|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

思い出の逆転


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チヒロ「それはもう・・・・ちっそく死、ではないでしょうか」
サイバンチョ「ふむう・・・・ちっそくとねえ。」
ホシカゲ「ちちち千尋クン!ナニを言っとるんぢゃい!」
チヒロ「この法廷の重い空気・・・・私、もうイキが詰まりそうで。」
ホシカゲ「ダレもチミの気分など聞いとらん!ちゃんと法廷記録を見るんじゃ!」
チヒロ「ご、ごめなさいっ!ちゃんと見てみますっ!
    (しっかり、千尋!法廷記録は・・・・Rボタンよね)」     

チヒロ「ええと・・・・凍死、でしょうか。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
チヒロ「あの、星影先生。・・・・私、急に、サムくなってきたんですけど・・・・」
ホシカゲ「チミの答えが法廷を凍りつかせたからぢゃ!」
チヒロ「す、すみません・・・・」
ホシカゲ「法廷記録をキチンと見て答えるんぢゃ!
     判決なんて、それはもうはかないモンぢゃからの!」
チヒロ(しっかり、千尋!法廷記録は・・・・Rボタンよね)

チヒロ「なるほどさん。あなた、こう証言しましたね
    被害者のことはよく知らない・・・・って」
ナルホド「そ、そうです!だってボク、アイツなんか・・・・」
チヒロ「でも・・・・それはちょっとヘンじゃないかしら。
    それならなぜ・・・・あなたはしっているのですか?
    被害者がイギリスかぶれだったコトを!」
ナルホド「・・・・・・」
チヒロ「・・・・・・・・・・・」
ナルホド「・・・・・・・・・・・・・・・げほ。」
チヒロ「なんでそこでダマるの!」
ナルホド「あ!いや!ボク、決してアヤしいモノじゃないですからッ!」

サイバンチョ「・・・・あなたにはガッカリしましたな、弁護人。」
アウチ「・・・・私もガッカリしましたぞ、弁護人。」
ホシカゲ「・・・・ワシもちょっとガッカリしちまったぞ、千尋クン。」
ナルホド「・・・・・・げほ。」

サイバンチョ 「・・・・長い裁判人生、さまざまな証人にダマされてきました。
     もう二度と、ダレも信用しない。
     ・・・・そう決めていたのですが・・・・
     この証人のコトバなら!私、なんでも信じられそうです。」
チヒロ (バカなコト言わないでよ!)

アウチ 「シツレイなことを言うヤツには、私がカツンと言ってやりますぞ!」
サイバンチョ 「私も、この木槌でカツンと!」
チヒロ (ふたりとも、まっすぐ私を見つめて言い切ったわ・・・・)
チナミ 「あの・・・・わたし、とてもほっとしておりますの。
     みなさん・・・・とっても親切で、あたたかな方ばかりなんですもの。」
アウチ 「いやいや!」
サイバンチョ 「なんのなんの!」

チナミ 「あの・・・・オジサマがた。」
アウチ 「む。オジサマのことですかな?」
サイバンチョ 「このオジサマに、なんでも言ってごらんなさい!」
チナミ 「きっと・・・・どこかに、大きなマチガイがあるのだと思いますわ。
     リュウちゃん、ひとごろしなんていたしませんもの。」
サイバンチョ 「うむうむ。そうでしょうそうでしょう。」
チヒロ (ホント、やっかいな証人ね・・・・)
チヒロ (オジサンたちを、たった12秒で味方につけちゃったわ)

チヒロ (事件の流れをひっくり返すような重要なポイントがあったわ!)

[音を聞いていないこと]

チヒロ 「一つ問題があります!」
サイバンチョ 「な、なんですと!」
アウチ 「い、いったいそれは…?」
チヒロ 「もちろん…証人が“バチッ”という音を聞かなかったことです!」
アウチ 「なな、ナニを聞いていたのですか!
     その理由は説明されたでしょう!“ヘッドフォンで歌を聞いていた”」
サイバンチョ 「…弁護人。私より先にボケないように。」

チヒロ (しまった…)
サイバンチョ 「今の証言で、どうやら結論が出てしまったようですな。
     被害者を殺害できたのはやはり、被告人しかいない!」
チナミ 「そ、そんな…わたし、そんなつもりでは…!」
チヒロ (だ、ダメよ千尋!おわっちゃうじゃない!裁判!もう一度考えて!今の証言には…)

チヒロ (事件の流れをひっくり返すような重要なポイントがあったわ!)

[お歌を聞いていたこと]

チヒロ 「裁判長!証人の証言には一つ問題があります!」
サイバンチョ 「な、なんですと!」
アウチ 「い、いったいそれは!」
アウチ 「な、ナニを聞いていたのですか!
     その理由は説明されたでしょう!“雷が怖かった”」
サイバンチョ 「弁護人。私の雷も怖いですぞ!」

ナルホド 「ごめんなさわあああああああああああん!!」

チナミ 「こんなチナミを…ゆるしてはいただけませんの?」
チヒロ 「あたりまえですっ!あなたがしたことは”偽証”といって…」
サイバンチョ 「いやいや、オジサマはいつだってあなたの味方ですぞ!
     今回だけはサービスしましょう。次から、気をつけるように」
チナミ 「まあ、うれしい…。ありがとう、おじさまっ!」
サイバンチョ 「なんのなんの。ほっほっほ」
チヒロ (裁判長…暗い夜道には気をつけることね…)

ホシカゲ「シリの痛みでわかる・・・・あきらめるんぢゃ、千尋クン」

アウチ 「毛が毛が毛が毛が毛が毛が毛が毛が毛が毛が毛が
     抜ける抜ける抜ける抜ける抜ける抜ける抜ける抜ける
     抜け落ちてくぞおおおおおおおおおおおおおおおおおお
     おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

ナルホド「いつもちいちゃん、あんなヒドいこと言う子じゃないし‥‥。
       もしかしたら、よくできたニセモノだったのかも!」

ナルホド「これでも、友達の中では一番大人っぽいって言われているんですよ!」
チヒロ (一体、どういう友達づきあいをしているのかしら‥‥。)

チナミ「コレデアタシニカッタツモリ?!」

チナミ「・・・・お証拠品を
    お見せになってくださいっ!」
チヒロ「お、“お証拠品”・・・・ッ!」
    (は、反撃してきたわ・・・・!)
サイバンチョ「お証拠品で立証できないかぎり、
      これ以上のギロンは認めません!」
ホシカゲ「ここはもう、お証拠品を
      たたきつけるしかないぞい!」