機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム@Wiki マラサイ

マラサイ

正式名称:RMS-108 MARASAI 通称:マラ
コスト:225 耐久力:480  盾:×  変形:×
最大根性補正 攻撃力: +9% 防御力:補正無し

名称 弾数 威力 備考
射撃 ビームライフル 30 91
(33*2, 33)
リロード:3秒(1発) 3発発射
2ヒットよろけ MG系
サブ射撃 バルカン 40 35
(7*5)
リロード:6秒(撃ち切り) 二発ずつ発射 
10ヒットよろけ
通常格闘 ビームサーベル - 164
(83,104)
ステップ格闘 タックル→斬り - 164
(83,104)
特殊格闘 - 164
(83,104)
2段目終了後は後ろ向きになる
空中格闘 - 83
空中ダッシュ格闘 ショルダータックル - 104
着地格闘 - 83



■機体解説

ハイザックをベースに開発されたティターンズの量産MS。
マラサイのビームライフルはマシンガンの様な連射よろけ仕様となっている。その特徴ゆえ、以下BMG(ビームマシンガン)と表記する。

機動性は310機体と遜色ないレベルだが、それだけの機体。MG機体の宿命か自衛・カット能力に乏しく
空中D格を除いて一発ダウンを取れる武器も無いため、チームとしてペースを握りづらいのが悩みどころ。

■武装解説

《メイン射撃》ビームライフル(ビームマシンガン)

立ち 持ち替え
発生/硬直 【1発止め】17fr/51fr
【2発止め】-fr/18fr+45fr
【3発出し切り】-fr/29fr+45fr
【1発止め】28fr/62fr
【2発止め】-fr/18fr+56fr
【3発出し切り】-fr/29fr+56fr
メタスのビームガンの様な弾を3連射する。1~3発で調節可能で、2ヒットでヨロけを誘発する。
一応ビーム兵器だが射角は狭く、弾速はMGの様にユルい上に集弾率の低い2発ヨロけ仕様のため、硬直取りや接近戦には向かない。
時間あたりのダメージ効率は高いため、中距離から攻め込んでMGよろけ→空D格→追い打ち等で一気にダメージを奪う事も可能だが、
一旦守勢に入ると2発よろけゆえに防衛能力の低さがモロに出てしまう。MG系共通の振り向き着キャンに対応していないのも辛いところ。
ビーム兵器のリロード仕様ゆえバラ撒く事すらままならない。
3発1セットとして使うと実質弾数10発/リロード9秒という弾切れの早さは致命的。
弾数の節約には距離を詰めて確実に当てに行くのが基本だが2発よろけゆえ、相手にもよるが真っ向勝負は無謀。
幸いにもマラサイは高機動なので、軸合わせからフルヒットを狙う・決め手は無くとも上は取っておく、など自分のペースを保ちたい。

相方のズンダや格闘中にBMGを合わせるとヒット補正が掛からないため大ダメージを奪える(いわゆるFS)。
MG系共通のテクニックだが、マラサイのそれはダメージ効率に特に優れるので、相方バウンドドックの地対地ゼロ距離射撃連携に上手く合わせれば凄まじいダメージを叩き出す事も。
正直タイマンでは弱い武装なのでFS連携は魅力的だが、相方からするとFS狙うヒマあったら敵のダウン取ってくれ、という状況が多々ある。

どうにも使い辛い武装だが、強いて言えば連ジ時代のシャザクMGから火力と弾幕を差し引いた感じだろうか。

意外にも納刀着キャンに対応している。
この機体だけは 射角内 で行わないと成立せず、振り向き撃ちだとBMGが暴発するので注意。
他機体に比べ軽減効果がイマイチで、放置されやすい機体ゆえ出番は少ない。


