※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書き抜きましょう。


他の人が既にやっているのに俺がやる必要は有るのかどうか?自分のためのまとめ。人の言っている事を理解するだけでも精一杯な俺だから。

ハイナーミュラーは面白すぎるけれども、敷居が高すぎるので、ハムレットで。アルハムレットサミットでもよいかも。


帝国と戦争

<ポストモダニズムは抵抗の事を忘却してしまいました~~もろもろの主体の俳優と観客系譜や単独的存在と抵抗の代替的な生産の分析と発展に基づいて、もうひとつの世界を樹立することが可能だという風には主張してこなかったのです。~~ハイナーミュラーは、内在性のこの領域、真の内在性の領域においてこそ活動するよう、私達を促しています。それといいますのも、彼はわたしたちのこのような動きを先取りしていました>


観客と俳優。

<演劇とは内在性の実践法なのです。内在性の実践法とは一体何なのでしょうか。簡単に言えば、この世界は外部をもたず、世界の構築と世界の必然性はすべてわたしたちの経験の内に有る、とする思想と確信のことです>

<この演劇という表現上の世俗的経験こそは、今日、富を生産するあらゆる労働のモデルとなっているからです。俳優は、上演しながら観客になるのです。そして、観客であるマルチチュードは自分が俳優達のネットワークとなっていることを見出すのです。単独的存在と際が同一の覆いの元で共同的なものと戯れているのです>

<演劇は下から生まれる民主主義をわたしたちに教えることができるのです。民主主義においてと同様、観客は一人の政治的主体なのです>