ビューティフルジョーシリーズ

ビューティフルジョーシリーズ



ビューティフルジョーのディレクター・神谷英樹氏は、巧舟氏と同期であり、逆転裁判3でゴドーの異議ありボイスを担当したという繋がりから、逆転裁判のネタが登場する。

ビューティフルジョー


エンディング近くで流れる、「EV05(告白)」が、逆転裁判の「追憶 ~学級裁判」のアレンジ曲である。
なお、ビューティフルジョーの曲を担当したのは、逆転裁判の作曲担当である杉森雅和氏。逆転裁判の楽曲を聞いた神谷英樹氏が杉森雅和氏をチームに誘った。
(曲名はサウンドトラックから)

ビューティフルジョー2


パッケージイラストには成歩堂と真宵が観客として描かれていたのだが、実際には2人の部分はカットされてしまった。
(ジョー2のパッケージイラスト担当・吉村健一郎氏のtwitterより)

ジョー2のパッケージイラストには映画館の中にナルホド君とまよいちゃんがいます。僕逆転裁判大好きすぎるんで…

トリミングされて切れちゃってますね… すいません画像検索したけど映ってるの見つかんなかった…

ビューティフルジョー スクラッチ!


あるステージの背景に「BOOKS成歩堂」がある。



なお、逆転裁判3攻略本で岩元辰郎氏が天杉希華について「しゃべりながら胸のチャックが降りるという設定を考えていた」ことを明らかにしているが、その後制作されたアニメ版ビューティフルジョーのオリジナルキャラ・スプロケットは、「しゃべりながら胸のチャックが降りる」キャラである。この2つの関連性は不明。



添付ファイル