機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム@Wiki 小ジャンプズンダ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【小ジャンプズンダ】
小ジャンプズンダとは、
『地上からビームを発射すると同時(あるいはその前後)に小ジャンプを行い、
ズンダが可能なタイミングで着地し、ズンダビーム(ズンダ格闘)を行う』事である。
連邦vs.ジオンではよく知られた技術であったがエゥーゴvs.ティターンズ以降、
その重要性が低下した為あまり用いられなくなった。

小ジャンプズンダの成功は、ズンダ攻撃が確定することを保障しない。
ただ小ジャンプズンダをするだけでは、一射目がヒットしても二射目がヒットするとは限らない。

小ジャンプズンダは、最速入力に近いズンダでなければ確定しない。
また、小ジャンプ中に前入力を行うと少しでも敵機に近づくことになり、ズンダが確定ヒットする可能性は上がる。
レバーニュートラル、後ろ入力でも小ジャンプズンダを行うことは可能だが、確定でヒットする可能性は下がる。


【補足と落書き】

小ジャンプズンダの敵機にヒットするビーム間隔は、
『敵機に到達したビームの間隔』=『自機の一射目と二射目の発射間隔』-『ジャンプした距離/ビームの速度』
で与えられる。(通常のズンダとは異なる)
後ろジャンプではジャンプした距離はマイナスの値になる。