【小ネタ】

バウンド・ドックの様な 連続ステキャンが可能 。方法は同じく、サーチ抜刀⇔サーチ納刀の繰り返し。
ただしマラサイのそれはMG属性が絡むため特殊で、 17fr以内に射撃→抜刀→射撃まで入力するとBMGが暴発してしまう
操作に慣れは必要だがステップ性能そのものは優秀なので、主にロングステップで使っていけば問題は無いだろう。
問題は放置されやすいマラサイにステキャンの出番があるかという事。単に距離を詰めるならば飛んだ方が速い。

《サブ射撃》バルカン

立ち
発生/硬直 11fr/19fr
普通の二連バルカン。10ヒット(実質5ヒット)でよろけ。

ほとんど使わない。性能は悪くないがMGにバルカンでは食い合わせが悪すぎる。
メインの弾数が少なすぎるためアラート鳴らしにでも。

■格闘 ビームサーベル

《通常格闘》

状態 密着 近距離
納刀/抜刀 納刀/抜刀
発生速度 22fr/9fr 39fr/28fr
豪快な振りで横薙ぎ二段。
発生・踏み込みともに標準的な性能。威力が微妙なので使わない。

《ステップ格闘》

状態 密着 近距離
納刀/抜刀 納刀/抜刀
発生速度 26fr/15fr 26fr/16fr
ショルダータックル→斬り上げの二段。抜刀が必要だが意外と使える。納刀時はタックル直前に抜刀する。
あまり伸びないが異常な踏み込み速度を誇り、誘導範囲内であれば距離が意味を成さないほど。
前述のステキャンでこっそり抜刀して発生を補えば充分狙えるが、2段目が軸ズレしやすいのが玉にキズ。

《特殊格闘》

状態 密着
納刀/抜刀
発生速度 30fr/19fr
胴一閃の回転斬り→そのまま流れる様に背を向け自らの脇の下を通してサーベルで一突き。
発生は早くも無く踏み込みも短い。1段目だけが広範囲を巻き込むため2段目がスカる事も。
一段止め不可で、動作終了後は後ろ向きになる。硬直大。空格が入れば確定し大ダメージを奪えるコンボ専用技。
何より見た目のカッコよさが魅力。BMGに繋いでも反確、着格は減らないので、状況次第では出し切るのも手。

《空中格闘》

状態 密着 近距離
納刀/抜刀 納刀/抜刀
発生速度 21fr/10fr 29fr/17fr
よくある袈裟切りタイプだが、攻撃判定が下に寄っている。
発生早めで突進速度に優れるが、とにかく水平方向に伸びない。上下にはそれなりだが攻撃判定が下に偏っているせいで上昇中の相手をねらってもスカる事が多い。しかし真下に当たるというのは高ポイント。
地上にいる相手に当て、大ダメージが期待できる特格につなごう。

《空中ダッシュ格闘》

状態 密着 近距離 中距離
発生速度 9fr 16fr 32fr
接近してからショルダータックル。抜刀不要。立ち回りのカギとなる単発ダウン長射程格闘。
ネモや陸ガンのように攻撃判定出っ放しで突進するタイプではないが、それでも発生は早い部類。
伸びが良く上下への誘導も優秀で扱いやすいが、伸び(格闘誘導範囲)の部分はあまり信用してはいけない。
”ホーミングで接近→攻撃判定発生→判定消滅→硬直中だが慣性は働く”というプロセスを踏むため、格闘誘導範囲ギリギリで出すと相手に届く前に攻撃判定が終わってしまい、慣性移動の部分だけを相手に晒す事になってしまう。
実はキック系を除く大抵の空D格は同じプロセスを踏んでいるのだが、マラサイのそれは特に攻撃判定持続が短く慣性移動は長いので、攻撃判定消滅後の慣性移動で相手を押すだけという結果に陥りがち。
無防備での突進は言うまでも無く危険なので、発生の早さを活かした近距離(先出し含む)での使用を心掛けよう。当たる距離が把握できるならば貴重なカット要員にもなってくれる。
スカってもモーション中に着地すれば抜刀/納刀着キャンが可能。SDKに使う場合は低空で出すこと。

