※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

vol.2では左腕の拘束が解かれる。
封印が解かれた左腕には継ぎ接ぎがあり肩からはAIDAの腕が生えている。

その正体は……彼こそが真の三爪痕だった。

志乃をキルしたのも、榊にAIDAを渡し謀反を唆したのもオーヴァン。
右手の逢魔ヶ刻、左手の剣、肩のAIDAの腕を同時に駆使する事によって傷痕(サイン)を刻む。

さまざまな「隣人」と呼ばれる無印コルベニクのシーカーのような球体を出し、
回復させたり障壁を出させたり攻撃させたりする。

ハセヲがコルベニクを倒した際に「俺の望む死ではない」と言い残し消滅…したかに思えたが
ED2で再び姿を現し、「もっと強くなれ……」とささやく。
オーヴァンはハセヲを『強く』するためにいままで暗躍していたのである。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー