機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム@Wiki リック・ディアス(赤)

リックディアス(赤)


正式名称:RMS-099 RICK-DIAS 通称:赤ディアス・赤陸
コスト:250 耐久力:480  盾:×  変形:×

最大根性補正 攻撃力: +9% 防御力:補正無し

名称 弾数 威力 備考
射撃1 ビームピストル 8 104 リロード無し
射撃2 クレイバズーカ 15 106
(83,30)
リロード:10秒(撃ち切り)
サブ射撃 ビームピストル 8 【1ヒット】83
【2ヒット】147(83,83)
リロード:4秒 背中のピストルを発射
抜刀時とバズ装備時は2発発射
特殊射撃 持ち替え - 射撃1を持ち替える
リロード:4秒
通常格闘 ビームサーベル - 241
(83,104,124)
ステップ格闘 スライディング→斬り上げ - 164
(83,104)
特殊格闘 抜き胴 - 104
空中格闘 - 83
空中ダッシュ格闘 ジャンプ兜割り - 124
着地格闘 突き→サマソ - 212
(83,83,104)

■機体解説

原作においてエゥーゴの主力となった量産型モビルスーツ。γガンダムという別名を持つほどに良い性能を誇る機体であった。
ディアスの名の由来は、喜望峰を発見したバーソロミュー(もしくはバルトロメウ)・ディアスより。クワトロによって命名された(小説版)。

原作初期のクワトロ専用色だった名残か、赤ディアスのよろけ時間・落下速度などは他のシャア専用機に準ずる。
なお、機体色に赤要素が含まれていない為か、クワトロ専用機である百式にはシャア専用属性が無い。

優秀なステップ性能が目を引くが、それ以外の機動力にも恵まれており、ことに空中ダッシュ速度は非可変310にも引けを取らない。
上昇速度・離陸速度は全機体トップレベルで、着地硬直は一番少ないとなど細かな点で優遇されている。
ただし再浮上やブースト量は微妙なので、攻めるには瞬発力を活かすべく予め距離を詰めたいところ。

武装に関しては、味方との連携重視、そして何よりその弾数が魅力的なビームピストルと、
そしてとにかく強引にダウンを奪って戦局を有利に展開させる強みをもったクレイバズーカの二種類を持つ。
どちらも強力な武器であるが、稼働初期にはタイマンに強いという長所をより活かすという点でクレイバズーカがよく選ばれる傾向があった。

ちなみに 赤ディアスの鹵獲カラーは灰色 。機体選択画面にコスト表示の無い通信対戦では、他に黒ディアスと見分ける材料が無いので注意。

コスト310機体と組む場合、310+275コンビに比べて残コスト補正のかかりが弱い。
全機1落ち時と仮定すると、攻撃防御差し引き8%のハンデを背負うことになる。
体力が比較的低めなのに加え、根性防御補正の存在しないリックディアスの耐久力は予想以上に低いと思っておくべきだろう。

■武装解説


《メイン射撃1》ビームピストル

立ち 持ち替え
発生/硬直 17fr/70fr 26fr/79fr

立ち 持ち替え
リロード硬直 27fr 27fr

リロードの仕様が特徴的なBR。以下、BPと表記。
BPは二本装備しているが二丁拳銃では無く一丁のみを右手に持ち、もう一丁は背中に収納している。
弾数はそれぞれ8発ずつで、背中に収納したサブ射側のみリロードされる。背中のBPはサブ射で発射する。
特射(射撃+ブースト)で手に持ったBPと背中のBPを持ち替える。

硬直こそ短いが威力・発生など性能は平均的。射角は広いが銃口補正が弱いので接射には不向き。
ビームが細く当たり判定が小さい上に誘導も弱めなので遠距離で垂れ流すだけでは当たらない。

特筆すべきはリロードの早さで、なんと一発わずか4秒。普通のBRの半分である。
Mk-II等のリロードと違いステップ中でも可能(空中は不可)なため、持ち替えられず難儀する事も少ない。
弾数の確認さえ怠らなければ持ち替えによる恩恵は大きい。
持ち替えるタイミングは、基本的に『手持ちライフル弾数<背面ライフル弾数』となったらいつでもいいだろう。
メイン射撃の手持ちライフルはリロードされないので、コマメにリロードした方が効率的。
とは言え、安全で他にやるべきことが無い時に持ち替えるのが何よりも重要である。
ガンダムMk-IIの様なリロードキャンセルには対応していないが、元々の硬直が小さいため問題ない。

曲者揃いの250の中にあって、機動性に優れる上に射撃武器も癖が無く、扱いやすい良機体である。
しかし、幾ら性能が良いといえども流石にコスト310あたりと比べると比べればタイマン力は落ちる。
赤ディアス前衛で攻めて先落ちしては目も当てられないので、相方310との連携狙いや硬直取りなどが主な仕事となる。
単発ビームの特徴を生かし、ここぞという時のクロスやズンダをしっかり決めよう。
リロードの早さも相まって、2on2ではBZ以上の火力・爆発力を期待できる。

