トリックの元ネタ

ドルリーレーン関係の元ネタ

<<注意!!>>
<<以下は、逆転裁判3および、某推理小説の完全なネタバレです>>

逆転裁判3のトリックには、特定の作品から集中してネタが引用されていると考えられます。
(エラリー・クィーンのドルリーレーン四部作)
作品の価値には関係ないですが、ちょっとまとめておくのも面白いかなと思いました。

依頼で急遽書いたため、現在、元になる書籍が手元にないので、うろ覚えです。
実際、細かいところではもっとあったと思うので、思い出したら追加します。
フォローしてもらえれば有り難いです。


4話「始まりの逆転」
 ・手を怪我しており、片手で手すり越しに人を落とすのは不可能
  「Xの悲劇」で、レーンがディビッドを死刑から救い出した切り札のネタ。

5話「華麗なる逆転」
 ・双子の入れ替わり
   「ドルリーレーン最後の事件」のメイントリックのひとつ。

 ・年少者による、既に死亡した肉親の指示書に基づく犯罪(殺人)
   「Yの悲劇」の有名なメイントリック
   →その際に、年少者ゆえに単語の意味を取り違えて奇妙な行動に出る
    「Yの悲劇」でも、全く同様のロジック。

 ・それまでの話での探偵が最終話の犯人
   ドリルーレーン四部作(「ドルリーレーン最後の事件」)
   更に、以下の点が類似する。
    →探偵は、自分の人生の生き甲斐に関することと、人を守るために、
     やむなく犯罪(殺人)を犯す。
     ・レーン:シェイクスピア、ペイシェンス
     ・ゴドー:千尋、真宵
    →探偵は、一部の感覚器が不自由
     ・レーン:耳
     ・ゴドー:目
    →その不自由な感覚器のため、不自然な行動に出る
     ・レーン:壁の隠し金庫を探すのに、壁を叩いて音の違うところを
          探すのではなく、手当たり次第、鉈で破壊して回る。
     ・ゴドー:雪に付いた血が見えないため、血の付いた部分の雪だけを
          排除するのでなく、一帯の雪を全て排除する。
    →その不自然さから、少女が探偵本人が犯人であることに気付いて
     ショックを受ける。しかも少女は、その犯人に助けられながら、その
     犯人を暴く立場にいる。
     ・レーン:ペイシェンス(気付いて、失踪)
     ・ゴドー:真宵(気付いて、失神)
    →しかし探偵はすぐにそのことを察し、少女に「心配しなくていいから」と
     諭す。
    →その探偵は、どちらも服毒する。

以下続報