page > 065


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集 / 編集履歴 /タグ:
001/ 002/ 003/ 003/コメントログ/ 004/ 005/ 006/ 007/ 008/ 009/ 009/コメントログ/ 010/ 011/ 012/ 013/ 014/ 015/ 016/ 017/ 018/ 019/ 020/ 021/ 022/ 022/コメントログ/ 023/ 024/ 025/ 026/ 027/ 028/ 029/ 030/ 031/ 032/ 032/コメントログ/ 033/ 034/ 035/ 036/ 037/ 038/ 039/ 040/ 041/ 042/ 043/ 044/ 045/ 046/ 047/ 048/ 049/ 050/ 051/ 052/ 053/ 054/ 055/ 056/ 057/ 058/ 059/ 060/ 061/ 062/ 063/ 064/ 065/ 066/ 067/ 068/ 069/ 070/ 071/ 072/ 073/ 074/ 075/ 076/ 077/ 078/ 078/コメントログ/ 079/ 080/ 081/ 082/ 083/ 084/ 085/ 086/ 087/ 088/ 089/ 090/ 091/ 092/ 093/ 094/ 095/ 096/ 097/ 098/ 099/ 100/ 100/コメントログ/ 101/ 101/コメントログ/ 102/ 103/ 104/ 105/ 106/ 107/ 108/ 109/ 110/ 111/ 112/ 113/ 114/ 115/ 116/ 117/ 118/ 119/ 120/ 121/ 122/ 122/コメントログ/ 123/ 123/コメントログ/ 124/ 124/コメントログ

状態:自動翻訳

MAJOR RACES

.主要な種族


Here we survey the inhuman races, looking at their myths, history, magic, outlook and attitude toward adventuring from their own point of view.
.この章では非人間種族を取り扱い、その神話、歴史、魔法、考え方、そして彼ら自身の視点による冒険に対する態度を見ていこう。
Both players and Games Masters alike can use this chapter to help delineate specific Player or Non-Player Characters.
.プレーヤーとゲームマスターの両者がこの章をプレイヤーキャラクターやノンプレイヤーキャラクターの輪郭を描く助けとして使うことができます。

Aldryami (Elfs)

.アルドリアミ(エルフ)

We are the plant people, grown from the seeds of Aldrya.
.私達はアルドリアの種から育つ植物人間です。
Her song runs through us like the sap in our veins.
.彼女の歌は私達の静脈に樹液のようにに浸透します。
We protect the forests and fight the burners, choppers and the bringers of disease, of whom there are all too many in this world.
.私達はこの世界にあまりに多い「燃やす者」「斬る者」「病をもたらす者」達と戦い、森林を保護しています。
Humans call us elfs.
.人間達は私達をエルフと呼びます。

My Myths

.私の神話

Our stories are not told in words.
.私達の物語は言葉では話されません。
We hear them as song, whenever we are in the forest.
.私達は森にいるときはいつでも、「それ」を歌として聞きます。
The God Learners try to fit them into the stories of foreign gods, adding Ernalda and Eurmal and others to them.
.神知者達は「それ」にアーナールダやユールマル、そして他のものを加えて、異邦の神々の物語へとはめ込もうとします。
They cut it up and what they do not care for, they burn.
.彼らはそれを切り刻み、彼らの気に入らないものは燃やしました。
Here is the real song.
.ここには本当の歌があります。

The song starts with Grower.
.歌は「育み手」から始まります。
He made everything green and spread across the entire world.
.彼はすべてを緑で創り、それらは世界中に広がりました。

To abet his fecundity, Grower grew allies.
彼の多産性をけしかけるために、育み手は同盟国を増やしました。
There was Eron, the waters we drank from, Gata, the earth we rooted in, and Halamalao, the sun who shone into our leaves, giving life.
エローン、我々が飲んだ水域、 Gata 、我々がかき回した地球とハーラマラオ、生活を与えて、我々の葉の中に輝いた太陽。

With conditions so prepared, Grower himself grew into a new being, first as a seed, then as a tree.
状態がそれほど準備されているという状態で、育み手自身はそれから木として新しい生きもの、種としての最初、に成長しました。
This was Falamal, the great tree at the centre of everything.
これはファラマル、すべての中心においての大きい木でした。
From Falamal sprouted Aldrya, our greatest mother, and Seyotel, the song that forms our spirits.
ファラマルからアルドリア、我々の最も偉大な母親と Seyotel 、我々の精霊を形成する歌が芽を出しました。

