ナルホド(・・・・ショーゲキ的な発言だな)

ナルホド「せんべいブトンがたたまれている。」
カルマ 「ちょっと待ちなさい、成歩堂 龍一。
     何かしら?《せんべいブトン》って。」
ナルホド「ウスくてペッタリした、おせんべいみたいなフトンだよ。
     この国じゃ、そう言うの。
     アメリカで言えば・・・・《ビスケットタオルケット》かな。」
カルマ 「そ、そうなの。・・・・勉強になったわ。」

ゴドー 「クッ・・・・! オレの目は、水平線のかなたでカモメと遊んでいるさ。
     ・・・・弁護士に協力するつもりはねえぜ。」
カルマ 「少しぐらい、協力してあげなさい!」
ナルホド(きみが言うなよ・・・・)
カルマ 「カッコよく断られるのが、これほどハラ立たしいとは知らなかったわ。」

イトノコ「・・・・ああ。悩むッス。小さなムネが張り裂けそうッス・・・・」
イトノコ「ぎゃはああッ!」
カルマ 「どうしたの? ヒゲ。」
イトノコ「い。いきなりピシリとやらないでほしいッス!」
カルマ 「アイサツがわりに、肩をポンとたたいただけよ、・・・・ムチで。」

カルマ 「・・・・手がかりのあるところ、狩魔の影、あり。」

ビキニ 「さっき、あやめが来たのよぉ。赤い王子さまをしたがえて。」
ナルホド(・・・・御剣のことか?)

カルマ 「プライドなんて、生きてゆくにはジャマなだけのシロモノよ。
     でも‥‥いいシゴトをするためには、なくてはならない。」

カルマ 「・・・・この、大きなおちゃわんだけど・・・・」
イトノコ「あ。専門的には、《ちょうずばち》ッス!」
カルマ 「他のものはすべて凍りついているのに・・・・
     ちょうずばちの氷だけ、キレイに割られているわ!」
ナルホド「氷が・・・・」
ナルホド(何か、イミがあるのか・・・・?)
イトノコ「・・・・あ、あの。それは、自分が・・・・
     カオを洗ったッス。ちょっと、眠かったッス。」
イトノコ「ぎゃあああッ!」
カルマ 「これからは、眠くなったら私のところへ来るコトね!」

ミツルギ「1つだけ・・・・気になることがある。
     他のものは雪をかぶり、こおりついているのに・・・・
     この、ちょうずばちに張った氷だけが、キレイに割られている。」
ナルホド「・・・・・・・・・・・・・・・・」
ナルホド「刑事のだれかが、カオでも洗ったんじゃないか?」
ミツルギ「刑事をバカにするなッ!殺人現場で、だれがそんなコトをッ!」
ナルホド(怒られた・・・・)

[つきつける→糸鋸 圭介]
ミツルギ「・・・・さっき、うどんをごちそうしておいた。」
ナルホド「イトノコさんの給料、超人的に安いからな。おまえのせいで。」
ミツルギ「わ・・・・、私のせい、なのだろうか。」
ナルホド「ごちそうするなら、もっとマシなものにしてやれよ。
     イトノコさんの主食だぞ。素うどんは。」
ミツルギ「・・・・いちおう、天ぷらをつけておいた。
     泣きながらすすりこむ姿を見て、なぜか私も、少し泣けたな。」
ナルホド(・・・・給料を上げてあげればいいのに)

[つきつける→弁護士バッジ]
ミツルギ「弁護士バッジ、か。・・・・おもしろいものだな。
     まさか、キミがこれをつけることになるなんて・・・・」
ナルホド「おまえのせいだぞ、御剣。」
ミツルギ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ナルホド「もちろん、後悔はしてないけど。」
ミツルギ「・・・・・・・・。」
ナルホド(・・・・礼なら、聞こえるように言えよな・・・・)

ナルホド「…この、天流斎 マシスのスケッチは…」

[証拠にはならない]

ナルホド「こんなラクガキ!何の証拠にもなりはしないッ!」
サイバンチョ 「……………長年、この仕事をやっていますが…
     自分の提示した証拠を、ここまで明快に否定する弁護士は初めて…
     ある種の爽快感を禁じ得ません。」
ゴドー 「時代は変わる。…長生きするもんだぜ、ジイさん。」
ナルホド(…ぼくは、寿命が少しだけちぢんだような気がするけど)
ゴドー 「もう少し、短くしてやるぜ!…アンタの寿命!」

ナルホド「…この、天流斎 マシスのスケッチは…!」

[真実のままである]

