ラジオ関係

ラジオ関係



ウェブラジオ「ゲームの食卓」


  • ゲームの食卓 第58回 逆転シリーズに新展開!5/28発売の逆転検事特集開始!!

  • ゲームの食卓 第59回 発売を次週に控え、テンション上げ目で逆転検事特集第2回!

  • ゲームの食卓 第60回 逆転検事 逆転検事特集第3回!発売日のイベント前にハギーが乱入でスタジオ騒然!!

  • ゲームの食卓 第61回 逆転検事特集最終回!逆転制作の裏側に迫る!!

ゲストで逆転検事江城P&山﨑D登場

  • ゲームの食卓 第132回 逆転検事2特集!今回はプロデューサーの江城さんとハギーがゲスト!

  • ゲームの食卓 第152回 江城さんとハギーが愛のロジックチェス!逆転検事2特集!

ウェブラジオ「今井麻美のSinger Song Gamer」


  • 09.05.09

  • 09.05.16

ゲストで逆転検事江城P&山﨑D登場

CAPCOM Sound Sphere Podcasting

サウンドチーム外からの初ゲスト…なんと「逆転裁判」シリーズの生みの親、巧舟氏の登場です!迎え撃つはサウンドシャベリストのリョージ山本、サンドウ両氏!逆裁サウンド秘話からサウンドスタッフについてまで…爆笑必至!!喋り過ぎちゃったので何回続くか分かりませんが、まずはvol.1を。番組内で話題に上がった、巧氏拘りの「牙琉検事のギター倒れ音」怒涛の収録現場のムービーは topics vol.40「逆転裁判4」スタッフコラム内にあります。

前回に引き続き、「逆転裁判」巧舟スペシャルをお届けします。
じわじわノッてきた巧氏の暴露により、「逆裁4」チームスタッフ達の尋常ではないヘキ(癖)が次々と明らかに!この人材なくして「逆裁4」は生まれなかったであろう…と誰もが認めざるを得ない驚愕のキャラ連投で、リョージ山本、サンドウ両氏も度肝を抜かれる!!

まだまだ続きます、「逆転裁判」巧舟スペシャル!
巧氏の音楽にまつわる雑談に、「逆裁」シリーズの様々なルーツが垣間見える!?「ラミロアのテーマ曲」の壮絶な誕生秘話や、巧氏の意外な一面など…巧舟スペシャルvol.3、濃厚な内容でお届けします。

「逆裁」の重要な要素でもある「ミステリ」「マジック」「お笑い」について、それらが大好きな巧氏が語り尽くす!また、牙琉の声を担当したリョージ山本氏による、レコーディング時のエピソードや、「逆裁」に行き着くまでの巧氏の軌跡も。挙句の果てに、音声番組なのに巧氏がとある暴挙に出る!巧舟スペシャル、堂々完結!!

ネットラジオ Gpara.com「イソッチの週刊シャキシャキ!」

逆転裁判4発売直前に松川プロデューサーが出演

  • ゲストは『逆転裁判4』のプロデューサー・松川さん

  • 松川さんが発売前に『逆転裁判4』を大解剖しちゃいました

  • イソッチ、『逆転裁判4』を先取りプレイ!ええ?あのキャラの秘密が!?

  • イソッチ法廷開廷!名物広報が松川Pに追い詰められる!

ネットラジオ「HIDECHAN! ラジオ」

HIDECHAN! ラジオ 第112回
東京ゲームショウ2006スペシャルに巧氏出演
http://www.blog.konami.jp/gs/hideoblog/2006/10/31/index.html