《メイン射撃2》クレイバズーカ

立ち 持ち替え
発生/硬直 17fr/91fr 27fr/101fr

バズーカ弾を一発撃つ。名前こそ同じものの、百式のものとは全く性能が異なる。
バズ系としては異例な程に発生が早く、他機体のバズと同じく射角・銃口補正が優秀。
赤ディアス自体の機動性も手伝い、接射が非常に強力。
普通の接射はもちろん変形飛行中の敵機を落とすこともできる。
ビームよりは弾速が遅いが、誘導は良いので中距離での硬直狙いも何とかこなせる。

このように非常に使い勝手が良いのだが、硬直だけは長い。
地上で振り向き撃ちなどをしようものならば、怒涛の攻撃を喰らってしまうだろう。
また空中ではバズーカの硬直を誤魔化すのも大変なので、そうそう何発も撃てない。必殺必中を心がけよう。

弾速が遅い&射撃硬直が長く連射性能が悪いので、中距離以上でのカット力が弱め。
クロスやズンダなどの一発逆転できる攻撃もないので、一気に相方が畳みかけられる展開になるとキツイ。
相手チームが310&ギャプラン・アッシマーの場合、2対2で戦うと機動性とダメージ効率の面でどうしても相手に分ができてしまうので、待ち気味に立ち回るのは考えもの。
むしろ距離を詰め粘着気味に動き、コンスタントに相手のダウン&ダメージを奪う事を心がけよう。
常にこちらに有利な状況を作り、相手の連携を機能させないようにするのが赤ディアスの仕事だ。

余談だが、ステップしながら振り向き撃ちをしてもドムのように滑ったりはしない。
その為、ドムでは有効だったテクニック「振り向き前ステバズ」はあまり機能しない。残念。

タイマン

BZ装備はBP装備に比べると、接射性能が段違いに高くタイマン能力が大幅に向上している。
275に接近できれば、完封することすら容易いだろう。
しかし310とのタイマンでは、先当て出来なかった場合、バズーカの射撃硬直を狙われ不利。
シャゲ等に絡まれたら待ち気味に立ち回り、相手が攻め気をなくしたら粘着する方が無難。

自爆攻撃

空中からの自爆バズは当てやすく使いやすい。
逃げ腰の敵にこれで粘着出来ると強い。
地上での自爆バズは普通に撃つより硬直が短くなるので非常に有効。
しかし、簡単に自爆出来たドムに比べると狙って自爆するのは難しい。
地上自爆出来たらラッキー程度に考えておくべきか。

起き攻め

空中から被せて接射、地上から進行方向を読んでステップバズの二種類の起き攻めが使える。
どちらも迎撃されにくく当てやすい。

《サブ射撃》ビームピストル(背面撃ち)

立ち
発生/硬直 23fr/69fr

メイン射撃のビームピストルと違い、背中に装備したビームピストルから後方にビームを放つ。
射角は後ろ~真上に向かって100°程で前方・下方には撃てず、後ろを向いた状態での左右の射角も狭い。

使い道として真っ先に思いつくのが振り向き撃ち代わりだが、これに限定すると使用機会は結構少ない。
ゾックのサブ射のように対空にも使えそうだが、発生が遅く誘導も普通レベルのため当て辛い。
砲身振りが可能(もちろん後ろ向き)で、角度を問わず歩きキャンセル可能なため使いやすい。後ろ向きゆえ砲身を振る方向が逆になるので注意。

メイン武装がクレイバズーカの場合、二本のビームを同時に撃つ。バズーカ選択時は納刀/抜刀に関わらず二本発射。
メインがビームピストルの場合、納刀状態時は背中側のピストル(チャージ中)を一本発射。抜刀状態ではバズ選択時と同じく二本発射する。
二本ヒット時のダメージは高く、チャンスがあれば積極的に狙って行きたいところ。
バズーカ装備ならば背面から攻められたときでも、高威力のサブ射の存在を意識させられるので多少は狩られにくい。
どうでも良いことだが、BP装備で納刀状態でも弾数が2発以上ないと発射できない。

■格闘 ビームサーベル


《通常格闘》

状態 密着 近距離
納刀/抜刀 納刀/抜刀
発生速度 28fr/11fr 44fr/28fr

袈裟切り→タックル→斬り上げの3段。
斬り終えるのが早めだが、踏み込みと抜刀モーションが遅いため当てるのは困難。

《ステップ格闘》

状態 密着 近距離
納刀/抜刀 納刀/抜刀
発生速度 27fr/10fr 36fr/26fr

スライディング→回転斬り上げ。初段がスライディングだが抜刀不要では無い。
何気に抜刀状態では発生が早いため対空等に使えそうだが、抜刀状態で対空という機会が無い罠。