ナルホド「もちろん、被害者は空を飛んだのです!スケッチのとおりに!ピョーン、って!」
サイバンチョ 「…………あなた…きのうの証人に似てきましたな。」
ナルホド「ぐふおおおお!」
    (…それだけは言われたくなかった…)
サイバンチョ 「被害者が空を飛んだという証拠など、あるのですかッ!」
ゴドー 「ちなみに…今のところ、奥の院から大砲は発見されていねえ。」
ナルホド(そりゃそうだろうな…)
ゴドー 「アンタの捨て身の発言は、コーヒー1杯ぶん、楽しめたぜ。
     ペナルティは勘弁しておいてやろうか。」
ナルホド「ぐううぅぅ…」

ナルホド「おそらく、このへんだと思われます!」
ゴドー 「“おそらく”・・・・?」
サイバンチョ 「“このへん”・・・・?」
アヤメ 「“思われます”・・・・?」
ナルホド「・・・・・・・・・・・・
     まあ、この絵の作者がムジュンだらけのオトコですから。
     どこでもムジュン、と言ってもいいかな、と・・・・」
サイバンチョ「ヒトのせいにしないようにッ!
     弁護人!ここまで引っぱって、そのコタエはあんまりです!
     ・・・・私、情けなくてナミダが出てきました。」

ナルホド「それはモチロン、この飛んでいる人影です!
     なんせ、ニンゲンが空を飛ぶなんて、あり得ませんからね!」
アヤメ「・・・・・・・・・・」
ゴドー「・・・・・・・・・・」
サイバンチョ「・・・・・・・・・・」
アヤメ「・・・・成歩堂さま。今のヒトコト・・・・致命的ですわ。」

サイバンチョ 「でもそれは証人の“見間違い”では‥‥?」
アヤメ 「“描き間違い”かもしれませんわっ!」
ゴドー 「いっそアンタが“場違い”だぜ、まるほどう!」

ゴドー 「゛追い詰められたネズミは、 ネコを噛む゛‥‥そう言うぜ。」
ナルホド「 でも、そのネズミは ネコを追い詰めたりはしません!」
ゴドー 「‥‥‥‥ たとえ話なんか、 なんのイミもねえぜ。」
ナルホド(そっちが始めたんじゃないか!)

ナルホド「そして‥‥その、1年後。きみは、今度は‥‥このぼくを殺そうとした。」
     まあ‥‥。あいにくぼくは今も、生きているけど‥‥。
     きみは、ちがう人物を殺害してしまったあげく‥‥ついに、死刑を宣告されたわけだ。
     ‥‥つくづく、マヌケな話だね。もう、笑う気にもなれない。」
チナミ 「だ‥‥ダマれ! この‥‥このお人好しの、ガキが‥‥!」
ナルホド「そして、今回!きみは、またしくじったのさ!
     綾里真宵を取り逃がした。きみのエモノは、ずっと目の前にいたのにね!」

ナルホド「‥‥でも。‥‥そんなことはね。もう、どうでもいいんだ。
     それよりも‥‥‥‥‥さっさと、真宵ちゃんから出ていってもらおうかッ!」

ナルホド「げ、元気づけた‥‥?」
マヨイ 「はみちゃんが言ってたよ。『やさしいオジさまでした』って。
     ありがとうございます、ゴドー検事さん!」
サイバンチョ「ただのコーヒー好きではないと思っていました。」
ゴドー 「クッ‥‥! よせやい。‥‥テレちまうぜ。」
ナルホド「(なんかクヤシイな‥‥)」

ナルホド「うう‥‥ッ!
    (くそ。裁判長のクセに‥‥)」

ナルホド「‥‥立証します。‥‥お望みどおり、華麗に引導を叩きつけましょう!」

ゴドー「オトコが泣くのは‥‥すべてを終えたときだけ、だぜ。」

カミノギ「今まで、いったい何杯の《闇》をあおったか、おぼえていねえ・・・・
     しかし・・・・今日、この1杯こそは・・・・何よりも、すばらしい。
     アンタもそう思うだろう?・・・・成歩堂 龍一。」
ナルホド「ええ。・・・・そうかもしれません。」

ナルホド「命あるものが、自分を守るため戦うのは、当然のことだ。
     “人間”だからこそ‥‥だれかのために、戦える
     ‥‥だれかのために、どれだけ強くなれるか‥‥? それこそが人間の価値
     弁護士は、つねにその価値を試される、戦士なんだ‥‥
     戦いの末に結ばれた《絆》は、たとえ、断ち切られても‥‥かならず、よみがえる。
     ‥‥何度でも」