《着地格闘》

状態 密着
納刀/抜刀
発生速度 25fr/14fr
捻りを加えてサーベルで昇竜拳。そこそこ伸びて発生もマトモなため陸ガンのアレとは違い実用になるが、特格にダメージで劣る。
しかし着格のモーションは意外と早いためカットされづらいというメリットがある。状況次第で使い分けたい。
空格→BMGは一見すると安定コンボだが、コンボ中にBMGを当ててもヨロけないため相手の方が先に動けてしまう。
相手MSによってはシャレにならない程の痛い反撃をしてくるので、ゆめゆめ忘れぬように。

着地硬直フレーム

着地方法 着地硬直 軽減フレーム
生着地 25fr -fr
着地抜刀 19fr~ ~6fr
納刀 20fr~ ~5fr

■攻略

BRとMGの欠点だけを合わせようなメイン射撃・BMGの性能が足を引っ張る。カット・盾・ゴリ押し、すべてが厳しい機体。
相方と離れていてはBMGもタックルも機能しない。しかし大抵の相方となるバウンド・ドック共々脆く事故に弱いため、
いっそ速攻から一方的な展開を作りたい。無理は承知だが、唯一の取りえである瞬間火力を活かさないと勝ちが見えない。

コンボ

  • 空中格闘→着地格闘 [147]
  • 空中格闘→特殊格闘 [212]
    終了後の隙はともかく、意外と途中でカットされ辛い。
  • (対空)空格→BMG1発追い打ち [95]
    追い打ちBMGは一発12ダメ。弾数を考えると微妙なところ。
  • (対空)空格→BMG2発追い打ち [107]
  • (対空)空格→BMG3発追い打ち [119]
  • (対空)空格→着格一段目追い打ち [115]
  • (対空)空格→特格一段目追い打ち [115]
  • (対空)空格→特格(二段目追い打ち) [179]
  • 空D格→BMG1発追い打ち [116]
  • 空D格→BMG2発追い打ち [128]
  • 空D格→BMG3発追い打ち [140]
  • 空D格→着格or特格1段追い打ち [136]
  • (状況限定)空D格→着格 [168]
  • (抜刀時限定・状況限定)空D格→特格 [251]
  • (抜刀時限定・状況限定)空D格→特格(二段目追い打ち) [200]

マシンガンダメージ表

火力高めで機体も軽いが、やはり弾数が追いつかない。
  • BMG1発 [33]
  • BMG2発 [66]
  • BMG3発 [91]
  • 空中BMG2発→BMG1発 [91]
  • 空中BMG2発→BMG2発 [116]
  • 空中BMG2発→BMG3発 [141]
  • 空中BMG3発→BMG1発 [116]
  • 空中BMG3発→BMG2発 [141]
  • 空中BMG3発→BMG3発 [166]

  • BMG2発→BMG1発追い打ち [78]
  • BMG2発→BMG2発追い打ち [91]
  • BMG2発→BMG3発追い打ち [104]
  • BMG3発→BMG1発追い打ち [103]
  • BMG3発→BMG2発追い打ち [116]
  • BMG3発→BMG3発追い打ち [129]

  • 空中BMG2発→空格→着格 [181]
  • 空中BMG2発→空格→特格 [213]
  • 空中BMG2発→空D格→着格一段追い打ち [172]
    そこそこのダメージ+ダウンを取れるのはおいしいが、普通のMGと比べヒット確認が難しい。
  • 空中BMG2発→空D格→BMG1発追い打ち [157]
  • 空中BMG2発→空D格→BMG2発追い打ち [167]
  • 空中BMG2発→空D格→BMG3発追い打ち [177]

  • 空中BMG3発→空格→着格 [226]
  • 空中BMG3発→空格→特格 [238]
  • 空中BMG3発→空D格→着格一段追い打ち [197]
  • 空中BMG3発→空D格→BMG1発追い打ち [182]
  • 空中BMG3発→空D格→BMG2発追い打ち [192]
  • 空中BMG3発→空D格→BMG3発追い打ち [202]