逆転検事傑作コピペ 集

逆転検事(プロトタイホくん)傑作コピペ



       ● ●
         ・
        ー一




      ●  ●
        ・
       ー―一



    ●    ●

       ・
     ー――一




  ●      ●

      ・

    ー―一―ー



                   iillllii、                     
     ,,,lll,,、         ,lll!l,            ,,,,llli、       
     ll,,,,,!!           ,l゙゜ .゙li、          ,ll,,_,,!        
     .゙゙゙!ii,,       ,,ll゙`  .゙!l,,       ,,,,lllll!゙゙゙゙゙″       
       .'!illll,,     ,,ll゙′   '゙ll,   .,,,,lll゙゙~ ,ll′          
          ll ゙゙ll,,,、 .,,ll゙`      .゙゙l,,.,,,llll゙°  ,l゙`           
        l|  .゚゙゙lllll゙         ゙゙゙゜    .,ll            
        l|                   il`            
        l| .,,,,lllllllllllll,,,,,,_  .,,,lllll゙゙゙゙゙゙゙lllll,,,、 ,l″           
          ll,lll゙゙°    ゙゙゙lllll゙゙`     .゚゙ll,,. ll             
       .,l!°  .,,iiiiiiiii,,    ,,iiillllllii,,   .゙゙lil,            
      ,,!゜   .llllllllllllllll   .lllllllllllllll    ゙ll            
      ll     lllllllllllll!l   .゙!!lll!!!゙゙`    .,il            
      ゙li,      ̄ ̄  ・           ,,ll°            
       .゙゙ll,,      .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,〟    .,,ll゙゜             
        ゙゙lll,,,_    `゙””””゜    ,,ll゙゜              
          ゙゙゙llll,,,,,,,,,,,,     _,,,lll゙°               
               ゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙″      
     うし      ろ  に   ちゅ   う い



       :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       :|:::::::::::, - ,::::::::::::::::::::::|
       :|  .r(;;:: ::)=O::::::::::::::|
     . / ::::u::::r、:ヽ ̄::: ̄::::::\
     0/::: : :し、__)ヽ;)::::  :::: :::::\
   ((l l::  :: ::   :::  ::  ::: :: ::\
  / | |    :::  ::   ::  ::   ::  ::\
/ /⌒ヽ          ::    ::   ::::\
 (⌒( ⌒l


       ○
   ○  ∧     ○
   ハ  /::::'、   ノ:i
   !:::::V:::::::::::ヽ/::::|
   i::::::::::::::::::::::::::::::::j
   ,'⌒`ヽ、::r´ ⌒`;
   | !|||j    !|||j |
   (  ~  -  ~  ',
   ゝ__`ー‐‐'_ノ
   /::::::/ ̄ ̄ヽ::ヽ、
   ,'::::::i      i::/⌒ヽ
   |::::::!      |r´ア j


      ○
   ○  ∧     ○
   ハ  /::::'、   ノ:i
   !:::::V:::::::::::ヽ/::::|
   i::::::::::::::::::::::::::::::::j
   ,'⌒`ヽ、::r´ ⌒`;
   | !|||j    !|||j |
   (  ~  -  ~  ',   ニヤリ
   ゝ__`ー‐‐'_ノ
   /::::::/ ̄ ̄ヽ::ヽ、
   ,'::::::i      i::/⌒ヽ
   |::::::!      |r´  ∃∬二二二二二二二二二二フ

       ○
   ○   ∧     ○
   ハ  /::::'、   ノ:i     ノ
   !:::::V:::::::::::ヽ/::::|    //
   i::::::::::::::::::::::::::::::::j    //
   ,'⌒`ヽ、::r´ ⌒`;   //
   | !|||j    !|||j |   //
   (  ~  -  ~  ',  //
   ゝ__`ー‐‐'_ノ //
   /::::::/ ̄ ̄ヽ::ヽ、//∬
   ,'::::::i      i::/⌒ヽ∂
   |::::::!      |r´  ノ


