※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今期最後のコラムは、前回に引き続き、80年代ゲームセンターです。

ガストノッチな気分で読んでください!
前回が①~⑤なので⑥からスタートします。

【心に残る愛しきゲーム達(80年代ゲームセンター②)】

⑥スペースハリアー(セガ)
超能力ブームの影響かどうかはアレですが、超能力を持った主人公が
異郷の星で、敵をガンガン撃つ3Dシューティングゲームで、アウトランと同様に
レバーの動きにあわせて筐体もガンガン動きます。
多分、当時流行っていたガンダムの影響もあり、ドムもどきがジェットストリーム
アタックをかけてきます。
とにかく、スピード感が秀逸で、うまくなると、ニュータイプになった気分を
味わえます。
サウンドについてもアウトランと同様に素晴らしく、これもCDで
改めて購入しちゃいました。

⑦ファンタジーゾーン(セガ)
横スクロールのシューティングゲームですが、自機にあわせ右にも左にも
スクロールします。
敵や敵の家(?)みたいなのを壊すとお金が出てきて集め、ショップで
改造パーツを買うというシステムが売りでした。(自機もお金で買います。)
人気が高いゲームで、ファミコンをはじめ色々なハードに移植されました。
その中でも、セガマークⅢ版ではオリジナルボスとして、ゲーム界で
一番長い(と思われる)名前のボス
”ウルトラスーパービッグマキシムグレートストロングトット”がいましたヨ。
当時、エレクトーンを習っていた私は、1面の曲を耳コピーして弾ける様に
なりました。
家に楽器があって、1面の曲を覚えている人は弾いてみよう!
♪ミ~レ~ドソラドミミレレド♪ です。

⑧魔界村(カプコン)
これも未だに大好きなゲームですね。
パンツ一丁の上に鎧という、地球に優しくない格好の主人公アーサーを操って
悪魔にとらわれた姫を救い出す横スクロールアクションゲームです。
手に持った武器を投げつけ、ゾンビやレッドアーリマーという悪魔達を
倒して、大魔王サタンのところまで行って倒すと、「ワシはニセモノだ!」的な
ことを言われて、難易度が上がった2週目も強制スタートさせられます。
当時100円で2週目までクリアできることがある種ステータスでした。
これも、人気のあるシリーズで、魔界村~大魔界村~超魔界村ときて
最近 ”極魔界村” というのが出たようです。

⑨グラディウス(コナミ)
横スクロール方シューティングゲームで、決まった敵を倒すと、カプセルが出て
それを取ると数に応じたパワーアップができるのが売りでした。
このゲームをはじめてゲームセンターで見たときには、”ナンテ美しいのだろう”と
感動しました。特に4つオプションをつけた状態での青く輝く長いレーザーの美しさと
破壊力は病み付きですね。当然ファミコン版も買いましたが、スペックの関係で
オプションは2個まで、レーザーは爪楊枝みたいに細切れで多少ガッカリしましたが
ゲーム内容が面白いので、やりこみましたね~。
コナミコマンド”上上下下右左右左AB”を有名にしたゲームでもあります。

⑩ガントレット
これは結構マニアックなのですが、たしかアタリ社からでていたアクションゲームで
上から見下ろしたダンジョンの中を、剣士、狩人、魔法使い、女戦士?の最大4人で
進んでいくアクションゲームです。
この4人でできるのが当時画期的で、日々ゲーム仲間と興じました。
最近、プレステ2のアタリコレクションに収録されている模様なので、
持っている人がいたら貸して下さい!

その他、ゲームセンターには軽食もあって、ものすごく熱いハンバーガーや
プラスチックのフォークで食べるカップスター、
17アイス(ラムレーズンが好きだったなぁ)
なんかもありましたね。

そんなゲーセンが今でもあるのか分かりませんが、前回今回紹介したゲームが
稼働しているところを知っている人がいたら教えてください。

ではまた。