※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【心に残る愛しきゲーム達(ボンバーマン)】


ノーツ起動画面の男性が、愛川欽也に見えて仕方が無い管理人です。

今回はボンバーマンです。ボンバーマンは皆さんご存知かと思いますが、
ボンバーマンについて書く前に、まずはロードランナーについて書きたい思います。

ロードランナーというゲームは、ロードランナーという主人公が、
悪の巣窟から金塊を盗み出すゲームです。
追いかけてくる敵のロボットを穴に埋めたりして、逃げ回りながら金塊を集め
1面1面をクリアしていく内容です。
根強いファンも多く、より難しくなったチャンピオンシップロードランナー
なども発売されました。
(ダウンタウンの松っちゃんもロードランナーが好きで、アーケード版
ロードランナーのテーブル筐体を持っているらしいです。)

その、主人公を追いかけてくるウザッたい敵が、実は後のボンバーマンなのです!

動機はウロ憶えですが、悪事を働く(ロードランナーのジャマをする等w)のが
イヤになったとかそんな安易な動機で、悪の巣窟から、
爆弾片手に逃げるボンバーマンというゲームが誕生しました。

動機は安易なのですが、ゲームとしての完成度は高く、リモコンや
防火服(だったかな)壁抜けなど最強パワーアップをした時の爆発爽快感は
病み付きです。

そしてステージ数としては、50あるのですが、クリアした瞬間に
今まで悪事を働いてきたボンバーマンが、ナント!ロードランナーに
生まれ変わるのです!!。まさに輪廻、涅槃、ニルヴァーナです。

その時、小学生の私の体に異変が起きました。そうです、泣いてしまいました。
初めてゲームで感動の涙を流してしまったのです。
「ヨカッタナ~、ボンバーマン。生まれ変われて~これから
  真っ当に生きるんだよ。」

と思った途端、何事もなかったように、1面に戻されるボンバーマン・・。
無間地獄だったのネ。リセット♪リセット♪

ということで、初めて泣いてしまったゲームとして、心に残っています。

今でも人気が高いソフトなので、中古屋でも4~5,000円くらいで売られています。
(買取は2,000円くらいでしょうか)
押し入れの奥にまだ残っている方は、売るとちょっとしたお小遣い
になるかもしれません。

ではまた。