逆転検事2の謎

このページには、ゲーム中でははっきりしない内容についての推測など、個人の意見が含まれています。
今後、編集合戦になったり、偏った意見が書き込まれた場合など、管理人による管理が困難になると判断したら、当Wikiの一部ページ移転の提案についてに基づき編集禁止とし、外部Wikiへの移転を希望します。

管理人



信楽の冥に対する態度について



509 :枯れた名無しの水平思考 :2011/03/03(木) 16:21:07.90 ID:3bmVnxniO
信楽さんはなんで冥ちゃんに優しいんだ?
あれだけ尊敬してる師匠殺した犯人の娘なんか
普通はハグどころか顔も見たくないと思うが

(以下一部抜粋、詳細なやりとりはスレを御覧ください。)

514 :枯れた名無しの水平思考 :2011/03/03(木) 16:26:47.95 ID:QZEWESX00
信楽さん的に尊敬する師匠の息子が敵に弟子入りってのは
よりによって息子に師匠を全否定されたような気持ちだったんじゃないかな
冥に対する態度がおかしいんじゃなくて
御剣親子に対してそれだけの思い入れがあったってことで

559 :枯れた名無しの水平思考 :2011/03/03(木) 19:05:52.89 ID:U/EXxZsx0
信楽は大人なんだよ。
息子が克服してるのに、冥にわだかまりのある弁護士なんていやだ。
親の人殺しも御剣が門下に入るのも冥には責任無いことだし。

569 :枯れた名無しの水平思考 :2011/03/03(木) 19:40:34.22 ID:U/EXxZsx0
>>564
弁護士の道を自分の意志で捨てた御剣と、冥は立場が違う。
同じように糾弾したら信楽嫌いになるから無くてよかった。

570 :枯れた名無しの水平思考 :2011/03/03(木) 19:41:04.95 ID:0y0tynia0
実は2話開始の時点で御剣が変わった(変わりつつある)事を理解していたんじゃないかな
憎まれ役をやる事で、「狩魔に身を寄せた」という負い目がある御剣に「過ちを改め、初心に返ったのだ」と宣言させるように仕向けたんじゃないかな、と思うのは考え過ぎだろうか

4~5話の時系列


  • バルーンについて
草太は宣伝のため、バルーンを何度か飛ばしていた。ミリカによると、「この辺りに住んでる人たちはみんな見たことあるんじゃないかな」「ここしばらくは、バルーンは草太以外誰も使っていない」。
草太によると、バルーンを飛ばす場所は、「ひのまるコロシアム近くのちょっと広い公園」から。公園まではトラックを使って運んでいる。

4/3  夜  鳳院坊了賢が脱獄。虎狼死屋左々右エ門によると、彼が訪ねにきた4/3夜には了賢の独房は無人になっていた。

ここ数日、ナツミと速水は闇オークションの存在を嗅ぎつけ、ビッグタワー周辺を張り込んでいた。ナツミは4日深夜にタワーに潜入、速水は4日夜から周囲の無線の傍受を行っていた。

4/4  19:28  記憶喪失の一条美雲が持たされていた、ビッグタワー展望台チケット半券に記録されていた時間。
黒幕の用意した手紙以外は万才が用意したもの、とゲーム中で説明があるが、万才が美雲に罪をなすりつけるのを思いついたのは、後述の通りオークション後に美雲を発見した時である。そのため、万才が事前に高校生用の「4月4日 19:28」というチケットを用意していたとは考えられない。
ビッグタワーのチケット売り場に万才の息のかかった誰かがいて、チケットをすぐさま偽造できたか、実はチケットも黒幕が準備していたものであったかのいずれかではないだろうか。

4/4  夜  美雲、手紙でひょうたん湖公園に呼び出される。赤いレインコートの人物=黒幕に睡眠薬「スヤミン3Z」をかがされて気絶。草太は美雲の服に偽の手紙を入れ、ヤタガラスのバッジに盗聴器を仕掛ける。彼女を連れてタチミ・サーカスのバルーンでビッグタワーに向かう。
4/4  22:15  カードキーの使用記録より、この時間に検事審査会・審議室に水鏡秤が入っている。IS-7号事件の資料を持ち出すことが目的。この後、王大統領と会っている。
4/4  23:05  ビッグタワー屋上のエレベータから降りてくる人物を撮影する監視カメラに、王大統領(影武者)と水鏡が映る。数十分後に水鏡のみエレベータで降りていくのが確認される。
4/5  00:52  カードキーの使用記録より、この時間に検事審査会・審議室に籠目つばさが入っている。