 ,~´:::::`v
{ 、`,__::_オ'――――――――――――--,
.i:::: ̄,,,.ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~´
|:::::::::::i               ○
|:::::::::::',      ○      /::|
|:::::::::::i        i:::ヽ,   /:::::::'、
|:::::::::::|       !::::::::'y::::::::::::::::::`、__ _
|:::::::::::!       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,`○
:::::::::::::ヽ      ,'⌒`ヽ、::::::::;_::::::::::::::/
\:::::::::::\    / !|||j ヾ ´  `、/´
  \:::::::::::\__ , '" ` ~;,;;,,; !|||j リ
   ヽ:::::::::::::::::(  、ο '''   ̄` i
    ゝ::::::::::::::::ヽ  `‐-‐   ノ
     γ::::::::::::r ` ー--― イヽ
      |::/         i:::::::`、


 ,~´:::::`v
{ 、`,__::_オ'――――――――――――--,
.i::::"",,,.ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~´
|:::::::::::i               ○
|:::::::::::',      ○      /::|
|:::::::::::i        i:::ヽ,   /;::::::'、
|:::::::::::|       !::::::::'y:::::::::::::::::`、_
|:::::::::::!       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: フ○
{::::::::::ヽ      ,':⌒`ヽ、::::::::;_::::::::::::/
';,,:::::::::::\    / !|||j ヾ ´  `、/´
  \:::::::::::\__ , '" ` ~;,;;,,; !|||j :リ
   ヽ:::::::::::::::::( :::、.:ο ''  ̄` i
    ゝ::::::::::::::::ヽ  `‐- ‐   ::ノ
     γ::::::::::::r ` ー--― イヽ
      >::/    _,,,...'"'''ー-、_
      l::;,'    r'.,、',ヽl |`\ヽ`'、:、
     l::/   /,' l:::\.!!l;;;;;;;;;ヽヽ.ヽヽ
     .l:/   ,'.i l |:r'''"´   ".ヽ! .', 、'、 ← >>42
    l:l     ! l .i i. __,,..、  __,,. i.| .| .l |
    |:::: :   ! ', ','、-ti-ヽ ´rti-|l l ,'.,'
 ::: : :|::: ::   : ':,';:',ヽ       l',' / ,'
   ::::::: : : : ::`-、、.   '-'   //ノ
  :: : ::::::: ::  :::: '、  -‐-  ,イ
            _,,!,`:、_.'"' ./,.!i、
          _,/ | -/ i""i゙',~i゙-:| `:、_
       _,,.-‐'゙/ ./i / l:  .l:: ',"l|. ヽ`ー:、__
          ○
     ○ .、. ,':: ', , ○
      ヽ::: ::   ::: ,'     
       i::l:⌒Y::⌒Y
       |:l::●::_::●|
       ヽ:: ::ー- :ノ
        / ゙''―::"ヽ
       /: ./ ̄ ̄ヽ:ヽ 
       l:: | |    :|:: |
       l:: | |    :|:: |
       l:: | |    :|:: |
   ._, /:: | |    :|:: | ..r'.,、',ヽl |`\ヽ`'、:、
    | |/:: /|::|    :|:: /,' l:::\.!!l;;;;;;;;;ヽヽ.ヽヽ
    |/:: / l::|     ,'.i l |:r'''"´   ".ヽ! .', 、'、
  ((_.,ノ . ヽ:', ,__: ..! l .i i. __,,..、  __,,. i.| .| .l |
   |. |   |::::: i i::::::| ! ', ','、-ti-ヽ ´rti-|l l ,'.,'
   |. |   |::::: i i::::::| ..':,';:',ヽ       l',' / ,'
   |. |   |::::: i i::::::|   `-、、.   '-'   //ノ
                 '、  -‐-  ,イ
                _,,!,`:、_.'"' ./,.!i、
              _,/ | -/ i""i゙',~i゙-:| `:、_
           _,,.-‐'゙/ ./i / l:  .l:: ',"l|. ヽ`ー:、__
      _,, .-'''"  ./  ./:l/_ .:l,r'';'-|:. _,',l l  ヽ   `''ー:、_




