箱庭外交戦略 国際社会で嫌悪される言動と発言

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下の言動や発言方法は過去に国際社会にて大変嫌悪されているものである。

嫌悪されている言動と発言方法

・語尾に「ニダ」をつける(一応認められている)
例)我が国は○○○国に宣戦布告するニダ。

・カタカナでの発言
例)我帝國ハ○○○國之発言ヲ認メズ、宣戦布告スル。

・語尾に、何かつける(ニダなど)
・文章に顔文字をつける「<`∀´>」や「(・∀・)」等。
・ニヤニヤなど、挑発的発言は確執を生む。
上記三つを組み合わせると決定的な挑発文となる。

実例)計画通りニダ。皆何も分かってないニダ。(・∀・) ニヤニヤ

これは、過去における北朝鮮の発言で結果、滅びることになった。

慣習を無視した発言

例)×××国:○○○国に宣戦布告する。(簡略化するために宣戦布告理由は省いています)
○○○国:理由にある、・・・・・の部分は納得がいかない。宣戦布告の撤回を求める。
×××国:受理を確認。攻撃を開始する。
○○○国:受理したわけではない。
この部分は、そもそも、ここに発言した段階で、受理したとみなされるのである。

問題・追加などがあったら編集してください。