  • カードキーの使用記録について

籠目はオークションの客だったため、屋上ハッチから審議室に入りオークションに参加したはずである。万才が籠目殺害後、籠目の行動のつじつまを合わせるため、わざとカードキーを使ったと考えるべきか。この夜に籠目がカードキーを使っていたことにしないと、審議室に入るために他のルートがあったことがバレてしまう。そうだとすれば、「4/5 00:52」という時間は、犯行全てが終了した時間以降だったということになる。

  • ビッグタワー屋上の出来事

4日23:05より、王大統領(影武者)はビッグタワーのオーナーに命じて屋上の人払いをし、水鏡とふたりで会う。水鏡の目的は、アミが亡くなったことと、詩紋が元気であることを王大統領に伝えるためであった。シシユリはアミのことを知っていることを証明するためだった。水鏡は王大統領(影武者)にシシユリを渡す。
数十分後、気絶した美雲と黒幕が乗ったバルーンが接近、王大統領(影武者)は気付くが水鏡は気づかない。王大統領(影武者)は水鏡をエレベータで先に帰し、接近してくるバルーンの中の黒幕に発砲するが、バルーンのカゴの底に当たる。
見に危険を感じた黒幕はバルーンを操縦し王大統領(影武者)を押しつぶす。この時にカゴの底にシシユリの花粉が付く(なお、水鏡が渡したものと同じ花の花粉かどうかの調査は、茜が言ったとおり可能である)。
屋上に降りた黒幕は、気絶したままの美雲を置き去りにし、死亡した王大統領(影武者)をバルーンに乗せ飛び去る。王大統領(影武者)の死体を置きっぱなしにしておくと、翌日発覚するであろう、籠目つばさ殺害事件の計画が狂うからである。死体をひのまる倉庫に隠し、倉庫の温度を下げることで死亡推定時刻をずらそうと画策し、成功(後に死亡推定時刻は4/5 23時とされた)。
犯行時刻が4日23時以降で翌23時には死体放棄完了済みで、移動時間や体温が下がっていく時間を加えても24時間にはまったく届かないが、死亡推定時刻は丸一日ずれている。
王大統領(影武者)の銃は回収し、密かに隠し持っていた。最後に虎狼死屋左々右エ門に向けて撃とうとしたものの、見破られ失敗している。
ヤタガラスのバッジに盗聴器が付いていたため、美雲の周囲の音は、速水が無線の傍受で録音したテープに残されていた。ただし、王大統領(影武者)がバルーンを撃ってきた直後に、一度盗聴器のスイッチは切られている。

  • 黒幕による、王大統領(影武者)の行動の推測

王大統領(影武者)は水鏡に呼び出された時に、彼女が相沢詩紋の素性を知る者と知り、自分が影武者であることがバレることを恐れた。よって、王大統領(影武者)は水鏡と会うことにした。銃で水鏡を殺害しようと計画したのである。だが、バルーンが接近したため、殺害を断念し、水鏡を帰らせた。水鏡と相沢詩紋の繋がりが判明し、彼らが王大統領が偽物であると知らない以上、両者の殺害はいつでも可能だからである。
王大統領(影武者)が銃を所持していた以上、黒幕の推測は当たっていたと見て良いだろう。
謎なのは、第1話で銃を怖がっていた王大統領(影武者)が、何故銃を使った殺害を企てたのかということである。
また、飛んできたバルーンにいきなり発砲した理由もよくわからない。臆病な性格の王大統領(影武者)は、人払いをして水鏡を殺害しようと計画していたところに、予想外の珍客が現れたため、動揺してしまったのであろうか。さらには「ビルの屋上で深夜に発砲」などすれば誰かに通報されるなりするものと思われるが、なんらの言及がないことも不自然だといわざるを得ない。
ところで、発砲してきた相手をバルーンで押しつぶした黒幕の行為は正当防衛の可能性があると思われる(ゲーム内での正当防衛の存在については「裁判2」で冥が触れている)。"教唆"についてあれだけ持論をぶった黒幕が、この点に一切触れなかったことも謎である。