You’d think this was the ideal time for us, and in a way it was, but there was no balance.
あなたはこれが我々の理想的なタイムであったと思うでしょう、そして方法でそれはそうでした、しかしバランスがありませんでした。
Grower’s roots dug deep into the world and threatened to break it apart, as there was nothing to stop his expansion.
育み手のルーツは世界の中に深く穴を掘って、そして、彼の拡大を止める何もなかった(とき・から・につれて・ように)、それをこなごなに壊すおそれがありました。

So naturally the Taker, Bebester, came into the world to counter these faults.
それで当然奪い手、ベーベスター、はこれらの欠陥に対処するために世界に入って来ました。
All green things became brown.
すべての緑のことは茶色になりました。
Water dried up, stone crumbled and the air whipped around so fast it caught fire, burning the papery-dry trees.
水が干上がらせられるという状態で、石がぼろぼろに崩れました、そして空気は非常に速く突き進んだので、それは、薄い - ドライな木を燃やして、火がつきました。
Nearly everything was destroyed.
ほとんどすべてが破壊されました。
This was no balance.
これはバランスではありませんでした。

Grower could not stand it and defied Taker by sending out more shoots.
育み手はそれを我慢することができませんでした、そして、もっと多くの撮影を送ることによって、奪い手に反抗しました。
These were the defenders, Bergara and Vronkal.
これらは擁護者、 Bergara であったそしてヴロンカル。
She was angry and he was swift.
彼女は腹を立てていました、そして彼は速かったです。
They fought back against Taker, forcing Bebester into balance with Grower.
(彼・それ)らは、育み手と共にベーベスターを強制的にバランスに追い込んで、奪い手に対して反撃しました。
By way of submission, Taker spawned Trigora.
服従を通して、奪い手は Trigora を生みました。
She became the dark place beneath the earth where the dead go.
彼女は死者が行く地球の下の暗い場所になりました。
At this time, most of us were already inside her.
今、我々の大部分がすでに彼女の中にいました。

Grower responded by making Bengara’s sister, Veratha, who was the utter purity of fresh growth.
育み手は、 Bengara の姉妹、新鮮な成長のまったくの純粋であった Veratha を作ることによって、返答しました。
She kissed the aldryami inside Trigora, including Aldrya herself.
彼女は、アルドリア自身を含めて、 Trigora の中にアルドリアミにキスしました。
We formed new seeds, germinated and our sprouts appeared above the ground, to be warmed again by a returned Halamalao.
我々は発芽させられた新しい種を形成しました、そして我々の芽は地上に、戻って来たハーラマラオによって再び暖められるように思われました。

Our armies overran the creatures of Taker, who were doomed by their intrinsic paradox: they were created by a destroyer.
我々の軍隊は(彼・それ)らの本質的なパラドックスによって運命づけられた奪い手の創造を超過しました:(彼・それ)らは駆逐艦によって作られました。

In Dragon Pass, we participated in the I Fought We Won battle, led by the hero Fwalfa Oakheart.
ドラゴン・パスで、我々は、英雄 Fwalfa Oakheart によってリードされて、我が戦い我らが勝ったの戦いに参加しました。
Our usual enemies were our allies.
我々のいつもの敵は我々の同盟国でした。
The harmony gave us joy and we prayed that it would last.
調和は我々に喜びを与えました、そして我々はそれが続くであろうことを祈りました。

One part of us that could never be regrown entirely was Gata.
決して完全に再生されることができなかった我々の1つの部分が Gata でした。
She had been broken up into many local goddesses, one for each land.
彼女は(すでに)多くの地元の女神、それぞれの土地のための(の・もの・人)の中に分断させられていました。
They were rich and fruitful but were only a reflection of what Gata had been.
(彼・それ)らは豊かで、そして実り多かったですが、ただ Gata が(それまで)何であったかの反映に過ぎませんでした。

This is not the real story at all.
これはまったく本当の物語ではありません。
Aldrya is better understood as a pagan god than as some vague and slippery half-spirit entity.
アルドリアはいずれかのはっきりしない、そして滑りやすい半分 - 精霊エンティティーとしてより異教徒の神としてもっと良く理解される。
Flamal and Ernalda gave birth to Aldrya.
フラマルとアーナールダはアルドリアを産み出しました。
The trickster discovered
いたずら者が見いだされます
Death and gave it to the elfs, who used it to kill dwarfs.
死とそれをこびとを殺すために使ったエルフにそれを与えました.
Then the troll death god, Zorak Zoran, took it and used it to slay Flamal.
それからトロウルの死亡神、ゾラーク・ゾラーン、はそれをとって、そしてそれをフラマルを殺すために使いました。
A modified
Aが修正されます
Lightbringer’s Quest brings him back.
光持ち帰りし者の探索は彼を連れて帰ります。

─ Spolorfal the Arranger, Dean of Pythos University
─スポローファル、編曲者、 Pythos のディーン大学


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る