※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【心に残る愛しきゲーム達(80年代ゲームセンター)】

連絡ページに、これまでのコラムを載せており、面白かったコラムに投票してもらっています。
その結果を見ると、第2回のドルアーガとナムコ編が好評のようで、
どうやら、80年代モノが皆さん興味があると(勝手に)判断し、今回は
当時のゲームセンターの話を書いてみたいと思います。

~80年代のゲームセンター~

第2回でも書きましたが、80年代私は小~中学生で
(本当はバレると補導されるのですが)よくゲームセンターに行っていました。
家の近くに、本屋&ボーリング&ビデオレンタル&ゲームセンターの店があり、
そこが私のホームグラウンドでした。
ドルアーガの塔をはじめ、ナムコフリークの私は、ナムコのゲームを中心に
色々なゲームをやっていました。その中でも憶えているものを、
何となく書きましょう。

①ギャプラス(ナムコ)
 ギャラクシアン、ギャラガから続くシューティングゲームの第3段。
 色々なパーツがあるのですが、ボスが持っている赤いパーツを入手すると、
 網みたいなビームが出て、敵を味方にでき、自機の横に合体します。
 (あまり欲張ると、左右に動けなくなるジレンマがあります。)
 また、10面ごとに敵種族が変わるのですが、敵のスピードがハンパではなく、
 食堂のおばちゃんが、定食を出すスピードより10,000倍くらい
 速かったのを憶えています。


②ドラゴンバスター(ナムコ)
 ドラゴンにさらわれた姫を、主人公が助けるため、剣とファイアボールを
 駆使して戦うアクションゲーム。
 各面には、山や塔といったステージがあり、自分で進路を決めて、ドラゴン山に
 向かいます。
 兜割り(ジャンプ+レバー下+剣ボタン)がカッコよく、
 調子にのって連発していると
 ウィザードの魔法の剣に空中コンボを決められ、昇天することもしばしば・・。
 また、扉を見つけても、入らないでいると、ケーブシャークという、
 ツチノコ(?)みたいな 恐ろしい敵が追いかけてきます。
 ドルアーガほどではないのですが、このゲームも時々やりたくなります。

③ゼビウス(ナムコ)
 一世風靡した、縦スクロールシューティングゲーム。
 人気がありすぎて、長い間設置されたせいか、モニターに”XEVIOUS”という
 文字が焼きついている筐体がありました。
 ゼビウスのレコードも発売されており、ナムコバカの私は当然買っちゃいました。
 その中で、ゼビウス専用の言語(ゼビ語)の歌詞が出てくるのですが、
 一部紹介しましょう。
 (まさか紹介する機会がくるとは。うれしい限りです。)

 ガストノッチ:絶好調
 グワッシャ:発進
 リーベルタ ナプルーサ バキュラ:バキュラ接近中

 是非皆さんも、ご家庭、職場で流行らせてください。

④ファイナルラップ(ナムコ)
 ナムコの車のゲームといえば、ラリーXやポールポジションがありますが、
 ファイナルラップはポールポジションのリアル版(3Dレーシング)という
 感じでした。
 しかし、それまでのレースゲームは、1人の孤独な戦いでしたが、
 ファイナルラップは 最大8人同時対戦!が売りで、友達、もしくは、
 ゲーセンにいる知らない人との対戦に 興じました。
 当時は、キャロット(駅前パルコ建設中のところにあったゲーセン)くらいに
 しか 設置されていなく、家から自転車で通いました。
 ある日の帰り道、友達が自転車で転んでしまい、骨折して、
 ゲーセンに行っていたこと が先生にバレ、芋づる式に共犯者が明らかとなり、
 ミンナで反省文を書いたことは、 我が息子には秘密です。

⑤アウトラン(セガ)
 ファイナルラップと同様車のゲームです。フェラーリ(と思われる)赤い
 オープンの スポーツカーで、素晴らしい景色の中を爆走します。
 コースもトーナメント表を逆さまに したように分岐が発生し、色々なコースを
 楽しめました。
 また、筐体も車の形をしていて、ハンドルを切ると同じように動きます。
 特に、この頃のセガはゲームで使用される楽曲がピカイチで、ノリがよく
 非常に耳に残る サウンドでした。
 ゲームバカの私はまたも、アウトランのレコードを買って聞いていたの
 ですが、ふと最近また聞きたくなり、CDでも購入しました。
 ドライブには最適の曲ですヨ!


(私の中での)キリがいいので今回はこのくらいにして、
続きは次回に書きたいと思います。

ではまた。