  • 闇オークションの流れ

万才は事前に、籠目からの手紙(第5話後編で黒幕本人が語った通り、実際は、黒幕が送ったもの)を受け取っている。その手紙から、籠目に復讐される可能性があると考え、事前に殺害計画を練る。武藤瞳子を脅し共犯とし、カツラやオークションマスターの衣装等を用意した。

オークション会場=検事審査会・審議室への入口はカードキーを使う検事審査会・審議室入り口と、ビッグタワー屋上のハッチ~51階倉庫を経由したルートのみ。
オークションの存在を隠すため(カードキーの使用記録を残さないため)、客は屋上のハッチから入り、お面を付け審議室に降りた。
この夜、闇オークションに参加したのは、オークションマスター=一柳万才、11人の客(この中に籠目つばさも含まれる)、後で籠目と入れ替わった武藤瞳子の合計13人。

オークションの前に武藤瞳子は倉庫内の衣装箱の中に入り、オークションマスターこと一柳万才が箱を鎖で縛り鍵を掛ける。なお、衣装箱の中には武藤用のカツラと万才の付け髭も入っていた。
武藤が隠れた後にナツミが倉庫に侵入し、アリフ・レッド像の裏に隠れる。
オークション開始。籠目つばさはボルモスの人形を競り落として、オークションマスターと共に51階へ。
籠目、復讐のため万才に襲いかかるものの、万才はオークションハンマーで籠目を殴り殺害(したと思っていたが、実際はまだ息があった)、衣装箱を開けて武藤を外に出し、籠目を中に入れる。
武藤は籠目の服や仮面を付け、準備してあったカツラも付けてオークション会場へ。ただし裸の籠目を不憫に思い、オークションマスターには秘密で近くにあった赤いレインコートを彼女に着せている。
オークションマスターもオークション会場に戻り、オークションを再開する。オークションハンマーは血がついたので、以降使っていない。オークションハンマーをどう始末したかは、ゲーム中では不明のまま。また、武藤が元々着ていた服をどうしたのかも触れられていない。
籠目つばさは意識を取り戻して衣装箱から出る。この時の音を聞きつけたナツミは、籠目の後ろ姿を写真に収める。この時同時に、ブラインドの向こうに黒幕の乗ったバルーンの目玉模様が写る。
この直後にナツミはオークション会場をリフトの隙間から見て、客が11人であることを確認。
(およそこのころに、少し上の屋上で王大統領が発砲し、押しつぶされているが、ナツミは銃声については言及していない。)
籠目は自力でビッグタワー屋上に出るが、力尽きて死亡。
美雲は意識を取り戻すが意識がはっきりせず、ぼーっと歩きまわっていたところ、屋上で倒れていた籠目を見て驚き、慌てて後ろに下がったところ、開けっ放しだったハッチから51階に落下。ショックで記憶喪失となる。
美雲が落下した時の音を聞いて驚いたナツミは気絶。気がついたのは、後に御剣たちが倉庫に入ってきた頃だった。
オークションは続行、武藤はオークションマスターの命令で衣装箱を競り落とす。会計のため武藤、マスターが倉庫に上がった時には衣装箱はカラで、美雲がはしごの前に倒れていた。更に屋上で籠目も発見。
武藤は衣装箱に美雲と籠目を入れるが、赤いレインコートは武藤がマスターに黙って着せたものだったので、武藤はそれを脱がし処分(後に鑑識に発見される)。籠目に予め用意していたマスターの服を着せる。
マスターは、籠目の服より、美雲からと思われる手紙を発見。更に美雲からも、籠目からと思われる手紙を発見。2つの手紙から、万才は二人がお互いの目的(美雲は約束ノートの強奪、籠目は万才への復讐)のために協力していると考え、美雲に罪をなすりつけることを思いつき、美雲にニセの証拠品を持たせて、伊丹大学病院に運ばせる。
籠目の遺体は、倉庫にあったしょく台を刺してリフトで検事審査会・審議室へ、そこでしょく台を抜き、大量の血痕を女神像の前に残し、殺人が50階で行われたように見せかける。更に、美雲の犯罪に見せかけるために手紙を左胸ポケットに入れた。