 ,~´:::::`v
{ 、`,__::_オ'――――――――――――--,
.i::::"",,,.ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~´
|:::::::::::i               ○
|:::::::::::',      ○      /::|
|:::::::::::i        i:::ヽ,   /;::::::'、
|:::::::::::|       !::::::::'y:::::::::::::::::`、_
|:::::::::::!       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: フ○
{::::::::::ヽ      ,':⌒`ヽ、::::::::;_::::::::::::/
';,,:::::::::::\    / !|||j ヾ ´  `、/´
  \:::::::::::\__ , '" ` ~;,;;,,; !|||j :リ
   ヽ:::::::::::::::::( :::、.:ο ''  ̄` i
    ゝ::::::::::::::::ヽ  `‐- ‐   ::ノ
     γ::::::::::::r ` ー--― イヽ
      >::/    ____  
      l::;,'    /     \
     l::/   /  ─    ─\ 
     .l:/  /    (●)  (●) \  
    l:l   |       (__人__)    | ________
    |:::: : \      ` ⌒´   ,/  | |          |
 ::: : :|::: ::  ノ           \ | |          |
    | /´                | |          |
  ::::::: | |    l                | |          |
    ::::ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
    ::::::::ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |


狼子の言葉まとめてみた
狼子、曰く…
“群れを群れたらしめるは法にあり”
“礼を尽くさぬ狼は、親狼に噛まれるべし”
“群には群の規律あり”
“自信は魂なり。自信のない言葉、言霊にあらず”
“水の深きところをさぐれ”
“犯人は必ず現場に戻ってくる!”
“捜査の基本は現場百編”
“月日は刹那にしかず”
“及び腰は真実への道にあらず”
“捜査の道に可能性の文字なし”
“真実を求める者、拒むべからず”
“2匹のコウサギを狩る狼は…”
“罪人、怪しからざる事なし”
“真の友と書いてシンユウと呼ぶ”
“舌の根が乾くまで、論を尽くすべし”
“人体は摩訶不思議。人智を超えた奇跡の源なり”
“何事もすべからく見るべし”
“いいから行ってこいッ!”
“剣を構える者、刃のごとき意思を持つ”
“盾を背負うもの、背後の敵をもひるませる”
“その印をつける者信用するにあたいせず”
“協力とは信じる者同士が行うものなり”
“悪人、地獄へ落ちるは必然なり”
“分をわきまえろ”
“小狼いずくんぞ大狼の憤怒を知らんや”
“人類みな兄弟。仲間とは家族なり”
“固執は悪なり”
“真実は迷路の出口にあらず、迷路の外に輝くものなり”
“理を以って事を成せば万事に異議はあらず”
“アオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンッ!”
“物が証拠と成るには見落としあるべからず”
“人が人を裁くには人が人であるべし”
“ノド笛を狙うなら、先ずその盾を喰らえ”
“新しき春は猛々しく愛でるべし”
“毒蛇は頭から尻尾まで、丸ごと噛み砕け”
“集合時間までは、自由に行動するべし”

IS7号事件の被害者達
氷堂(殺される)
天海(冤罪)
御屋敷(天海の為に犯罪を犯す羽目に)
猿代(親友に裏切られ、肉親に捨てられる)
内藤(狂化猿代に間接的に殺される)
偽大統領(狂化猿代に殺される)
外城殺害計画も猿代が建てたんだっけ?

