逆転裁判>DL6号事件とは

このページには、ゲーム中でははっきりしない内容についての推測など、個人の意見が含まれています。
今後、編集合戦になったり、偏った意見が書き込まれた場合など、管理人による管理が困難になると判断したら、当Wikiの一部ページ移転の提案についてに基づき編集禁止とし、外部Wikiへの移転を希望します。

管理人



逆転裁判>DL6号事件とは(大まかな解説)


2001年(平成13年)12月28日、
裁判所のエレベータが地震により数時間の間停電し、
それにより御剣親子、灰根がエレベーターに閉じ込められた際に起きた事件。
(事件当時、刑事訴訟法に基づく公訴時効の最高は15年とされていたが、その後25年に延長→現在では殺人事件および「人を死亡させた罪」かつ「法定刑の最高が死刑」の犯罪に対する時効は廃止された)

酸欠状態のため、精神的に不安定になった灰根と御剣の父・信は争い始め、その末に灰根は信を殺害しようとした
その時、御剣怜侍の足元に拳銃が…
争いを止めようとした怜侍は、灰根に拳銃を投げ、銃が暴発【1発目の弾丸】

1発目の弾丸はエレベーターのガラスを突き破り、外に居た狩魔豪の右肩に直撃
怜侍はそのまま酸欠により意識を失い記憶喪失に
その後電気は復旧し、エレベータの扉が開き、負傷した狩魔は酸欠で倒れている3人を発見
この日の裁判で信により経歴を傷付けられていた狩魔は、信を射殺【2発目の弾丸】

綾里舞子は警察の依頼を受け、霊媒により信の霊の呼び出しに成功するが、狩魔の発砲である事に気が付いていない信の霊は、灰根がやったと証言。
が、灰根は担当弁護士(生倉雪夫)から心神喪失状態を装うように言われ、証拠不十分もあって無罪に。無罪にはなったが、灰根は仕事、そして地位と全てを失う(婚約者も失ったと発言しているが、これは彼の完全な思い込み)。
これが15年後の逆転裁判1-4話へと繋がる。

この事件で詐欺容疑で訴えられ、責任を感じた舞子は里を出て行き、絵本作家となる。
その数年後、千尋は弁護士になるため里を出る。

《信が灰根を告発したのは何故?》
作中では星影が信の灰根告発を「怜侍が投げたピストルの暴発により自分は死んだと思っている信の霊は、怜侍をかばうために灰根を告発した」と推測しているが、根拠が無く、その上犯行を暴かれた狩魔が「ワガハイは被害者をカンペキに欺いた」と発言しており、結局真相はハッキリしていない。

生倉雪男と灰根高太郎


生倉は自らにとって利となる無罪判決の為、灰根に対し心神喪失を装うよう言いくるめ、灰根は証拠不十分もあって無罪となったものの彼は全てを失う事となった。だが実はこの事は灰根にとって全くの不利益という訳では無かった。

灰根は職務怠慢により凶器を出現させた上に殺人未遂を犯しており既に潔白な身では無かった。その上当時は狩魔が犯人である真実に辿り着くのが非常に困難とされており、残る容疑者の御剣怜侍が父親の御剣信を守るために逆に信を事故死させたと言い張るしかない状況だった事と(その主張が通っても御剣怜侍の行いは正当防衛であるため、原因である灰根は罪に問われ、全てを失っていた可能性が非常に高い)、真実を明らかにしても殺人未遂は問われるので、心神喪失以外の方法で灰根を無罪にするのが非常に困難な状況であった事を考えればこれ以外に灰根を助ける手段が無いといっても過言では無かったのである。その事を考えれば、結果的に生倉は灰根を救っていたと言えるだろう。

だが、生倉は星影の評価と灰根の言葉を聞く限り、その灰根を事実上救ったという結果どころか灰根の行く末も知った事では無かった事が伺える。上記の状況を説明するなどの灰根に対する何らかのフォローが行われた様子もなく、結果、灰根も「自身は救われた」とは全く考えられず、狭い視野のまま自身の真実を誰にも明かさずに生きる道を選んでしまった。その結果最終的に灰根は狩魔に生倉を殺せるチャンスを貰った事で外道に堕ち、生倉共々狩魔の都合の良い手駒となってしまった。

アニメ版では生倉が灰根のその後について何も考えずに無罪にした事が明白になっている。また、灰根の婚約者が裁判の地点で生存しており、無罪判決の一年後に風評被害に耐えかね自殺した事になっている。灰根の悲惨な破滅ぶりも詳細に描かれており、成歩堂も灰根の事を「無罪になっても救われなかった」と発言しており、有罪になっても無罪になってもロクな事にならなかった事が示唆されている。

《生倉の行いは罪に問えるか?》
灰根を言いくるめ作った真実を押し通した彼の行い自体は非常に悪質かつ罪深いものであるが、罪に問う事は不可能である。
まず、弁護人と被告人に偽証罪が適用されない為に偽証教唆罪は適用不可能である。灰根を騙す為に使った言葉も「もとの生活に戻れる」といった嘘では無く、「これは君の為なんだ」(アニメ版では「無罪になる為にはなりふり構っていられない」)程度の嘘である為詐欺罪に問う事も難しい。行いが明るみになればタダで済む事はあり得ないが、外道な行動原理とは裏腹の犯罪性の無さから、懲戒処分で終わる可能性が高い。