4/5  13:23  (第4話開始)御剣の執務室に、武藤瞳子が記憶喪失の美雲を連れてくる。
4/5  某時刻  御剣一行、ビッグタワー前でボルモス映画の撮影中の相沢詩紋たちとすれ違う。(ビッグタワーの時計によると14時少し前)
なお、タワー裏・空き地にて、日が出ているうちに第5話に出てくる、ボルモス、詩紋、間宮由美子の記念写真を撮影したと思われる。
4/5  14:18  御剣一行、ビッグタワー屋上へ。この頃、検事審査会・審議室で死体発見。
4/5  14:36  御剣一行、検事審査会・審議室へ。狩魔冥と再会、籠目つばさの死体等を調査。一柳万才の登場で逮捕されかかる美雲に対し、御剣は検事バッジを置く。逃亡する美雲を追って御剣も検事審査会・審議室を出て行く。
(この後3時間以上、御剣は美雲を捜索していたと思われる。この間にテレビで容疑者の逃亡が報じられる)
4/5  17:58  御剣、執務室に戻る。駆けつけた信楽に事情を説明。二人は再びビッグタワーに向かう。
4/5  18:42  御剣と信楽、ビッグタワー屋上に到着。美雲、茜と合流。(テレビ画面を調べた時の時計は18時53分くらい)
4/5  19:06  御剣一行、51階倉庫に侵入。美雲の落下音で気絶し眠っていたナツミが起きて、御剣たちと合流。
4/5  19:43  御剣一行、再び検事審査会・審議室へ。一柳らと鉢合わせ、冥と対決。最終的に御剣、美雲は逮捕され、留置所へ。


  • 4/5夜のタワー裏の空き地

万才は王大統領(本物)の死体を掘り出すため、空き地裏口のチェーンを切って侵入。3箇所をハンマーでコンクリートを割って、スコップで土を掘る。3つ目でようやく死体を発見。
死体をバッグに詰め、穴を埋めた所に、相沢詩紋が演技の練習のため、正面入口からやってくる(後で様子を見に来た間宮由美子の証言によると、22時頃には練習をしていた)。万才は身を隠すためにボルモスの着ぐるみの中へ。着ぐるみの中がコンクリート片で汚れる。詩紋は屋上でストーブを付けて準備、ストーブを消し忘れたまま下へ。ヘッドフォンを付け(詩紋曰く、映画のBGMを爆音で流していた)、ビデオを回して練習開始。ビデオには万才の掘った穴も映る。
黒幕は王大統領(影武者)の死体をバルーンに乗せ、再びタワー屋上に放置しようと考えていた。しかしバルーンで飛んでいるうちに、タワー裏の空き地の火事でボルモスのアタマが落下するのを発見。これを見て、相沢詩紋に罪を着せる計画を思いつき、空き地にロープでつるして死体を降ろすことにした。降ろした瞬間が、練習中のビデオに映る。
23時頃(水鏡の証言より)、水鏡から詩紋に電話(携帯はバイブにしてあったので、ヘッドフォンをしていても気付いた)。カメラを回していたため、電話の内容も記録されてしまうことを恐れた詩紋は、空き地から一回離れて電話に出た。
電話を終えた詩紋は、戻ってきた時に、王大統領(影武者)の死体と、火事の不始末で落下したボルモスのアタマに気付く。屋上の火は小さかったので詩紋ひとりで消火。死体の上の潰れたシシユリを見て、水鏡が家から持って出たシシユリのことを思い出し、水鏡が関与しているのではないかと考え、ボルモスのアタマを元の場所に片付けてシシユリを持ち去った。なお、この時詩紋はビッグタワーのゴミ捨て場に捨てようとしたが、鍵がかかっていたので捨てられなかったため、翌日に捨てに行っている。
万才はバッグを持って帰宅。どのタイミングで空き地から出たかはゲーム中でははっきりしないが、詩紋が練習を終えて出て行った後だろう。
正面入り口は詩紋が鍵をかけたであろうから万才は裏口から出たと思われる。
その際に王大統領(影武者)の死体の側を通るため、死体を見ている可能性が非常に高い。
万才が何らかの意図を持って死亡推定時刻の改ざんを行ったとすると、不審な死亡推定時刻にも納得ができるだろう。