ラジオ「赤鬼のパンツ!青鬼のパンツ!」

「赤鬼のパンツ!青鬼のパンツ!」2005年6月18日放送分
ラジオ大阪(関西圏) 1314kHz
TBSラジオ(関東圏) 954kHz

音声ファイル
その1   その2   その3   その4   その5

巧氏登場部分のダイジェスト
 *敬称略
 *わかりにくい部分は()で注釈をいれてあります

  • 石川 英郎(以下 石川)
ゲームのディレクターとはどんなお仕事なんですか?
  • 巧 舟(以下 巧)
皆さんが絵を描いたりとか音楽作ったりするのに対して、「ああいいねえ」とか「ダメだねこれは」という話をしながらゲームをまとめていくというのがディレクターの仕事です。
  • 石川
じゃあ基本的にはシナリオとかを全部把握した上でここはダメだね、とか。
そうです。ただ逆転裁判というゲームは、僕がディレクターと一緒に企画とシナリオも書いているんですよ。ですからシナリオは僕が書いて僕がOK出すから、一発で通るわけです。
  • 石川
じゃあ逆転裁判のことはなんでも知っていると。
なんでも知ってますよ。なんでも聞いてください。
  • 石川
じゃあ根本的な話で、逆転裁判というタイトルなんですけど、裁判をメインにしたゲームを作ろうとした理由は。
元々推理小説が好きだったんですよ。それで新しいものを作りたいと思った時に、裁判はまだ誰も手をつけていないなって。
会社の側に裁判所があるんですよ。チームのみんなを連れて見学に行って情報収集して。
  • 石川
どんな感じなんですか?
このスタジオ位の広さの所で‥‥
  • 石川
こんな狭いんですか? よくテレビなんかで(広い法廷が)絵で表されているじゃないですか。
あれはちょっと、売れてる(法廷)というか‥‥
  • 石川
売れてはいないですね(笑い)
ここにもこのゲームあるんですけど、時々声が聞こえてくるんですよね。異議あり!っていう声とかあるんですけど、これは声優が当てていないということなんですけど。
いや、声優が当ててますよ。
  • 石川
え、誰ですか?
僕ですよ(笑い)
  • 石川
主役じゃないですか。
僕に主役をやらせろと。まあディレクターですから(笑い)
  • 石川
ちなみに、本当の理由は?
お金なかったんですよ(笑い)
  • 石川
安くてもやるから言ってくださいよ(笑い)
  • ゆかな
私たちだったら今後は大丈夫ですから(笑い)
せっかくなんで、電波で生で異議ありとかどうですか?
ええ?! 本当ですか?
じゃあせっかくだから今度出る海外用の英語で。
  • 石川
ゆかなディレクター、ちょっとキュー出してくれる?
  • ゆかな
じゃあ、キュー!
オブジェクション!
  • ゆかな
おお、本物本物(笑い)
  • 石川
っていうか何ていったのかわからなかった(笑い)
オブジェクションです。
  • 石川
俺は海外版向かないな。日本語版だけでお願いします(笑い)
ちなみに逆転裁判シリーズって結構人気なんですけど、どのへん楽しんでくれているからだと思います?
先ほどご紹介いただいたんですけれども、聞いていると結構難しそうなんですけど、実際にやってみるとあんまり‥‥書いている人もあまり法律とか知りませんし、結構軽いノリで遊べるんですよ。そこが多分受けているんじゃないかと。あんまり考えないで書いてますしね(笑い)
  • 石川
そんなことないでしょう(笑い)
だって今オブジェクション!とかすごく楽しい顔をされてて。
楽しいですね、あれは(笑い)
作っている人も楽しく作っているっていうのもあるんですよ。
異議ありとかみんなでやっているんですけど、チームのみんなでオーディションで録って。
  • 石川
それはプロジェクトチームで?
そうですね、全員録ったんですよ。1の時なんかは。で、オーディションして一番いいやつを。
まあ、主役は別枠ですけど(笑い)
  • 石川
何人ぐらいいたんですか?
1の時は7人で作っていました。ですから7人分録って‥‥結構普段喋らない人でも、おだてると結構いい声を出して。こいつこんな声してたんだみたいな。
  • ゆかな
今度はニンテンドーDSで出るということで、今までアドバンスでできなかった機能とか増えますよね。そういうのも生きてくるんですか?
生きてますよ。かなりいい感じで。
  • 石川
まだあまり深い所までは言えないという感じで。
ええ。ダメです、と‥‥
  • 石川
じゃあ言える範囲で逆転裁判の情報を。
ええとですね‥‥まあ9月発売であると‥‥
  • ゆかな
慎重ですね(笑い)
元々海外で発売しようって所から始まっていて、海外でも発売するんですよ。設定がアメリカにしましょうと言われていて、なんだかすごいんですよ。
この前アメリカのゲームのショーに出品してもらったんですけれど、その時の(キャッチ)コピーを見せてもらったら「今西海岸で最もホットでワイルドな反対尋問をする弁護士、フェニックス・ライトを知ってるかい?」みたいな感じの‥‥
  • 石川
フェニックス・ライト‥‥
名前がフェニックス・ライトっていうちょっと煙草みたいな名前なんですけど(笑い)
成歩堂龍一がフェニックス・ライトで相手の御剣検事がマイル‥‥あ、言っちゃいけないのかな?(注:御剣がMiles Edgeworthになるのは発表済み)まあそんな感じで。
  • 石川
蘇る逆転は逆転裁判と逆転裁判2を繋ぐ隠されたエピソード、御剣失踪事件の真実がついに明らかになるという情報があるんですけど。
御剣検事というのは成歩堂龍一のライバルなんですけど、2を出した時にちょっと失踪してもらったんですよ。説明する間もなく。で、今回チャンスをもらったんで、じゃあその辺を書いてみようかなと。
  • 石川
御剣検事は喋ってますか?
ええと、チームの人間が‥‥
  • ゆかな
ねらってるの?(笑い)
大丈夫です、じゃあ弟出します(笑い)
  • ゆかな
この蘇る逆転はシリーズ最大のボリュームだそうで。
1話追加という形なんですけど、書いていたら今まで書いていたのを越えなくちゃならないなというのがあったんで、いっぱい書いちゃってですね。今までのシナリオの一番長いものの1.5倍くらい書いたんですよ。
  • 石川
それはDSになって容量が増えたからということもあるんでしょうね。
ちょっといつもよりも書く時間があったんですよ。で、時間があると書いちゃうんですよね。
  • 石川
では最後にメッセージを。
今制作は佳境に入っていて一番忙しい時期なんですけれども、それを乗り越えてみなさまの期待に答えるようないいゲームを作りたいと思いますんで、9月までお待ちください。
  • 石川・ゆかな
ありがとうございました。