《特殊格闘》

状態 密着 近距離
納刀/抜刀 納刀/抜刀
発生速度 41fr/24fr 44fr/27fr

一瞬溜めたのち、抜き胴一閃。攻撃判定出っ放しで突進する。
百式ステ格の一段止めといった風情で突進速度も速いが、肝心の発生が遅く使えない。
ヒット後に長い距離を滑走するので誘導範囲が凄く広い様に見えるが、あくまで演出なので実際は通格程度。

《空中格闘》

状態 密着 近距離
納刀/抜刀 納刀/抜刀
発生速度 26fr/7fr 36fr/20fr

斬り上げ気味に横薙ぎ。
そこそこ誘導するが発生遅めで、特に多用する事も無い。
着格が滅法減るので、空対地で当たればリターンはデカい。

《空中ダッシュ格闘》

状態 密着 近距離 中距離
納刀/抜刀 納刀/抜刀 納刀/抜刀
発生速度 32fr/20fr 37fr/28fr 53fr/44fr

大きく飛び上がって兜割り。飛び上がる高さは目標からの水平距離に比例する。
この手の格闘としては誘導精度がマトモな方だが、左右への誘導が微妙に弱いのがネック。
敵機の着地際を狙い、上下運動で迎撃を回避しながらの奇襲に使えない事も無いが、基本バクチ技。

《着地格闘》

状態 密着
納刀/抜刀
発生速度 26fr/9fr

突き→前蹴り→サマソの3段。
全然踏み込まないが発生が早い。2段目以降のリーチが短いため、空格が極端に浅く入った場合に途中からスカる事があるが、滅多に無いので気にしない。
ダメージがかなり高めで隙も割と小さく、着格にしては利用価値が高い。
2段目のリーチが短いせいで空対空の空格などから着格拾いというのは無理。

コンボ

  • 空中ビーム→ビーム [185]
    ズンダ。赤ディアスは機動性が良いのでズンダやクロスは狙いやすい。
  • (対空)空中ビーム→ビーム(追い打ち) [144]
  • (対空)空中バズーカ→バズーカ(追い打ち) [131]
    バズズンダ。追い打ちは余計に硬直を生むのでトドメを刺せるとき以外は封印。
  • 空中格闘→ビーム [164]
  • (対空)空中格闘→ビーム(追い打ち) [123]
  • 空中格闘→バズーカ [165]
  • (対空)空中格闘→バズーカ(追い打ち) [115]
  • 空中格闘→着地格闘 [230]
    短時間でかなり減るが、空格を当てること自体が難しい。
  • (対空)空中格闘→着地格闘一段追い打ち [115]
  • (対空)空中格闘→着地格闘二段目追い打ち [172]
  • (BP納刀時)小ジャンプサブ射撃→サブ射撃 [147]
    背面ズンダだが、確定しないネタ技。抜刀orバズ装備時は超威力に。
  • (BP抜刀時orBZ装備時)小ジャンプサブ射撃→サブ射撃 [223]

■機動性能


空中D速度 速め シャゲよりも遅いが、ガンダムと同等、百式より上
空中D軌道(軌道の水平さ 平均の少し上 シャゲと同等
ブースト上昇性能 最高レベル 全機体中三番目でシャゲの次に良い
再上昇性能 普通 ガブスレイより少し悪い
離陸速度 最高レベル 百式と同等で、シャゲよりも少しだけ良い
ブースト持続時間 普通 シャゲ・百式より良い
歩き速度 普通 シャゲ・百式より遅い
着地硬直 最高 全機体中一番短い
下降速度 他機体の1.15倍速い シャア専用機属性
喰らい硬直 よろけ時間が短い シャア専用機属性

機動面は310機体と比べても遜色ないほど高性能。
特にブースト上昇性能、離陸速度、着地硬直は全機体最高クラス。
再上昇性能だけはあまり良くないので、ふわふわには向かず、バズ装備での空中バズ→再上昇がやりにくいのは頭が痛い所。
歩き速度も並で、地上バズの硬直を誤魔化しにくいのは地味に辛い。

■相方機


  • ガンダム
守っている分には硬いが、非可変機同士のチームということもあって攻めにくさが目立つ。
放置がキツいためクレイバズーカが有力か。

  • シャアゲルググ
非可変機同士のチームでは最高クラスのスピードを誇る。
ビームピストル、クレイバズーカどちらでも良い。攻めの上手いシャゲが相方ならピストルでクロスを取りに行くとダメージが稼げるだろう。

  • ガブスレイ
貧弱な火力を補うためビームピストルが有効。クレイバズーカも悪くはない。
一発4秒リロードのピストルでもってガブスレイの強力な中距離射撃を補佐出来ると、ガブスレイは動きやすくなる。
クロス完備で火力もそこそこ。

  • アッシマー
一押し。武装はクレイバズーカだろう。スピードに優れるリックディアスはアッシマーを守りやすい。
お互いがダウンを取れるので起き攻めも仕掛けやすい。しかしコスト的に残コスト補正のかかりが弱く、さらに根性防御補正のかからないリックディアスは後半紙くずとなるので注意。