4/6  朝  一柳弓彦、何かを新聞紙にくるんだものを持っている一柳万才とガレージですれ違う。万才は留置所に向かう前にそれ=証拠品のノミと鈴とナイフを捨てた。
御剣、留置所で朝を迎える。水鏡と面会。水鏡によると、この時信楽と茜は御剣への面会に来たが断られている。冥は捜査中。面会後、監房で美雲を連れた万才と出会う。この時の会話を、イトノコはこっそり聞いていた。
4/6  08:30  検事審査会・審議室で御剣の審議。最終的に一柳万才が逮捕され、一柳弓彦は行方不明に。
4/6  09:44  籠目つばさ殺害事件解決。美雲の約束ノートと、記憶が戻る。水鏡は美和マリーの裁判へ向かう。

一柳弓彦はビッグタワーから降りてきた所で、万才の部下である二人組の男に「水鏡を知っているか」と尋ねられ、知っていると答えたところ、相沢詩紋と間違えられて誘拐されてしまう(速水ミキコが目撃)。広場に警官が居たため、英都撮影所のロケバスから盗んだ箱に入れ、タクシーにより一柳の家に運ばれ監禁。

4/6  朝  間宮由美子がタワー裏・空き地で王帝君(影武者)の死体発見。知らせるために外に出る。狼は間宮由美子の声を聞きつけてタワー側の入り口から空き地に入る。
4/6  10:02  (第5話開始)タワー前に降りてきた御剣たちは間宮由美子の死体発見の知らせを聞いて現場へ。
4/6  10:05  御剣一行、タワー裏・空き地に到着。王帝君(影武者)の死体発見。狼と再会。

詩紋は御剣たちが捜査をしている間に空き地を離れる。目撃した荷星によると、詩紋は一度ロケバスに乗り込んでいるが、機材のチェックをしている間にいなくなった。イトノコの話では、ロケバスから降りて、ゴミ捨て場に歩いていった。ゴミ捨て場でシシユリを捨てたところで、後ろから押さえこまれ、黒幕に睡眠薬「スヤミン3Z」をかがされ、粗大ゴミの中へ。詩紋の牛乳パックが残る。

4/6  10:54  相沢詩紋が居なくなったことに気付いた御剣一行がビッグタワー前にやってくる。
4/6  11:00  ビッグタワーにゴミ収集車が来て、粗大ゴミを回収。詩紋はゴミと一緒に搬出される。黒幕は、あかつきゴミ処理場にて「間違って捨ててしまった」等適当な言い訳をして、詩紋を回収し、ひのまる倉庫に運んだ。
裁判開始前に水鏡に脅迫電話。この脅迫電話は、一柳弓彦を誘拐した者たちから。
4/6  11:23  地方裁判所第3法廷で、美和マリーの裁判開始。裁判官は水鏡秤、検事は狩魔冥、弁護士は信楽盾之。開始直後、一部の証拠品紛失のため、一時休廷。
4/6  11:38  御剣一行、裁判所ロビーでミリカ、草太と再会。(ミリカ、草太が裁判の傍聴に遅れたのは、草太があかつきゴミ処理場に行っていたため)
冥たちと会話。15分の休廷ののち、裁判の引き伸ばし作戦に入る。ミリカ、草太は一柳弓彦の捜索へ。御剣は水鏡から真相を聞き出し、彼女の携帯電話を預かって美雲と詩紋捜索に向かう。
4/6  12:10  御剣と美雲、ビッグタワー前で捜索開始。この時点で車体の冷えた青いトラックが止まっており、4/6午前中に出入りした車は、タクシーと青いトラックのみだったと警官が言っている。
御剣は、青いトラック=粗大ゴミの収集車であり、粗大ゴミの収集車であったため、普通のトラックと大差ないものが来たのだと推理。ゴミ捨て場に鍵がかかっていたことから、本物の粗大ゴミの収集車と考える。

  • トラックについて

車体の冷えた青いトラック=バルーン運搬用のトラック(警官の証言では4/6午前中に出入りしていない、つまりそれ以前から置きっぱなし。13:40のタワー前広場には、このトラックは既に無い。17:30にはタチミ・サーカスに戻っているので、それまでには黒幕が移動したと考えられる。)
警官の言っている青いトラック=粗大ゴミの収集車(4/6 11時にやってきた)