そして結果的には、この事件の依頼を受けた影響でDL6号事件が発生
DL6号事件の被害者達は
信(殺される)
ハイネ(人生滅茶苦茶)
御剣・マヨイ(肉親を殺される)
ナルホド・信楽(師匠を殺される)
春美・冥(肉親が犯罪者)
千尋・舞子(家族バラバラ・最終的に殺される)
キミ子・ちなみ(家族に捨てられる)
あやめ(家族に捨てられ、母と姉が犯罪者)
オナミダ・勇希・元カレ呑田(狂化ちなみに殺される)
ゴドー(狂化ちなみに殺されかける。過剰防衛気味ではあるが、人を殺す羽目に)
犯罪の片棒を「担がされた」ウメヨも一応被害者?
2-2の医者は…DLなかったらどうなってただろ

IS-7号事件のトータル被害者数:約25人(まだいるかも?)



カンペキではないライバルの例
 狼 士龍(27)
自称エリート国際捜査官。
その実態は推理なき推理を
ふりかざすトンデモ捜査官。

 聞け!これが師父の迷推理だ!
  • 犯罪を撲滅する方法は怪しい奴を片っ端から捕まえることよ(検事第3話)
  • この国には銃刀法があって一般市民は銃を持てない。だから銃をもってる警官が犯人だ!(検事第3話)
  • 女性はいつまでもお姫様ですよ(検事第3話)
  • 誘拐犯の仲間が犯人なのは間違いねぇ。つまりこの女だ!(検事第3話)
  • 凶器をどうやって密輸したかしらないけど両国をまたいで移動できるからアネさんが犯人だ!(検事第5話)
  • 血とか流れてないけど大統領は50階から落ちたんだ!(検事2第5話)
  • 大統領と会った水鏡は1人で出てきた。つまりあの女が大統領を突き落としたんだ!(検事2第5話)
  • 動機とか特にないけど水鏡が殺してシモンが遺体を隠したんだ!(検事2第5話)
  • 大統領は絶対に死んでないんだ!12年前に死んだなんて嘘だ!(検事2第5話)

 狼に対する一般的な評価
御剣「国際警察ナンバー1の男が落ちたものだな」(検事2第5話)
美雲「なによ、ウルフー!」(検事第5話)
糸鋸「あんな狼男の下で働きたくないッス!」(検事第3話)
茜「あなたにお話することはありません!」(検事第3話)
オバチャン「みっちゃんには負けるね」(検事第3話)
シーナ「バカみたいに大きくて優しくて、マヌケな男」(検事第5話)
カーネイジ「君の推理はまったくあてにならない」(検事第5話)
詩紋「キャンキャンうるせえな」(検事2第5話)
水鏡「あの狼男はどんな難癖をつけてくるか分かりませんわ!」(検事2第5話)

これからもこんな師父についていきます


最終話 親父を胸に 
御剣「チクショオオオオ!くらえ内藤!新必殺ロジックチェス!」
内藤「さあ来い御剣イイイ!実はオレは差し入れにノミを入れられただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
内藤「グアアアア!こ このザ・サブリーダーと呼ばれるボディガードの内藤が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
内藤「グアアアア」
マリー「内藤がやられたようだな…」
風見「フフフ…奴は真犯人の中でも最弱…」
万才「検事ごときに負けるとは真犯人の面汚しよ…」
御剣「異議ありィィィ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
御剣「やった…ついに真犯人を倒したぞ…これで黒幕のいるタチミサーカスのテントが開かれる!!」
草太「よく来たな検事御剣…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
御剣「こ…ここがタチミサーカスだったのか…!感じる…黒幕の魔力を…」
草太「御剣よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は俺を捕まえるのに『殺人教唆』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
御剣「な 何だって!?」
草太「そしてシモンくんは睡眠薬が切れたので最寄りの倉庫へ解放しておいた あとは俺を捕まえるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
御剣「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある この私には剥奪された検事バッジがあるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
草太「そうか」
御剣「ウオオオいくぞオオオ!」
草太「さあ来い御剣!」
御剣の勇気が法曹界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!