機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム@Wiki 切断

【切断】
切断とはネットワーク対戦において、回線が切断されることを俗に切断と言う。
このゲームの用語ではないが、連ジDXからガンダムVS.Ζガンダムまで通信を装備していたので深い関わりはある。
一口に切断と言っても種類は様々で、故意にケーブルを抜いて切断するものから通信不良によるもの
果てまたゲーム機本体の電源を切って切断というものまである。
切断をするとゲーム画面が一時的にフリーズし、対戦中の場合はロビーなどに戻されてしまうのだが、このフリーズしている時間がそれなりに長く
さらに再び対戦予約をしなければいけないなどプレイのテンポが悪くなる原因になる。
捨てゲーの時も切断される事が多く、テンポが悪くなるのと合わせてよくない行為である。
ただし中には急な回線不良による事故的な切断で落ちてしまうことがあるので、切断=わざと回線を切ったとは決め付けないように。

なお、通信は回線の速度より回線の安定性が高い方が回線不良による切断が少なくなるため、回線速度が速ければ落ちないという訳ではない。
しかしあくまで「回線は早くなく、遅くても大丈夫である」という事を言っているだけで、回線が早い方が安定感もあるだろうから早いに越した事はないと思われる。

余談だがゲーセンでも筐体に大きな衝撃を与える事によって稀に通信エラーを起こす事が出来る。
切断行為・・・ってよりは既に筐体の破壊行為に近いので、警察に通報されても良いという人はそれで無効試合を作ってみよう。