この時点ではどちらも「青いトラック」と言っているのでややこしいが、後編ではきちんと、2台のトラックが別物である説明がされている。
そうだとしても、何故バルーン運搬用のトラックがビッグタワー前に放置されていたのかははっきりしない。バルーンを飛ばすためにトラックを移動させるなら、ビッグタワー前に止める必要はないからである(ビッグタワー前広場でバルーンを組み立て、飛ばすことが可能なら、話は別である。これが正しいなら、一応筋は通る)。

4/6  12:33  御剣たち、ナツミと速水に再会。
4/6  12:57  御剣たち、タクシーで一柳邸へ。一柳弓彦を救出し説得するが、逃げられる。
4/6  13:15  御剣たち、ビッグタワー前に戻る。御剣は信楽に携帯電話で状況を報告、信楽は万才を法廷に召喚することにする。
ビッグタワーから一柳弓彦が出てくる(51階倉庫で金庫の中を探して出てきたところ)。弓彦、ゴミ捨て場へ向かい、証拠品を探す。
御剣たちも51階倉庫へ。金庫を調べ、報告書と遺品を回収。
帰る際に、屋上で虎狼死屋左々右エ門と会話。
御剣たち、ビッグタワー前に戻る。水鏡の携帯電話に、黒幕からの電話。御剣が電話に出た直後に、黒幕は速水が誘拐のことを知っていたことから無線を傍受されているかもしれないと感づいて、リモコンで盗聴器のスイッチを切っている(このため、速水は無線の盗聴を行っていたものの、会話の録音に失敗)。この時点で草太はひのまる倉庫に居たため、ひのまるコロシアムの花火の音が電話に入った。
盗聴器発見、御剣は盗聴器の電源を切る(実際は、既に黒幕によってリモコンで電源を切られていた)。速水と再会(少し前に無線の傍受でボルモスの炎を吐く音‥‥ではなく、バルーンのバーナーの音を拾う)。
4/6  13:40  ビッグタワー前の捜査再開。イトノコ、ミリカ、草太と再会。イトノコと美雲は相沢詩紋捜索へ、御剣は地方裁判所第3法廷へ。
4/6  14:16  地方裁判所第3法廷に御剣が駆けつける。更にゴミ捨て場で証拠品を見つけてきた一柳弓彦も合流、相沢詩紋も発見され、美和マリーと一柳万才にトドメを刺す。裁判後、狼が、水鏡と詩紋を王帝君(影武者)殺害の容疑者とする。
相沢詩紋が発見されたひのまる倉庫には、「スヤミン3Z」のカラ瓶も転がっていた。
4/6  14:52  御剣一行、タワー裏・空き地で王帝君(影武者)殺害事件の検証。黒服軍団や、SS-5号事件の資料を持った冥と信楽も合流。
4/6  15:25  御剣一行、タワー前広場で、SS-5号事件を再現し捜査。出生の秘密を知った相沢詩紋は逃亡。
4/6  16:51  相沢詩紋、タワー裏・空き地にて発見。御剣と狼、SS-5号事件の真相について対決。脱獄した鳳院坊了賢が現れ、SS-5号事件真相を語る。それにより、黒幕の正体が判明。鳳院坊了賢、逃亡。
4/6  17:30  タチミ・サーカスで、黒幕を突き詰める。

バルーンアタックは本当に可能なのか?


まず、逆転シリーズのトンデモトリックにツッコミを入れるのは野暮と承知した上での内容であることをお断りしておく。
結論としては、熱気球でピンポイント着陸を狙うことは不可能ではないが、難易度は非常に高い。

熱気球の基礎知識については、以下を参照。
なお、現在の日本においては、熱気球の操作にはライセンスが必要。


Honda|熱気球ホンダグランプリ
http://www.honda.co.jp/balloon/index.html

熱気球に実際に乗っている人のレポートは以下が詳しい。


インフレ (膨らます作業) 
通常4人程度の人数でこの作業は、行う
(中略)
気球には、舵が有りません 全ての 動きは、風任せです
では どうやって方向をコントロールしているかと 言うと 風を利用しているのです
風は 高度により吹いている 方向や早さが異なる特性があり
気球が上昇したり 降下したり あるいは一定の 高度を維持 する事により
進行方向をコントロールしている のです
(中略)
気球のフライトは、ゲームセンターのUFOキャッチャーと同じ方法でしており
上手なかたは 4kmフライトして 目標に10センチ以内に 到達する程

以上の通り、黒幕の気球操作の腕はかなりのものと言えるだろう。
しかしこうなると、それなりの長距離のフライトをしなければ微調整はできない、と言うことであり
現場で偽大統領に銃撃を受けていた黒幕が偽大統領狙って着陸することは不可能に近いということである、
普通に考えれば予め決めていた着陸ポイントに大統領がいてその大統領が銃撃をしたきたから微調整ができずそのまま押し潰してしまった
ということになってしまうだろう…

SS5号事件の謎



茜の年齢について



774 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/02/14(月) 01:44:43 ID:sSl05sxp
ちょっと疑問なんだけど
茜って蘇るのとき2月で高2の16歳だったんだから検事2では19歳じゃないの?

775 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/02/14(月) 12:55:39 ID:+K70E7X6
蘇る逆転で茜とナルホドが出会ったのは2017年の2月22日、
このとき茜は高校2年の16歳。
ということは2月末~4月1日の間に茜の誕生日があるってことだよな。
検事2の第4話で茜と御剣が再会したのは2019年の4月5日・・・
あれ?確かに検事2の時点で19歳じゃないとおかしいね

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 10:56:36 ID:zkktQV/2
 >>774-775
ところが2026年6月には25歳であることから逆算すると
18歳で合っていると思われる

そもそも蘇るで高校二年生と自己紹介しているが、それは
「今年の春に高校二年生になる」という意味だった、
と少々強引だが、自分はそう解釈している
もしそうなら、2017年2月までに16歳になっていることになるので
矛盾が解消される

現に、まだ高校生のくせにカガク捜査官を名乗るなど
茜は早く大人になりたいあまりフライング自己紹介する傾向が見られる
命ほど大切なルミノール試薬に「1-3ほうづきあかね」と名前を書いていることから
蘇るの時点ではまだ高校一年だったという推測が立つ

782 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/02/17(木) 13:13:49 ID:YhU2Vi+K
全部ひらがなで書いてるあたり、小学校に入学した時に手に入れたんじゃないかとも考えられるが

783 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/02/18(金) 00:21:34 ID:LM3CORt/
あれお小遣い貯めて買ったとか言ってなかったけ?
小1で買えるのかな

784 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/02/18(金) 12:48:22 ID:PfeHLVHl
 >>781
なるほど㌧
やっぱり真宵や冥とは学年が1個下ってことでいいんだな

茜がカガク捜査官になりたいと思ったのって、SL-9号事件後だっけ?

消化不良な点


動機と行動が矛盾している人物が何名かいる、本作中では言及されずにいたが明らかにおかしい行動を取っている。
また証拠などの所在が明らかにならないままで終わっている点が多い。

水秤鏡はなぜ誘拐の事実の確認もせずに実際にはイチヤナギを間違えて誘拐してしまった誘拐犯の指示に従い裁判を終わらせようとしたのか?

彼女の立場で考えれば証明が取れるまで誘拐犯の言う事を聞かなくてもいいはずである。
なぜならば、本当には誘拐していないので誘拐の事実自体が確認できないからだ。
声を聞かせてもらう事もシモンが持っている携帯で確認を取る事も不可能、
スタジオに確認を取っていたとしたらニボシ達が探していない筈がない。
本当に誘拐していた黒幕が脅していたとしても、それならば「有罪にしろ」と真逆の要求をするはずである。
彼女は誘拐犯がどうやって誘拐の事実を証明したのか話さなかったが、
誘拐していないのに水秤を騙すほどの相当凄腕の誘拐犯だったか、水秤が我を忘れすぎて妄信してしまったかのどちらかだろう…
しかし前者にしたら、そんな凄腕がどうして標的を間違えたのか?後者だとしたら、あれほど作中では厳格な彼女がどうして猛進してしまったのか、という疑問が残ってしまう…


籠目つばさは本当に一柳万才を殺そうとしていたのか?


これについて登場人物たちは推論だけで言っているが、
籠目つばさが殺意を持っていたとするとおかしな行動が多い。


  • 結局どうやって殺すつもりだった?

結局、彼女は万才をどうやって殺すつもりだったのかわかっていない、
女性が腕力で立ち向かうとは思えないが。
凶器はどんなものを使うつもりだったのだろうか?

  • そもそも殺意があったという証拠は何処にもないのでは?

作中ではミカガミが許されない行為といっている為に「復讐殺人」を連想してしまうが、
彼女には殺人をする必要などない、復讐をしたいならばオークションの存在を世間にばらせば良いだけのはず。


伊丹乙女はどうしてありもしない死体の鑑定書を作ったのか?

理由に対しては一切不明誰も解明しようとはしていない、現在の事件では医師として信用に関わると言っておきながらどうして?
武藤瞳子は脅されたといっているがどうして脅された?

  • 武藤瞳子はどうして伊丹乙女に相談しなかった?
作中では武藤瞳子の鑑定書改ざんは単独犯とされているが、
18年前に自分の祖母が改ざんを行っていて、それが原因で自分にも改ざんをしろと脅されているとしたら他人に何を言われようともまずは本人に確かめるのが筋であろう。
もしも、その事が嘘だった場合ただ自分が重大な犯罪を犯してしまっただけになってしまうのだから…
にもかかわらず、作中では伊丹乙女は現在の事件の改ざんには全く関与していないとしてはいるが、何故相談をしなかった?

証明不足の証拠品の数々


  • 第4話のぬいぐるみ
このぬいぐるみは古く子供用の玩具であるためそこまで長時間録音できるとは思えない(実際、録音の質は悪く誰が言っているのかわからなかった)
つまり、これは被害者が残したものであり相手からうかつな一言を引き出そうとしたと考えるのが妥当
殺そうとする相手にそんなことをして何になる?(しかも、小型のICプレーヤーで済むのにわざわざおもちゃなど使う必要があるか?)
また、このおもちゃの証拠品は「いつ」「どこで」「誰が発言したのか」が全くわからない、作中ではナツミの証言と火傷以外に特定できる根拠は何もなく、またナツミも誰の発言なのか確信を持てなかったもしかしたら事件よりも過去の音声だったとは誰も考えないのだろうか?
実際コレは本物の大統領殺害の証拠品でもあり、火傷を持っていたバンサイがその犯行に加わっていたとして考えると、そのときの音声であったとしても不都合はないのだろう。(ナツミの声を聞いたという証言だけでは「録音」ではなく「再生」であった可能性もある)


ゴミ捨て場から証拠品が見つかったとしてそれ証拠品としての価値があるのか?

通常証拠品はあくまでその事件に関係あるとはっきりしないと証拠品としての価値はない、
万才が捨てた証拠品が見つかってもそれが「事件に関係あるのかどうか」は全くの別問題なのだ
血の跡などの事件と関係を示す痕跡は当然消されているだろうし手袋の跡もそこまでの証拠ともいえない
マリーの弁護人が「誰が捨てたのか解らないゴミ」と言い張ればどうするのだろうか?

籠目つばさを殺害した凶器のオークションハンマーは結局どこに行った?

行方について全くの不明、いったい何処に処分をしたのだろうか?
コレを確保しておかないと、証言に頼りきった御剣の立証ではシモン誘拐のような裏技を使われれば逆転無罪の可能性もあるのでは?

死体の冷凍保存は不可能ではないのか?

死体の死亡推定時刻は腸の温度などではかる
冷凍保存などしてしまえば当然温度が下がり
死亡推定時刻はわからなくなってしまうはずであるではないのか?
少なくとも1日近く冷凍保存されていたのであればその痕跡は必ず死体残っているはずであるだが…


その他


  • 一柳 弓彦を誘拐した男たち二人組はその後どうなった?

その後の様子は不明、
彼らもきちんと逮捕しないとすべての事件が解決したとは言えないのでは?

  • 一柳 弓彦を誘拐した男たち二人組はどうして一柳家にいなかった?

弓彦をシモンと勘違いしているならば救出されたり逃げられない為に見張りを立てる必要があるはず。
彼らはどこに行ったのだろうか?